GW、バックカントリースキー@太郎平小屋定着 2日目

バックカントリースキー
05 /04 2016
5時くらいに目覚めるも雨。
再び6時に目覚めても雨。
その後は眠れず雨と風の音を聞きながらうとうとと。
7時を少し回ったあたりから雨の音がとぎれとぎれとなり、7時半頃には完全に風の音だけ。
そのあたりからごそごそと皆さん起き上がり始める。
そして誰かが扉を開けて『晴れてきた』といったあたりから動きが早まりまずは3人組が出発。
そして男性2人組が空荷で北ノ俣岳に出発(彼らは本日下山)。
我らも朝食をパクっと食べて9時くらいに出発。
昨夜はあれほど『立山で温泉!』と盛り上がっていたのにね(笑)


160504-002.jpg
お世話になった北ノ俣避難小屋。
今年は雪が少ないのでお水は豊富。
ちょっと怖いので沸かしてから使用しました。

風はどこに?という感じで穏やかに。
雪も雨の影響は殆どなくて逆に登りやすい。

でもやっぱり北ノ俣分岐までは雪が繋がっていなくて(下から見て左斜面が繋がっているけど結構な急斜面だし滑落したらちょっと危ないので滑走にはOKですが登りにはちょっと使えないかな~)、標高差150Mくらいはスキー担いで雪の無い登山道を。

ここが今回一番キツカッタ(涙)
ザックに板つけて歩きはじめた途端に腿まで雪踏み抜くし(雪は20Mほどの区間)、厳冬期用グローブしていたのに指が痛いほどかじかむし、ザックは重たいし。
無意識に(でもないか)『下山しよう』と口にだしていましたよ。
近くには誰もいなかったから気づかれなかったけどね(笑)

登山道も結構急な斜面で石がごろごろ。
右に落ちたら相当下まで転落しそうだしでちょっとびくびく。
半分くらい登ったら急に風のこない休憩しやすい場所が見つかったのでこちらで5分程休憩したら元気復活。
ここから分岐までは元気に登れました。

分岐に到着したら薬師岳はもちろん槍や奥穂高などの北アルプスの山々がきれいに見えていて感激でした。

まだ時間があるのでここで1本滑走。
我が家は初めてなので取り敢えず北ノ俣岳踏む為に南下して滑走。
師匠Wさんはカメラマンに徹し、KさんとTちゃんは分岐から滑走。

160504-030.jpg
北ノ俣岳に行く途中で雷鳥に遭遇。
2羽もいたよ。
かなり近づいても逃げない。

160504-033.jpg
北ノ俣岳到着(分岐から10分ほど)
このあたりから東に向かって滑るも上部はザラメではなくちょっと中途半端で滑りにくかった~。
標高差で150Mくらい滑走。
最後の最後はザラメになってきていて更に標高落とせば楽しそうだけどまだ小屋まで1時間ほどあるので今日はここまで。

再びシールつけて3人と合流してから太郎平小屋へ。
こちらもザラメにはなりきっていなくて滑りにくかったなぁ~。
太郎山から小屋までの最後の斜面は気持ちの良いザラメ。
本日の〆の1本は気持ち良かった♪

北ノ俣分岐から小屋までは40分ちょっと。
我が家はステップ板なのでシール無しで。
ステップじゃないと太郎山の登りが少し厳しいかな?
160504-046.jpg
分岐から太郎平小屋までは視界が良ければ迷うことはありませんが、ホワイトアウトするとちょっと危険。
方向的にはほぼ北ですが若干じぐざく。
そして雪庇あったりもするので。
この日は視界が良かったので小屋も最初から見えていて(ずーっと見えているわけではないけど)行きやすかったです。


この日の行程はWadachi にて







160504-051.jpg
2日かけて到着した太郎平小屋

まずは宿泊料金9200円/2食付を支払って、スキーやブーツ、ウェアは乾燥室へ。
乾燥室は17時から21時くらいまで暖房ががんがんに掛かっているのであっという間に乾きますよ。

水は凍結していて出ないのでバケツにたまった水をコップですくって手を洗います。
飲み水は2L/900円のペットボトルか100円のお湯で。

この日は関係者らしき団体さんが10数名と我々5人と単独登山者1名と昨夜の避難小屋でテントはっていた男女2名でした。
昨日も宿泊していた方に聞いたら深夜はこちらでも相当な風で建物が揺れたそうです。

160504-054.jpg
夕食は18時から。
大変おいしく頂きました。

160504-055.jpg
夕食食べて外に出たら少しだけ夕陽。
でもイマイチ。
明日に期待です。

DSC00258.jpg
炬燵とテレビがあって炬燵に入ってしまうともう動きたくなくなってしまいます。
消灯の21時までゆっくりしてから消灯と同時に就寝zzz

そうそう、この夜は雪降りまして、消灯前には1cm程積もっておりました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Tory3

静岡県浜松市出身。
2015年、静岡県裾野市から愛知県岡崎市にお引っ越し。
これを機会にブログもリニューアル。
グルメ、カヤック、バックカントリースキーなどの至極個人的な日記です。