白鳥山@新潟でBC

バックカントリースキー
03 /25 2015
新潟2日目は白鳥山。
5時に目覚めると暖かい雨だったけど準備していると雨は止み、登山口の上路(あげろ)に到着する頃には青空の予感。

3.jpg
6時50分、標高224Mの神社で無事の下山を祈願してスタート。

8.jpg
最初から結構な急斜面。
登るにつれて太陽が出てくる。

11.jpg
881Mまでは急斜面が続く上に凍った斜面に雪が積もっているので苦戦な登りが続きます。

20.jpg
急斜面が終わると稜線歩き。
左は雪庇になっているのでちょっとどきどき。

22.jpg
振りかえると日本海。

このあたりで寝不足もあってか頭がふらふらしてしまってしばし休憩。
皆さんに迷惑をかけてしまった~。

そしてこの後は急斜面じゃないけど凍った斜面にうっすらと積雪でやっぱり苦労しながら山頂へ。

36.jpg
11時50分、1287Mの白鳥山の山頂到着。
こちらの小屋は冬季も解放されているそうです。
40分程休憩して南斜面を滑走!

47.jpg
気持ちの良い斜面が暫く続き、3月下旬だというのにザラメじゃなくて厳冬期のような雪。
めちゃめちゃ気持ち良い♪

51.jpg
気持ちの良い斜面の後はアドベンチャーなのです。
沢は既に春の気配でこんな穴が空いていたり、昨日の雪で雪崩た箇所もあったりして。
ただ、北斜面なのと積もった雪がわずかなので巻き込まれるほどではないのですが、それでも一人一人慎重に通過。

50.jpg
本日二度目のカモシカ。

この後少しだけ登り返したのだけど動物の足跡がたくさん。
動物の足跡をたどっていくとなかなか良いルートで登ることが出来ました。

58.jpg
最後は落とし穴的な場所もあって慎重に。

59.jpg
リーダーの的確なルートどりのおかげで無事林道到着!

61.jpg
漸く4人で記念撮影。

暫く林道を歩いたりショートカットしながらも15時20分、無事に車に到着。

初めての白鳥山は3月とは思えない雪と後半のアドベンチャーチックな下山、思いで深いツアーとなりました。

下界に戻って国道8号沿いにあるたから温泉でさっぱりして、温泉の向かいにある栄食堂でたら汁。
after1.jpg
中央のお鍋が4人前のたら汁。
食べきれないくらいたくさん!
でもたら汁だけでは物足りないのでアジフライやカキフライ、卵焼きなどのサイドメニューもオーダー。
かなり満足。

道の駅・市振の関に戻ってここで解散。
帰りは東海北陸道経由で。

登っている途中の眩暈の原因は睡眠不足なので北陸道に入ってからPAで仮眠すること1時間半。
その後、東海北陸道に入ってもまだ寝不足感が残っていたので再び仮眠すること1時間半。
流石に3時間も眠ったらすっきりしました。

途中、前日までの雪が道路脇に残っていたけど車道はドライだったので問題無く南下して午前2時に無事帰着。

今回も濃ゆい2日間でした。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Tory3

静岡県浜松市出身。
2015年、静岡県裾野市から愛知県岡崎市にお引っ越し。
これを機会にブログもリニューアル。
グルメ、カヤック、バックカントリースキーなどの至極個人的な日記です。