くじらカヤック@南紀

シーカヤック
05 /14 2017
本日はくじらカヤック。

お天気も海況も良さそうです。
本日の南紀マリンレジャーサービスさんのくじらウォッチング船はカヤッカー貸し切り1艇と観光船1艇の2艇。
ほぼ同時刻の6時30分頃、宇久井から出発。

湾内は穏やかだったけど湾外に出たら意外とうねり大きい(涙)
3年前の辛い過去がよみがえる。。。 →
なんで今回も来ちゃったんだろう、と後悔してみたり。

でもそれもじくらやイルカが登場するまでのこと(笑)

まっこうくじら、スジイルカ、ハナゴンドウに出会えました。
イルカは70~80くらいの群れでしたが、少し前は1000頭ほどの群れだったようで、壮観だったと船長さんが言っていました。
それも見てみたいけど、そんなにたくさんいたら怖そう~

この日カヤックに乗るのは9名なので順番を決めて交代で。
最初の2グループはまだうねりが残っていたので乗り降りが大変そうだったけど、最終グループの私はほぼ静かな海となっていたので乗り降りも漕ぐのも問題無しでした。
全員2回、カヤックのってくじらカヤック。
そして私、2回とも大接近出来たし1回目のくじらさんはかなり長く遊んでくれたので一番満喫出来ちゃったかも♪



P5140282.jpg
船に積み込んだカヤックは不知火ばかり(私のカヤックも不知火)
同じ不知火でも素材やシートが違うので乗り心地が違っていました

ho1.jpg
こちらが初回に大接近した時のもの
かなり長らく遊んで頂きました♪
 IMG_9393.jpg
すごく近そうだけどそれなりに距離ありますよ
 IMG_9396.jpg

 IMG_9402.jpg
くじら漁しているわけじゃないからね~
でも昔は人力でくじらに近付いて銛で漁していたのですよね
すごいな
  IMG_9408.jpg
ああ、潜ってしまう~

2回目の時はトップで漕ぎだしたOg3が近付き過ぎてくじらが急旋回。
私の真正面に浮上しそうだったのでバックしたその瞬間、私がいた場所に浮上してきました。
くじらはおりこうさんなのでカヤックよけるのはわかっていたけど、進路邪魔してどこかにいってしまうと困るので。
そのくじらはちょっと怒っていたのか?驚いていたのか?少し乱暴に泳ぎだしてから海の中に潜っていってしまいました。
ごめんね。
 P5140267.jpg
いるかの群れ
いなくなった、と思うと船の回りで波と遊び始めたり
かなり長い時間楽しませてくれました

午後になり母子のくじらにも会ったりしたけど浮上している時間がどんどん短くなってきたしカヤックも2順したし、関東に帰る人もいるので帰港。

15時頃に戻ると港ではお魚が準備されていて、もう一人の船長さんやスタッフの方が捌いたり焼いたりしてくれていました。
 DSCN3999.jpg
ぶり、あじ、いかのおさしみ
どれもこれもおいし~
お酒飲みたいけどここで飲んだら帰れない、移動出来ない(笑)
 DSCN3998.jpg
焼き魚はやっぱりおいしいね
 DSCN4000.jpg
つぶ貝の煮物
白米食べたい~ってお味でした

さざえの壺焼きなども頂き、お腹一杯。
でも今日は帰らなくちゃいけないのでほどほどのところで片付けて帰路に。
その前に少しUターンして ゆりのやま温泉 に。
ここは南紀来るたびに入っているお気に入りに温泉です♨

17時過ぎに那智勝浦を出てOg3とひくんと大府で博多ラーメン食べてJRの駅にお送りして22時に岡崎に到着。
今日は渋滞もなかったので早く帰宅出来ました。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

宇久井だった

最初は「宇久須」に見えて、伊豆半島から紀伊半島まで行ったのかと驚きましたが、よく見ると、須でなく井でした^_^;。
地図を見ると、那智の滝に近いですね。那智の滝は2回行きましたが、前の記事にあるような水量は無かったです。

No title

なんだか似たような地名や食文化が多いような気がします、半島って。
那智の滝、ほんとにびっくりするくらいの水量でした。
前回も同じような季節に行ったのですが。

Tory3

2015年、静岡県裾野市から愛知県岡崎市にお引っ越し。
これを機会にブログもリニューアル。
グルメ、カヤック、バックカントリースキーなどの至極個人的な日記です。