2017-07-30(Sun)

紀伊長島の海をご案内?!

H女史の依頼により紀伊長島の海をご案内。
カヌー雑誌の記事になるんですって!
こちらに引っ越してきて2年半、そんなに詳しくないんだけど。。。
でも日帰り圏内なのでこちらに来て一番漕ぎに行っているエリアです。
独身の頃は三重といっても贄湾あたりしかいったことなかったけど、こちらのほうが断然楽しい。

紀伊長島駅前の万両寿司さんでさんま寿司とかき寿司購入してから待ち合わせ場所の浜へ。

170729-28.jpg

台風五号の影響で波高し・・・
他に良い場所ないかな~と探したけどイマイチ。
でも午前中は雨は降りそうにも無くなんとなく明るいので写真だけでも、ってことで小山浦へ。
出艇準備して海へ!と思ったら波が高くなりNG。

H女史とカヌー雑誌社のHさんとカメラマンMさんが前夜キャンプした古里海岸は穏やかで出艇しやすそう、ってことでそちらに移動。

海水浴シーズンなので出艇大丈夫かな?と思ったけど、海水浴客も少ないからかな?快くOKして頂きました(海水浴場の施設の方に確認)。

170729-15.jpg
赤野島
穏やかな海でした

穏やかなので天満洞行っちゃう!と南下することに。
そしたら!持ってるH女史のおかげで野生のイルカに遭遇♪
野生のイルカがいるらしい、とのうわさはあったけどまさかほんとにいるなんて~ 170729-20.jpg
拡大図なので画像あらくてスイマセン~
この後このイルカは進路は180度転換して我々の後方へ
子イルカ数匹が軽快にジャンプを見せてくれました
 170729-22.jpg
イルカ遭遇後、鈴島あたりの海はこんな感じに
どんぶらこどんぶらこでカヌー雑誌社の方は漕ぐのが大変そう。。。
(インフレータブルなうえに喫水高くて波に翻弄されておりました)
天満堂まではまだ1時間以上掛るし、お昼過ぎてお腹すいたので 天満洞は明日に持ち越してお昼休憩の為に鈴島へ

170729-27.jpg
鈴島手前、見事な波が立っていてサーファーがたむろっておりました
波がたっているということは上陸はそこそこ大変で。。。

1時間ほどゆっくりしてから出艇した古里海水浴場へ。
海水浴場エリアの外で少しだけ海遊びしてから16時に終了となりました。
台風の影響で海には出られないかも?!なんて思っていただけに漕いだ距離はわずかだったけど楽しかったし野生のイルカとの遭遇は感動でした♪

この日は初めての古里温泉宿泊。
  170729-41.jpg
民宿さざなみさん
建物は少し古いけど中はとてもきれいだし従業員のおばさまたちはおちゃめ
お風呂が温泉じゃないのだけがザンネンでした~!

この日は近くで花火大会(小規模だと宿のおばさまたちは言ってましたが)あったけど夕飯食べていたら雨が降り出したのでそのまま宿でのんびりすごして22時には就寝zzz



170729-42.jpg
紀伊の松島の案内図

日曜日は朝から降り出しそうだったけど、海は土曜日よりは穏やかってことなので(朝一で波乗りに言ったたけさん談)昨日出艇を予定していた船越海岸へ。
公衆トイレとシャワーがあって海へのアクセスは容易ですが、まだ少しだけ波があったので出艇と上陸が難しかった。
でも天満洞までは直線で2kmほどなのですよね。
(ずーっとてんまんどうだと思っていたらてんまどうでした!)
10年くらい前に初めて天満洞に行った時はもっと近い和具の浜海水浴場から出艇しているようでした。
そしてマンボウに遭遇したのもここでした。

170730-05.jpg
穏やかな海だったのでのんびりとおしゃべりしながら漕いでいたらあっという間に天満洞
 170730-06.jpg
時々大きな波がざぶーん、と

まずはたけさんが偵察で往復。
その後にH女史、続いて私、、、なんだけどタイミングが悪くて洞門内で左の壁に激突しそうになってヒヤヒヤでした。
ラダ―だしていれば問題無く通過出来たんだけど、前日の上陸時に油断していたらカヤックが真横になってしまってラダ―を上げ下げするロープが制御不能になってしまったのでした(涙)
最近は殆どラダ―無しで漕いでいるけどこんな時は必須なアイテムなのです、やっぱり。
 170730-10.jpg
反対側は穏やかでした
そして角度によってはハート型♪
たけさんとH女史なんだけど仲良く手を繋いでいるみたい(笑)
 170730-12.jpg
もう一度洞門通過する気にはなれず大回りして戻ることにしたのは良いんだけど『結構大きなうねりはいってるな~』と波を見ながら漕いでいたらすっかり酔ってしまったようで。
(そもそも、ラダ―の調子が悪くて何度も後ろを見たりしていたのも酔いの原因なのですが)
そしてこんな日に限って毎回飲んでいる酔い止めも飲み忘れ。。。
酔い止め、ただの気休めに飲んでいたんだけど、実はきいていたのかも?!

もう必死で船越海岸目指して漕ぎましたよ~
久しぶりの船酔い、、、やっぱり辛い(涙)
でも上陸直後にウミガメらしき残像を見ました。
あの波形はウミガメに違いない、と思ってます。

上陸後は銚子川で塩抜きカヤック。
 170730-16.jpg
そこそこ水量もあって冷たくて気持ちよくて1時間ほど遊んでしまった
身も心も?カヤックもきれいになって上陸したらもう1時近かったのでお腹ぺこぺこ

今年3回目の『海鮮や』さんで海鮮丼。
最近のお気に入りの海鮮丼なのです。

取材の〆で熊野古道も少しだけ(ほぼ撮影だけ)。
 170730-31.jpg
国道沿いの駐車場に車をとめたら直ぐに石畳
そして雨にぬれてしっとりした木々が雰囲気良かったです

もう少し涼しくなったら馬越峠まで行ってみます♪

いちお、ここで取材は終了~
取材ってことだったけど我が家は十二分に楽しませていただきました。
雑誌は秋に販売のようで楽しみです。

この日は鈴鹿八耐レースなのでなるべく早く鈴鹿を通過しようってことで頑張って運転して、いつも通りの亀山渋滞にはひっかかりながらもなんとか18時には四日市。
19時には岡崎到着となりました。

お隣の豊田市のおいでん祭の花火大会があるってことだったのでどこかで見られないかな?と探し回ったら水源公園近くの橋から少しだけ見えてました。
 IMG_20170730_195456.jpg
気田川の花火と違って鮮やかで形もいろいろで大きかったよ(笑)

10分ほど観賞してから帰宅しました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR