2017年GW、バックカントリースキー旅 Day4 三岩岳BC

バックカントリースキー
05 /02 2017
本日はお初となる三岩岳へ。
標高差は1200Mくらいです。

この季節にスキーで入る人は少ないようで記録は少なめ。
そして最初は雪がないうえに急斜面で大変!みたいな記載が多いのでちょっと躊躇していたけど、燧ヶ岳への登山口には今日の午後2時以降じゃないと入れないから仕方がない!てな消極的な気分でした。
そして雪が出てくるまでずーっとこんな感じ。
でも行ってみたらGW、いや今季一番だったかも!

前日はお宿泊。
そしておいしい夕食だったので朝食もおいしいに違いない!ということでしっかり頂いての出発。
山に登る宿泊者が多いのか、早めの朝食でも大丈夫とのことだったので6時30分でお願いしました。
予想通りのおいしい朝食を頂いて7時少し過ぎに宿を出発。
あ、もちろん朝風呂も頂きました♨

30日(日)は休日で天気もよかったので車が8台くらいとまってましたが、今日は平日、我らで4台目でした。
駐車場ではなくて小豆スノーシェッドの先(桧枝岐からみて)の路肩で10台くらいは停められそうです。
もちろん登山ポストはありませんし、トイレもありません。
車で5分くらい桧枝岐側にトイレがあります。

登山道探したけどみあたらずで登りやすそうな場所をブーツで登り始めるも直ぐに藪漕ぎに。
何度も『やめたい』と呟きながら(笑)
50分ほどで漸く登山道。
帰りは登山道で戻りましたが、それでも登山道入り口はわかりにくく(赤でマーキングしてあったけど、これ?!って感じです。)。

更にブーツで急斜な登山道を50分程歩いて漸く雪上!
この先は急斜面も危ない箇所もなくなんとも登りやすく、山頂方面もばっちり見えていて楽しくハイクアップ。

170502-013.jpg
ここはデジカメ構える余裕があった最初の斜面
ここに至るまでは這いつくばって登りましたよ~ 
170502-037.jpg
快晴なので山頂方面がずーっと見えていた
最初は遠い、って思ったけどそれほどでもなく
 170502-092.jpg
山頂には先行する山スキーヤー3名と縦走してきた男性2名
先日の会津駒に比べてとても静かな山頂でした
暖かいので1時間弱滞在

170502-123.jpg
楽しい♪
  170502-145.jpg
すてきな雪でした

ツアーの様子はYAMAPで → 

この日もさくさくっと下山出来てしまったので(帰りはきちんとした登山道で下れたので)、当初の予定通りに木賊温泉へ。

至仏山の帰りに友達に『木賊温泉なんてなかなか行けないから今回絶対に行く』なんて話したけど、徐々に記憶がよみがえり、、、
12年前の今頃、木賊温泉の広瀬の湯に入ってました。

 170502-172.jpg 170502-174.jpg
こちらが男女別の広瀬の湯
300円です
単純硫黄泉のやさしい湯
平日の夕方ってこともあってか地元の方々が数名入っていただけでした
 170502-182.jpg
こちらはたけさんが入った岩風呂
混浴です
入るだけなら行きたいけど、この日は髪も体も洗いたかったので断念
 170502-183.jpg
湯は足元から沸いているとか
うらやまし~

今日も車中泊はきらら289。
 170502-197.jpg
やっぱり温泉には入らずに食堂のみの利用でてんぷら蕎麦を頂きました
蕎麦もてんぷらもおいしかった

170502-198.jpgたけさんは更に追加でソースかつ丼のハーフ
こちらは半分以上が翌日の朝食となりました(朝食にしたくて頼んだようなものらしい)

飲兵衛ではない我が家はここではアルコールは頂かず(飲んじゃうと食べられないから)。
車に戻ってからビールを頂いて21時過ぎに就寝。
明日こそは燧ヶ岳!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Tory3

静岡県浜松市出身。
2015年、静岡県裾野市から愛知県岡崎市にお引っ越し。
これを機会にブログもリニューアル。
グルメ、カヤック、バックカントリースキーなどの至極個人的な日記です。