2017年GW、バックカントリースキー旅 Day2

バックカントリースキー
04 /30 2017
本日は会津駒ケ岳。
975Mの登山口から2133Mの山頂まで。
標高差は1150M近くあり、樹林帯はなかなかの急斜面で核心部は序盤といっても差し支えないかな。
 DSCN3220.jpg
スキーヤーも多かったけど登山者はもっと多く
百名山だけあって人気の山のようです
靴跡だらけで滑るのに苦労しました

DSCN3249.jpg
登りと下りで板脱いでブーツで
それでも例年よりも多いようです

DSCN3255.jpg
最後の急斜面
上部よりも雪は良くなっていたのですが靴跡が多すぎて難しかった。

樹林帯で時間掛りそうだったので12時30分には山頂をあとにしたのですが、1時間30分ほどで車に戻ってくることが出来たので駐車場でブーツや板、衣類を乾かしてから温泉へ。 

ツアーの様子はYAMAPで → 

日帰り温泉の窓明の湯に行ったら営業していませんでした。
今年の秋に移転開業するみたいです。 → 

DSCN3264.jpg DSCN3265.jpg
15時台という中途半端な時間だから?空いていたのでのんびりできました。
単純泉なのでまり浴感はありませんでしたが。

すっかりお腹が空いてしまったので取り敢えずは夕食!ってことで道の駅『きらら289』の食堂へ。
こちら温泉併設でよさそうでしたが、先ほどもっとよさげな温泉を見つけてしまったので夕食食べてから再び温泉行く予定なので夕食だけ。DSCN3268.jpg
たけさん、なんとまたまたソースかつ丼。
わらじかつどんってことで薄くて大きなかつが2つ。
流石にお腹一杯になったようで半分はお持ち帰りして朝食にしてました。
  IMG_20170430_174016.jpg  私はトマトラーメン
南会津町はトマトの産地らしいので
めちゃめちゃ美味しかった♪

そして食後に向かったのは古町温泉『赤岩荘』

DSCN3272.jpg
  DSCN3273.jpg
内湯と露天があって男性は着替えてからいかなくちゃいけないのでたけさん、その存在に気がつかずで後であわててはいってました(笑)
私は内湯で一緒になった地元の方に教えてもらって露天へ(女性は着替える必要無し。 更衣室から行かれるけど、特に案内があるわけではなく。 教えてもらえてよかった~って感じでした)。

露天は更に赤茶けてました。
2つの浴槽があって1つは適温だったのでゆっくり入浴。
気持ち良かった。

閉店の20時まで広間でゆっくりしてからふたたび きらら289へ。
本日はこちらで車中泊。
ここで温泉入って食堂で夕食食べれば生ビールも飲めたんだけど古町温泉はもっと魅力的で(笑) 

比較的静かで(明日、明後日は平日だからかな?)ゆっくりと眠ることが出来ました。
でも明日の雨予報はかわりそうにもなく。
明日のツアーは早々に諦めて気分はすっかり観光モードです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Tory3

静岡県浜松市出身。
2015年、静岡県裾野市から愛知県岡崎市にお引っ越し。
これを機会にブログもリニューアル。
グルメ、カヤック、バックカントリースキーなどの至極個人的な日記です。