FC2ブログ

2018年 山陰の夏旅 Day7 鳥取砂丘とゆあむ@湯村温泉

お昼前から雨の予報に私はカヤックを断念。
たけさんは一人でも漕ぐからと浜坂から漕ぎだして東浜海岸でピックアップ。
その間、浜坂の街中でお洗濯してましたが、その後にいった岩美町とか鳥取市内には最新のコインランドリーがたくさんあったのでそちらで食事とか買い物しながら洗濯すればよかったかなぁ~とちょっと後悔。
雨も降らなかったしね、午前中は。
まぁ、11年前に漕いだ場所だし、このあたりだったら2泊3日でも来られるからまたの機会に♪

10時前にたけさんをピックアップしてまず向かったのが山陰ジオパーク海と大地の自然館
入場無料だけど見ごたえあって楽しめましたよ。
山陰ジオパークのマップも各種揃ってました。

ずーっと海だったので山間地に向かおう、ってことでなんとなく道の駅若桜へ。
こちらでのバックカントリーで時々名前を聞く『氷ノ山』も近いので見えたらよいな~ってことで。

途中、ツーリングマップルにたきさん温泉200円、との記載がったので立ち寄ってみると午前中なので貸し切り状態。
湯にはそれほど特徴ないけど比較的新しく、無料マッサージチェアなんかもあったりしてしばし休憩していたら雨が降り出していました。
道の駅若桜では惣菜のランチ。
量り売りなんだけど若干高め。
道の駅だし山間地だしで安くて地物野菜が多いのかと思ったらそれほどでもなく。
また氷ノ山は生憎のお天気で全く拝めず、でした。
まぁ、山間地のドライブを楽しんだ、ってことで(笑)

帰りは高速道路の無料区間を利用して一気に鳥取市に入って少しお買い物したりしてからお天気も良くなってきたので鳥取砂丘へ。
2回目だけど前回は入口付近をうろついただけ。
しかもジオパークになる前の平日で人もまばらでさみしいイメージだったけど今は建物も新しくなりお盆休みで人も多くてなかなかに楽しめました。

180816-46.jpg
高台の駐車場に車をとめて(無料です)リフトに乗って砂丘まで
短いけどこれがなかなか楽しめました
願わくば、もっと高い位置からのスタートで砂丘も見えたら楽しそう~
 180816-47_20180826224316ed9.jpg
賑わっていましたよ、砂丘
らくだ乗り場があったけどらくだはいませんでした
 180816-52_201808262243176a4.jpg
この坂を登って帰りは一気に下りました
めちゃめちゃ楽しい~
おかわりしたいところだけどなんだか雲行き怪しいので1回で終了~
 180816-59.jpg
リフトで戻ってからはお土産屋さんで梨ソフト

鳥取砂丘を後にして車を走らせていたら急に視界が悪くなり大雨に。
一瞬の通り雨だったけどあのまま砂丘にいたら大変なことになっていたはず~
ぎりぎりセーフでした。

本日はちょっと豪華に温泉宿に宿泊です。
浜坂から10分ほどの山間地の湯村温泉。
1000年以上の歴史を持つ温泉だそうです。
 IMG_20180817_061209.jpg 宿泊したのはこちらのゆあむさん

180816-69.jpg
外観と国道からの玄関はイマイチでしたが、正面玄関と内部は改装されていてきれいでした
お部屋も広くて川と山が見えて快適
もちろん温泉も快適で4回も入浴しちゃいました
大浴場を出ると4種類の冷たいお茶が置かれていたし、ウェルカムドリンクの紅茶もとてもおいしかった

温泉入って一休みしたらお楽しみの夕食です。
 180816-62.jpg
今晩の献立

飲んじゃうと食べられないのでアルコールは無しで。

 180816-60.jpg
どれもおいしい

180816-63.jpg
海が近いのでお刺身もおいしい

180816-64.jpg
牛肉とトマトって、、、と思ったけどさっぱりしていたおいしかった

180816-65.jpg
宝楽はのどぐろ、もさ海老ともりだくさん

180816-66.jpg
揚げ物はあっさりと頂けるものなので残すことなく完食でした

180816-67.jpg
お米は食べられない、と思ったけど新生姜のご飯でさっぱりしていたのでやっぱり完食(笑)

180816-68.jpg
最後のデザート

もうお腹いっぱ~い!でした。

寝る前にもう一度温泉入ってからふかふかのベッドで就寝zzz

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Tory3

静岡県浜松市出身。
2015年、静岡県裾野市から愛知県岡崎市にお引っ越し。
これを機会にブログもリニューアル。
グルメ、カヤック、バックカントリースキーなどの至極個人的な日記です。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -