FC2ブログ

2018年 山陰の夏旅

2018年の夏は山陰へ。
山口県、島根県、鳥取県、兵庫県とシーカヤック積んで旅してきました。

Day1 8月10日(金)移動+角島漕ぎ(1)
4時間ほど寝て深夜1時に岡崎出発。
今年は9日(木)・10日(金)が高速道路の休日割引となり翌日からの土日は普通料金。
でもこの告知が遅くて(一般企業は前年度には夏休み決めてるからね)あまり対応出来ていない感じでした。
おかげで道路は空いていて(深夜だし)4時過ぎには神戸超えてました。
私は大阪・神戸間は熟睡していたのでここで運転を変わって代わりにたけさんが2時間ほど熟睡。
山陽自動車道の下松SA(山口県)のベーカリーで朝食を食べて美祢ICを降りて日本海へ。
美祢のイオンで買出しして角島到着は11時頃でした。

180810-06.jpg

相変わらずきれいな海に囲まれた角島。
時計回りにぐるりと一周。
北東からの風と返し波と潮流で最後の1/3ほどは苦難の漕ぎでしたが、海のきれいさに大満足。

この日は長距離運転で疲れているだろうということで温泉に宿泊。
海からは少し離れているけど千年以上の歴史を持つという俵山温泉の『保養旅館京屋』さんで長旅の疲れをいやして元気復活!でした。

Day2 8月11日(土) 向津具半島漕ぎ(2)
お宿でのんびりしたから向津具半島へ移動。
二位ノ浜海水浴場から出艇したけど波高く、そして体調悪くてギブアップ。
たけさんのみ+α漕ぎしてもらいましたが、出艇早々にイルカに遭遇出来たのでそれだけで満足かな。

004.jpg目の前でイルカの子供たちが遊んでましたよ!
そして一度はカヤックの下を通過。
水がきれいなのでずーっと見えてました。

翌日の青海島漕ぎに備えて新しく出来た『道の駅仙崎』で車中泊。

Day3 8月12日(日) 青海島漕ぎ(3) 
青海島の東のはずれ、通漁港近くから出艇して反時計回りに島を一周。
DSCN5145.jpg
東側は大きなうねり、北側は楽しい景色に楽しい漕ぎ、西側は強風との戦い、南側は暑さとの戦い、とたいくつすることなく青海島一周♪

IMG_20180812_174028.jpg

折角の仙崎なのでおいしいイカを頂いて東に移動。
この日は道の駅サンピア江津にて車中泊。  

Day4 8月13日(月) 温泉津海岸漕ぎ(4)と温泉津温泉と出雲の居酒屋
たけさんの友達に教えてもらった温泉津でカヤックと温泉を楽しんだこの日。

180813-275.jpg
電車回送のワンウェイ漕ぎ
10KMほどなので午前中でさくっと漕いで温泉入って午後は石見銀山見学、と思っていたら想像以上に楽しいエリアで上陸したのは午後1時過ぎでした(笑)

DJI_0325.jpg 
 180813-292.jpg
海がよければ温泉も良い~♪

大満足で出雲へ移動。
この日は出雲のビジネスホテル宿泊。
夜は近くの居酒屋で旅半ばのお疲れ様会となりました(笑)

Day5 8月14日(火) 日御碕漕ぎ (5)
念願の日御碕漕ぎ。

180814-025.jpg
灯台の南側は1KMほどの区間に見どころ満載でなかなか進まず
灯台から東へは波に乗って一気に移動してから海岸べたをのんびりと
こちらも見どころ満載な区間で本日も大満足♪

この日は宍道湖の北『道の駅秋鹿なぎさ公園』で車中泊。

Day6 8月15日(水) 多古の七つ穴漕ぎ(6)と鳥取越えて一気に兵庫県へ

11年ぶりの多古の七つ穴。
180815-035_20180821165842269.jpg
11年前は風も波もあって近くの漁港からのショートツーリング
今回は海況はそこそこ良いけど午後からは風が出てきそうなので当初予定していたよりも距離を短めに。
曇天でしたがこの日もシュノーケリング出来たし上陸するまで風もなくなかなか楽しく多古の七つ穴を満喫。
境港で遅めの昼食で海鮮丼食べてから温泉でのんびりして暗くなってから一気に兵庫県の浜坂へ。
いつもこのパターンで(笑)鳥取砂丘は夜間移動~
明日に備えて浜坂の道の駅で車中泊。
こちらは昨年オープンしたばかりでとてもきれいな道の駅でした。

Day 7 8月16日(木) たけさん浜坂漕ぎ、ドライブ&温泉三昧
この日からお天気は下り坂。
10時頃からは雨予報だったので私は漕ぎは断念。
(女性は着替えが面倒なんだよね~)
たけさんのみ浜坂から浦富のワンウェイ漕ぎ。
雨は降らずで漕げばよかったかな?
たけさんピックアップ後は温泉入ったりドライブしたり。

そして漸く念願の鳥取砂丘へ。
20年くらい前に電車旅で来た時は平日で閑散としていて砂丘眺めて終了~でした。
夏休みだけあって、そしてジオパークとなって施設もきれいになって賑わってました。

180816-47.jpg 180816-52.jpg
こちらの下りはかなり楽しい!
何度か挑戦したかったけどお天気怪しいので早々に撤退。
車に戻って移動始めるといきなり暗くなり雨が降ってきました!!ぎりぎりセーフ。
 
そしてこの日は最後の宿泊、湯村温泉『ゆあむ』で贅沢に温泉三昧♨

180816-61.jpg 180817-12.jpg
生卵を頂いて源泉で10分、おいしい温泉卵を頂きました♪

Day8 8月17日(金) ドライブ&観光三昧
この日は海は危険状態なのでおとなしく山間地でドライブ&観光。
おもしろ昆虫化石館(100円)→岩原どうふ→但馬大仏→氷ノ山遠望ドライブ→猿尾の滝→村岡ファームガーデンで但馬牛のランチ→植村直巳冒険館→玄武洞→城崎温泉経由で海岸沿いドライブ→鳥取のイオンで作戦会議→大山移動

180817-27.jpg
国道外れてドライブしたら偶然見かけたお豆腐屋さん
お豆腐苦手な私もかなりおいしく頂けました♪
 180817-35.jpg
但馬大仏も見学
 180817-54.jpg
但馬牛のランチ
 180817-66.jpg
植村直巳冒険館
やっぱり凄い人でした!
 180817-67.jpg 180817-76.jpg
高校の修学旅行以来の玄武洞
あの頃は対岸から船で渡ったような・・・
 180817-93.jpg
城崎温泉の混雑抜けて海に出たらかなりの大荒れ・・・
明日は漕げる、って思っていたけどこの荒れ模様では波は残りそう
このまま帰宅、と思って東に走りだしたけど急に思い立って西に戻って大山登山することになりました。
ってことで登山マップやら登山に必要な用品を鳥取のイオンで購入。
迷走な一日で大山の麓、下山登山口の駐車場にて車中泊。
この日は長袖に長ズボン、そして寝袋(夏期用)必須なほど寒かった(標高も少し高いしね)。

Day9 8月18日(土) 大山登山
5時に起きて6時から下山駐車場から登山開始。
ルートは夏山登山道で登って弥山(みせん)へ。
(大山で一番標高の高い剣ヶ峰へは現在は行くことは出来ませんので弥山が山頂となります)
下山は途中からは行者登山道にて。
さくさくっと歩いて7時40分に山頂。
コースタイムでは3時間くらい掛る予定だったけど、1合10分てなペースでした。
信仰の山なのでそういった人達用のコースタイムなのかしら??
帰りはトレランチックに少し走ったりして1時間ほどで駐車場へ。180818-35.jpg 180818-86.jpg
なかなか楽しい山でした♪

帰りは中山温泉でまったりして琴浦で牛骨ラーメン食べてから再び浜坂へ。
2度目の浜坂の道の駅での車中泊となりました。

Day10 8月19日(日)浜坂~餘部(7)~香住漕ぎと移動

今日も午後は風が吹きそうなので7時に浜坂からさくっと漕ぎだす。
予想以上にうねりが残っていて最初からなんだか胸がむかむか~
途中で回復したものの、餘部手前の岬越えで完全にノックアウト。
久しぶりの船酔い。。。
後ろ振り返ると更に酔うので前だけを見て餘部の海岸目指してまっしぐら!
餘部も若干うねりでいつもの浜は上陸出来なかったので隣の小さな漁港に上陸させて頂きました。

180819-032.jpg
ざっぱんざっぱん、洞窟、洞門には近づけず
時々穏やかになる箇所もあったけど。。。
 180819-071.jpg
倒れこむ私・・・
たけさんにはこの先の香住まで行ってもらいました。

少し休憩してのんびりと片付けしてから餘部の駅へ。
流石の観光地だけあって賑わってました。
ホームにもすごい人!なんだけど電車乗ったのは私含めて数名でした。
 180819-126.jpg

浜坂で車ピックアップして香住でたけさんとカヤックを積んで再び餘部へ。
私のカヤックも積んでから浜坂でランチ。
 180819-138.jpg
2000円の豪華ランチ!

この後、再び鳥取県に入って岩井温泉でさっぱりして再び兵庫へ。
村岡ファームガーデンで但馬牛のカルビ肉を購入したのは17時。
道路は空いていて舞鶴通過は18時半で一宮の渋滞回避で小浜で高速降りたのは19時。
途中で夕食食べて、関ヶ原から再び高速乗った頃には一宮の渋滞も終わっていたので23時前には岡崎帰着。
渋滞無くて高速走行だったら21時半くらいには到着してたかな??
渋滞なければ浜坂まで5時間ほど。
リベンジ但馬御火浦!です。



 


 






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Tory3

静岡県浜松市出身。
2015年、静岡県裾野市から愛知県岡崎市にお引っ越し。
これを機会にブログもリニューアル。
グルメ、カヤック、バックカントリースキーなどの至極個人的な日記です。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -