GW、バックカントリースキー@太郎平小屋定着 1日目

バックカントリースキー
05 /03 2016
平日組のW師匠が毎年GWに太郎平小屋に行っているというので今年我が家も参加させて頂くことに。
メンバーはW師匠、第一弟子のTちゃん(女性)、W師匠の後輩のKさん、たけさん、Toryの5名のパーティです。

数年前に友人が一人で行ったのだけど、とにかく太郎平までの行程が長くて大変だった~!と言っていたので不安だったけど行って良かった、と言える旅になりました。
薬師岳も黒部五郎岳も行かれなかったので、いつかリベンジ!
でもリベンジは雪の多い年に。

そして人さまにはお勧め致しませんし(アドバイスはします)、人さまもお誘い致しません。
私の実力以上の場所でしたので。

5月2日(月)
夕方岡崎市を出発。

13094109_459596907570386_2620427436022174239_n.jpg

13102825_459596894237054_2970847257371107115_n.jpg

13087780_459596920903718_6287409123893835688_n.jpg
高山市内の山武商店さんで飛騨牛。
こちらはまず最初に塊のお肉を購入。
切ってテーブルに持ってきてくれます。
それを自分でおいしく焼いて頂くシステム。
お野菜は無料です。
がっつり頂いて温泉入って神岡の宙(スカイ)ドームにて車中泊zzz


5月3日(火) Day1

2時30分起床。
皆さんも車中泊していたようで準備して4台、5人で3時出発。
太郎平小屋には北の折立から入るのが一般的ですが、こちらの林道は6月1日まで開かないのでこの時期は南の飛越トンネルから入山となります。
雪の多い年は飛越トンネルの数キロ手前で雪に阻まれるので道路脇に車を止めて雪の車道をスキーで歩くそうで。
だいたい1時間くらい歩いてトンネルみたいです。
が、今年は雪が少ない。
2000Mより上は例年よりも多いそうですがそれ以下は劇的に少ないようでこの日も雪など見ることも無く飛越トンネルの駐車場に到着となりました。
止まっている車は10台ほど。
W師匠によるとかなり少ない台数だそうです。

DSC00116_1.jpg
4時に到着したのでまだ暗い。
ヘッドライト付けて準備。
雪が無いので板はザックに。
ザック、自宅出る時に測ったら14kgぐらいあったので板付けたら17kgくらいかな?
スキーブーツで歩けるのか不安になりながらも4時20分、ツアースタート。

最初はヘッドライトで。
でも直ぐに明るくなってきたけど雪は全く見当たらず(涙)

160503-003.jpg

7時半を過ぎたあたり、漸く雪が出てきたけどなかなかつながらない。
飛越新道が神岡新道と交差するあたり、標高にして1850Mくらいからやっとスキー履くことが出来ました。
ブーツ登山、長かった~

とはいっても雪が切れている箇所が多々あるのでルート探しながらでなかなか進まず。
身動き出来ずに板外す場面も。

160503-013.jpg
標高1998Mの寺地山まで来るとこれからの行程がはっきりみえてきた。
が、こちらも雪が少なく、北ノ俣岳はスキー背負わないと行かれなさそうな感じ。
(写真中央が北ノ俣岳と太郎山の分岐。 昨年もここは雪がなくてブーツで登山道歩いたようでかなり大変だったみたい。 通常は雪があるのでスキー履いたまま行かれるそうです。)

時間的には余裕があるけど今日は風が強く、この先は更に吹き荒れている様子。
下山してくる方にお話し伺ったらかなり厳しい状況だったようで。
なんとか北ノ俣岳行かずに巻いて太郎山に行かれないかルート探したけど見当たらず。
樹林帯を過ぎたあたりから風がきつくなりついに前進出来なくなり。。。

W師匠の判断により北ノ俣避難小屋で今晩やり過ごすことに決定。
13時には避難小屋到着。
避難小屋だけあって風の影響が少なく穏やかでした、小屋回りは。

ここまでのツアー様子はWADACHIにて



DSC00127_1.jpg
電波が入らないのでたけさんとKさんに寺地山まで戻って太郎平小屋に連絡を入れてもらう。
その間我々は外でコーヒータイム!
この日は暖かかったので外でものんびり出来ました。

避難小屋は定員10名。
次々と前進を諦めて人達が集まってきて定員の10名に。
2名はテントで。

我々、小屋泊まりの予定だったのでシュラフは無く。
ツエルトと持っている衣類で過ごさなくちゃいけないので人数多いのは大歓迎。
なにも無いんですよ~と言ったら同情した3人グルーつが銀マットを1つ貸してくれました。

DSC00130_1.jpg
夜は避難小屋の中で。
まだ雨は降っていないし寒くない。
水も豊富にあるのでお湯沸かして暖かいもの飲んだりして結構楽しく過ごす。


DSC00131_1.jpg
早い夕飯食べたらもうすることもないので19時就寝。
こんな感じでツエルトに包まって肩寄せ合って(笑)

こんな時間から寝られない!と言っていた割には皆さん早々に就寝zzz
でも21時くらいから雨風強まり、深夜は強風で小屋が何度も揺れて目覚めてしまった、 避難小屋の夜でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Tory3

静岡県浜松市出身。
2015年、静岡県裾野市から愛知県岡崎市にお引っ越し。
これを機会にブログもリニューアル。
グルメ、カヤック、バックカントリースキーなどの至極個人的な日記です。