2017-08-30(Wed)

武芸川温泉@岐阜

岐阜県美濃市の武芸川温泉へ。

昨年、郡上踊りの帰りに寄ろうと思ったら改装中でお休み。
新しくなってオープンしているようなので行ってきました。

平日は680円。
こちらには岩盤浴の利用料も含まれているのでかなりお得。
ただ、岩盤浴は数に限りがあるので土日の混雑時は場所とりが大変かも。
平日の15時台は空いていて4部屋ほどあるのですがどこも余裕がありましたが、14時台は常に一杯だったようです。

お湯はナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉。
つるっとしていていました。
露天からも内湯からも小高い山の緑がまぶしく気持ち良い。

リフレクソロジーもしたのですが、こちらはまぁ、普通。
ただ、マッサージ代に消費税も掛かり他の施設よりも若干高め。
次はないかな、マッサージは。
それよりも岩盤浴でのんびりして休憩どころで漫画でも読みながら終日うだうだするのがよさそうです。
食事もおいしいそうですし。

岐阜県にはこの手の日帰りの温泉施設がいくつかあるようで、偶然会った配偶者実家近くにお住まいのおじさまがいろいろと教えてくれました。

スポンサーサイト
2017-08-30(Wed)

ケケレ@江南市

江南市にあるケケレ
週に3日、平日しか営業していないカフェのランチに行ってきました。

開店の11時30分に伺ったら駐車場は満車。
予約していたのでぎりぎり空いていてアプローチ前に駐車して店内入っても先客は1組。
この日は10時からパン教室があったようでその方々の車で食べ終わって帰る頃にはそれらの車はきれいになくなっていました。

ランチは 日替りランチ、 スープランチ、 カレーランチの3種類。
ドリンク、デザートついて1000円です。

私はスープランチ。
パンはベーグルかリュスティックのどちらかを選べます。
ベーグルを選択。
具材はサーモン&チーズかポーク&チリソース(だったかな?)のどちらかでサーモン選択。
ベーグルでもパンは2切、こぶりですがついてきます。

日替りランチはパンが3種類にハンバーグでした。

IMG_20170830_115135.jpg
女性にはうれしいちょこちょこおかずのランチ
男性には少し少ないかな?
でもパンが100円/個で売られているのでそれらを購入して食べるのもありかも

私は5種類ほどお持ち帰りで購入しましたが、パン、もっちもちでおいしい。
*ふすまパン、シナモンロール(ちょっと甘すぎなのでこちらはおやつ向き)、カップケーキ的なパン(こちらもおやつ向き)、やわらかめなリュスティック、抹茶と豆のパンを購入しました

パン教室では売られているようなパンを作っているようで近かったら通いたい!
味もですが、具のとりあわせや成形、大きさなど結構理想的でした。

IMG_20170830_121424.jpg 
食後はドリンク(珈琲か紅茶)とプチケーキ
今日はスフレチーズケーキでしたがそこそこ濃厚なのでプチサイズで充分に満足出来る♪

夏はかき氷もあるようです。

ちなみに江南市は愛知県の西北部にあって阜県に接しています。
江南の江は木曽川のことみたいです。

2017-08-29(Tue)

安城の梨

愛知県は意外とフルート王国。
岡崎は駒立のぶどうがあり、豊田は桃とかスイカとか(結構北の猿投のほうみたいだけど)、そして西のお隣の安城市はいちじくと梨。
梨は国道1号線で岡崎市から安城市に入った少し北に農園多数。
夏に通ると『梨直場』ののぼりがあるので昨年に引き続き今年も。
昨年行った農園にはのぼりはなく、他の場所も午後から販売となっていたのに時間にいったら『完売』となってたりでほぼ諦めて梨農園の間の細い道路を走っていたら梨がたくさん並んだ直売所発見。

20170829_20170829164441af2.jpg  
山田農園 → Blog

場所はこのあたり


今日は幸水と秀玉がありました。
ふたつとも大きい!
4個で1000円とお値段高めですが直売所の梨は水分多くておいしいのだ。


2017-08-26(Sat)

十楽@岡崎市

IMG_20170826_081244.jpg

久しぶりのモーニングは十楽さんで。
珈琲330円にトーストと茹で卵がつくのがスタンダード。
サラダ60円、ヨーグルト60円 が追加出来るので追加したらお腹一杯。
これで450円なのでかなりお得なモーニング。

こちらのお店は障害のある方が働いているからなか?全体的にとてもリーズナブル。
うな丼が1300円。
しかも三河一色産なのです。
そのほかにも定食なんかもとてもリーズナブルです。
おいしいし。
次回はまたうなぎ食べにランチでおじゃましてみようかな。

十楽
岡崎市滝町十楽8-3
0564-46-4110
定休日 火
8時から15時(営業時間は未確認)



ほんとはこの先にある『千』でモーニングの予定でしたが閉店(少し前からやっていないようだったのですがやはり閉店になってようです)していたので。
でも他のお店が来週にはオープンするようです。
千は一度しか行っていませんがなかなか良いお店でした。
でも喫煙可なのが気になっていたのです。
次回はどんなお店かしら?
そちらも楽しみです。
2017-08-25(Fri)

カフェヴィエント@豊田市

おいしいサンドウィッチが食べたくて豊田市の住宅街の中にあるカフェヴィエントさんへ。

ランチはこちらのBLTとハムとチーズ(だったかな?)のサンドウィッチの2種類だけのようです。
モーニングもあるようです。
あとはシフォンケーキ。
おいしそうだったので今度はお茶しに行ってみようかな。

自宅から10kmちょっと走りたいときに時々通る場所で何度か探してみたけど見当たらず。
と思ったら想像以上に広い駐車場に広いお店でした。
自宅兼店舗の小さなお店だと勝手に勘違いしていました。

とても落ち着けるお店でした。

カフェヴィエント
豊田市桝塚西町北小畔1
0565-21-8835
9-17
定休日 水・第2・4日曜日


2017-08-21(Mon)

2017年 夏の北海道

今年の夏休みは三陸海岸でカヤックしてから八戸港から北海道へ渡って道東の万月堂さんに行く予定でしたが、東北はお天気がぱっとしない様子。
今回の三陸行きの目的は北山崎あたりを漕ぐ!だったのでお天気悪いようなら行ってもね、ってことで、だったら最初から北海道でもよいんじゃない?と前夜の移動中に話がまとまり、新潟港へ。
土曜日の早朝に到着したらキャンセル待ちは2組目で、意外とすんなりとフェリーがゲット出来ました。

8月12日(土)
11時45分、新潟港発(小樽行き)
img1502510615737.jpg 

6月に就航したばかりのあざれあ
新しい船は雑魚寝の大部屋はなくなって全てベッドタイプのツーリスト
そしてお風呂には露天風呂!


 180812-005.jpg
夕飯は船内でジンギスカン!

8月13日(土)
4時30分、小樽到着。
曇天だけど海況は良さそうなので積丹方面を漕ぐことに。
まずは積丹岬。


170813-097.jpg 

そのまま神威岬まで!とも思ったけど単調な海岸線を往復するのも退屈そうなので一旦車に戻ってから移動しておいしいところだけ頂きました!の神威岬です。 
曇天だけどなんとなくの積丹ブルー。


2漕ぎおえてお楽しみの積丹のうに丼@いつもの民宿・大島さん。
赤が売り切れってことで白のみ。
ちなみに赤は白の倍のお値段でした。

食べ終わってもまだ14時。
そのまま帯広まで!と走り出したけどそうは上手くいかなくて、余市市内の渋滞と道東道の事故通行止めで、千歳東ICでおりて気になっていた松原旅館で温泉入って近くのファームヤードでスープカレーならぬスパイシーカレーを頂いて再び道東道へ。
疲れていたので目的の足寄には辿りつかず、道東道の十勝平原SAで車中泊となりました。

8月14日(月)
朝風呂はオンネトーの野中温泉。

IMG_20170814_103226.jpg
3回目のシゲチャンランド
相変わらず楽しい~!

標津に移動してサーモン食べて、お初のサーモン科学館を楽しんで、川北温泉入って万月堂さん@標津へ。
私は一年ぶり、たけさんは三年ぶり。 

170816-004.jpg
北海道の目的は万月堂さんに泊ること。
そしてここでKさん@愛知にお会いすること。

8月15日(火)
今日は釣り三昧!
4時半に起きて薫別漁港で海釣り。
170815-001.jpg
一頭目でこいつが釣れました。
かじか! 
あとは小振りなカレイなどが数匹。
1時間半ほどでしたがかなり楽しかった。

170815-015.jpg
朝食後は薫別川へ。
午前はこいつが1匹だけ(たけさんは10匹くらい)。
午後はこれくらいのが2匹(たけさんは5匹くらい)。
我が家にしては大漁で宿泊していた方々分くらいは釣ることが出来ました。
万月堂のSさんからは『サイズはいいけど少なすぎ』って言われちゃいましたが(笑)

8月16日(水)
居心地の良い万月堂さんとさよならして根室の落石岬へ。
漕ぐ予定でしたがうねりがありすぎで断念。

170816-034.jpg
代わりに1時間ほど落石岬あたりをトレラン。
なかなか走り応えあるし楽しめました。

170816-050.jpg
根室といえば花咲がに
いつものお店がなくなっていてザンネンでしたが、でも身入りの良い花咲がにを花咲漁港で頂けました。 満足!

標茶の富士温泉でさっぱりしてから厚岸に移動して牡蠣!
 170816-075.jpg
桜亭さんで牡蠣コースを堪能
このコース、相当の牡蠣好きじゃないと完食出来ないかも、ってくらい牡蠣出てきます。

またまた北上して、標茶通って摩周の道の駅で車中泊。
ここは人気の車中泊スポット。
21時に到着したら半分以上が埋まっていました。

8月17日(木)
本日は午前中狙いの知床漕ぎはウトロ側。
170817-048.jpg
前回も遭遇したこの場所でまたまたヒグマ。
3年前のヒグマとは違うヒグマなような。。。代替わりしたのかしら?
カムイワッカの滝でUターンしてお昼少し過ぎに終了。

斜里温泉・湯元館でさっぱりして北見に移動してトリトンでお寿司!

 170817-089.jpg
北見のトリトン、3回目でした、私。

3年前に入れなかった足寄温泉に寄ってから銀河ホール21で車中泊。

8月18日(金)
この日は海は厳しそうなので糠平湖へ。

170818-085.jpg 
崩壊が進んでいるというタウシュベツ橋梁。
昨年は対岸の展望台から見たのですがほんの少し見えているだけだけでした!

糠平温泉のふうかでランチして温泉入って南下。

170818-102.jpg
ごりらのしっぽ@新得でパン購入
私が初めておいしい!と思ったクロワッサンはやっぱりおいしかったけどずっしりと重たい食パンもかなりおいしかった。

夕食は帯広のぱんちょう、と思ってお店にいったら『臨時休業』。
タイミング悪いなぁ~ぱんちょう(定休日だったり開店前だったり・・・)

でも我が家には有楽町があるさ!ってことで有楽町でジンギスカンとホルモン。
豚丼よりも満足度は高いな。
 
170818-104.jpg

ホルモン臭を落とすために(笑)晩成温泉に入ってからコスモール大樹で車中泊。

8月19日(土)
最終日は襟裳岬。
岬の東側はうねりでとても漕げる海ではないけど西側は穏やか!
170819-139.jpg
わずか3kmほどで襟裳岬到着してゼニガタアザラシを満喫!
お昼前にゴールしたので最後の温泉を楽しみに登別温泉へ。

170819-214.jpg
白老でソフトクリーム食べてから少し早目の夕飯は虎杖浜のたらこや。
流石に早すぎて殆ど食べられず。。。おいしかったのに。


170819-223.jpg
そして北海道最後の温泉は登別のさぎり湯で。

8月20日(日)
23時30分の苫小牧港からのフェリーは1時間ほど遅れて出港となりましたが、定刻よりも少し早い20時15分に敦賀港に到着、22時少し過ぎに岡崎市の自宅に到着し今年の夏休みは終了しました。

   


2017-08-19(Sat)

2017年北海道 Day7 襟裳岬でアザラシ遭遇! そしてさよなら北海道

最終日は襟裳岬漕ぎ。
大樹町から海沿いに襟裳岬目指すが東海岸は荒れ気味。
結構大きなうねりが入って来ていて漕ぐのは難しそうなんだけどうねりの方向から考えると西側は大丈夫らしいので取り敢えず岬目指す。
途中の川で鮭の遡上も見られたし幸先良いかも♪
また、道路がきれいになっていました。

170819-007.jpg 
襟裳岬は晴れていました
東からのうねりは西側では殆ど影響ない様子
海を見るとアザラシぷかぷか浮いていました♪

170819-009.jpg
ちょっと幻想的

170819-010.jpg
たくさんいるかな?

西側の漁港脇の海岸から出艇しました。

170819-014.jpg
こちら側は静かなのでこんぶとりの船が頻繁に行きかっていました
邪魔にならないように気をつけて出発です

170819-017.jpg
なかなか雄大な景色です

170819-028.jpg
襟裳岬までは3kmほど

170819-049.jpg
あっという間に到着

170819-051.jpg
先端の岩場目指して!

170819-056.jpg
先端の手前で熱視線~
ゼニガタアザラシ発見

170819-115.jpg
もうちょっと先端に進むと岩の上でひなたぼっこしているあざらしたたくさん!

170819-118.jpg
近付くと海に逃げ込んでしまうので近付かないように気をつけながら見学

170819-135.jpg
時々うっかりと近付いてくるアザラシ、カヤックに気がつくと慌てて海中に
その驚いた様子がとてもかわいかった

170819-155.jpg 
先端到着
結界があるかのように岩場の東と西では海の様子が違っている
でもこちら、西側にいれば全く問題無しでした

170819-163.jpg
結界の岩場近くにアザラシがたくさんいるので帰りはぎりぎりをアザラシ見学しながら戻る

170819-201.jpg
襟岬を超えて出艇した浜へ戻るも途中には時々ハグレアザラシがぷかぷかと
中央の黒い物体もアザラシです

8時20分に出艇して11時にゴール。
天気が良かったのでのんびりと乾かしながらお片付け。

170819-GPS02.jpg

170819-206.jpg

170819-207.jpg
昼食は襟岬にある食堂で
私は海鮮丼、たけさんはぶりのかまの塩焼きを頂きました

23時30分、苫小牧発のフェリーまでまだまだ時間があるので最後の温泉楽しみに登別まで!

道東とは違って道路は西に行くほどに混み始めたので日高門別ICから日高自動車道。
苫小牧中央ICまでだったかな?無料区間でした。

頑張って走ったご褒美で白老ICで降りてソフトクリーム。

170819-212.jpg
天野ファミリーファーム → HP
ソフトクリーム、めちゃおいしい!
焼肉もおいしそうだったので次回は焼肉~

そして北海道最後の食事はかなり早い時間だけど虎杖浜のたらこ家で。

170819-214_2017082814111172a.jpg

170819-216.jpg
まだ時間早いし、ソフトクリーム食べたばかりだったので殆ど食べられず(涙)
すご~くおいしいだけど。。。
(営業時間が17時までなので頑張ってみたんだけど)

以前入れなかったアヨロ温泉。
170819-217.jpg

170819-222.jpg
地元で大人気の温泉のようでした

そして最後に登別温泉のさぎり湯。

170819-223_2017082814110565f.jpg
さぎり湯 → HP

170819-224.jpg
今回はモール泉が多かったので白い温泉は久しぶり!
堪能しました♪

22時に苫小牧港に到着していればよいので苫小牧でラーメンでも、と思っていたけどお腹が空く気配は無く。
苫小牧のイオンモールで買い出ししてから港へ。
小樽の『なると』さんが入っていて鶏の半身揚げもあったけど流石に食べられる自信は無くて断念。

フェリーは積み下ろし作業が遅れているようで23時30分出港が1時間近くも遅れて0時30分に。
乗船も遅れたので眠たくなってしまったけど最後のビールってことでサッポロクラシックを飲んでからベッドに入ったのは1時頃でした。

8月20日(日)
終日フェリー。
朝風呂したりスポーツルームで自転車漕ぎしたり読書したり。
出港は1時間遅れたけど到着は15分早くて20時15分、敦賀港。
高速乗った時点では愛知県の一宮あたりが渋滞していたけど直ぐに解消されたのでスムーズに帰宅出来て22時30分くらいに岡崎到着となりました。

帰ってきた愛知県は蒸し暑かった~





2017-08-18(Fri)

2017年北海道 Day6 タウシュベツ陸橋見学カヤック@糠平湖

太平洋側はやっぱり海況良くないようなので、本日は糠平湖でカヤック。
目的は タウシュベツ陸橋。
崩壊が進んでいて見納めになるかも?!という記事を目にしたので。

足寄から1時間ちょっとで糠平湖到着。
キャンプ場の隣にある公園から出艇したのですが、今年は水が少ないので湖面が遠く・・・荷物は最小限にしてのカヤック運搬でした。

170818-002.jpg 
中央に公園と駐車場
トイレはありましたが使用不可でしたので近くのひがし大雪自然館さんでお借りしました。
ちなみに糠平湖でのカヤックの可否もこちらの大雪自然館さんに確認(上士幌町の観光案内所に問い合わせたら、こちらにお願いしますとのことでした)。
動力船はダメだけどその他の船はOKとのことでした。

170818-001.jpg
寒かったので厚着したら途中で暑くなってしまった

170818-008.jpg
気持ち良く漕ぎ進む

170818-011.jpg
このあたりで遠くにタウシュベツ陸橋が見えていました

170818-016.jpg
東側の湖面沿いに漕ぐ。
この向こうには林道が通っているのですが一般車両は通行禁止だそうです
また、電線もこちら側にあるので点検・整備の方は大変そう(熊とか鹿とか)

170818-021.jpg 
木の切り株がダム湖らしい

170818-027.jpg
1時間ちょっとで到着!
ツアーでも来られるようで常時数名の人がいました
ツアーは林道からなので短時間で行かれるようです(林道のかぎを借りて林道通って橋の近くまで行くそうです)

因みに昨年の7月、対岸から見た時はこんな状態でした。

IMG_20160705_092527.jpg 
半分くらい水没している状態も見てみたい

170818-031.jpg
我々も上陸!

170818-041.jpg
橋の上は危険なので立ち入り禁止です

170818-062.jpg
反対側から

170818-076.jpg 

170818-087.jpg
40分くらい見学してたら風があがってきてしまった~

170818-088.jpg
風波もぽちゃぽちゃと・・・
正面の風だし波もないので危険は無いんだけど頑張らないと押し戻されちゃうほどの風!
東の湖岸よりを進むも(いざとなったら上陸出来そうなので)中央付近では一向に進まない。。。
全速力で漕いで漸く風裏到着

170818-091.jpg
ここまでくれば後はのんびり漕ぎ戻るだけ、、、といっても行程の1/5もないんだけどね、ゴールまで(笑)

170818-095.jpg
風で疲弊したので少しでもカヤックの運搬を楽にしたくて川を遡る(笑)
カヤックも真水で洗われてすっかりきれいになってました♪

170818-GPS03.jpg
本日の行程
8時出発、11時ゴール、見学50分
やっぱり湖は強風が吹きやすいのでムズカシイなぁ~
シーカヤックなので多少の風は大丈夫なのですが、これがリバーだったりインフレータブルだと戻ってこられなかったと思います(風待ちすればよいんだけど)。

海じゃないので殆ど洗う必要は無く。
さくっと片付けて、糠平温泉でお昼ご飯と温泉。


170818-097.jpg 
湯元館のすご横にある『ふうか』さん
湯元館のおじさんが教えてくれました

170818-098.jpg
おいしそうなメニューたくさんありましたが、お腹空いていたのでハンバーグカレードリア(サラダ付)を註文

混んでいたし、ハンバーグは作っている音したしで結構時間掛るとかなと思ったけど20分程で供されました。
カレーもハンバーグもめちゃめちゃおいしかった!
糠平温泉、以前はひなびた感じだったけどちょっと賑やかになっているような。
昨年夏に泊った『中村屋』さんもとてもよかったし。


温泉は湯元館(斜里温泉も湯元館)。
15年くらい前のツーリングの時にもよったけど、あまり特徴の無い湯で、昨年の中村屋さん宿泊時も同じような印象。。。
170818-099.jpg 

170818-100.jpg
こちらは男性用
女性用はもう少し狭いのだけど露天もあるし、お昼時間で貸し切りだったのでのんびり入浴出来ました
やっぱり湯は特徴ないのですが、古いけど清潔だしおじちゃん親切だしで良かったです。

まだ時間あるので3年前の冬Tokkyに連れて行ってもらった新得町のごりらのしっぽへ
とてもおいしいクロワッサンだったのです。
然別湖経由ならそこそこ近かったのですが通行止めで上士幌経由だったので結構時間掛ってしまってお目当てのクロワッサンがあるか心配だったけど1つだけ残っていました!
翌日の朝食分とフェリー内での食事分ってことで食パンとライ麦パンも。
こんなに重たい食パンは初めて~(笑)
どれもこれもおいしかった!
癖になるおいしさです。

170818-102_20170827184359ada.jpg
ごりらのしっぽ → HP

まだお腹空かないので帯広市内でお買い物したりしてちょっとのんびり。
で、この日の夕飯は帯広駅近くのぱんちょうでぶた丼!の予定だったけど『臨時休業』の看板(涙)
このお店、ツーリングマップルにはずーっと前から載っているので知っていたのだけどなかなか帯広駅前にお昼もしくは夜に行くことは無く。
(駅前のホテルに泊ったことあるけど、目的は屋台村だったので・・・)
一体いつになったらぱんちょうで豚丼食べられるんだろう?
もうずーっと食べられないかも、なんて(笑)

直ぐに気分を切り替えて西帯広駅近くの有楽町さんへ。

5時15分頃に入店したら既に半分くらいは席が埋まっていて、帰る頃には満席でした。


170818-105.jpg
ジンギスカンにホルモン

170818-106.jpg
最後の〆はホルモンにうどんを投入~
これが忘れられないおいしさなのです
二人で2000円もしないという値段にもびっくりです♪

明日は襟裳岬漕ぎを狙っているけど海況悪いようなら大樹町の歴船川の予定なので取り敢えず大樹町に向かって南下。

19時くらいに到着しそうなので『ヨード泉』という言葉につられて 晩成温泉 へ
170818-113.jpg

170818-108.jpg
これがヨード泉!
良い湯だしサウナが気持ち良かったのでついつい長湯♨

170818-110.jpg

170818-111.jpg
大樹町の晩成温泉で大器晩成を狙っているのか?!(笑)

そうそう、大樹町って最近聞いたぞ、と思ったら7月に打ち上げられたホリエモンの出資したロケット会社のある街でしたね。

大樹町の街中に戻って道の駅コスモール大樹で車中泊。
ここは街中にあってショッピングモールになっているようでした。
 


2017-08-17(Thu)

2017年北海道 Day5 知床、熊ウォッチングカヤック

昨日は太平洋側でグルメ三昧してましたが、青空求めた結果、本日はオホーツク側でカヤックとなりました。
昨日もウトロ側は晴れていたようなので素直に昨日漕ぐべきだったか?知床(笑)

道の駅摩周で目覚めると夜半に小雨が降った様子。
曇天だけどきっとウトロは青空のはず。
そして風も午前中なら持つはず!ってことで一路ウトロへ。
昨年までTokkyが住んでいた川湯通過。
川湯共同浴場で朝風呂したかったけど流石に早朝過ぎて営業時間外(涙)
 
7時少し前にウトロ到着。
今回はいつもの出艇場所(こちらはいくばくかの使用料を支払って使用させてもらってました)の手前の浜から。
こちらは個人の所有地ではないようで、小規模な商業ツアーの方も使用していて、上陸時に少しお話しましたが使用しても問題無いような感じでした。

170817-006.jpg 
心地よい風に青空
カヌー日和の知床ですが午後からは風があがってくるようなので午前中勝負です

170817-009.jpg
フレペの滝(乙女の涙)

170817-016.jpg
男の涙(湯の華の滝)
こちらは手前の滝が朝日をあびてきらきら、そして風で水が途中で吹き飛ばされていて幻想的でした

170817-029.jpg
岩尾別
ここから出艇出来れば日帰りでもカムイワッカよりも更に先に行かれるのですが。。。
道路から海までが遠いうえにとてもカヤック運べる道ではないうえにヒグマもいます

170817-033.jpg
8時くらいからは観光船も往来して賑やかに
ただ、岸に近い場所には定置網が多々あるので少しの区間気をつければ接近することは殆どありません

170817-037.jpg
ここを超えるとイダシュベツ川

170817-038.jpg
出た~!
今回もヒグマ登場

170817-039.jpg
3年前のヒグマよりも一回り小さいような。。。
代替わりしたのか、やせ細っているだけか??
暫く観察していましたが、時々魚も口にしているようだったので食料不足ってことはないようなのでやっぱり代替わりしたのかな。

170817-049.jpg
川の左右を行ったり来たりしてました
我々の存在、気が付いているようではありました

170817-053.jpg
結局20分以上もヒグマ観賞してしまいました
そろそろUターンしないと、な時間だけど3時間近く乗りっぱなしで疲れたのでカムイワッカの滝のある浜で上陸してしばし休憩
これがまだお湯だったら最高なのにね♪

10時40分、スタート地点に向かってGo。
帰りは潮の流れと風でなかなか進まず。
腰痛い~と主ながらも休むと戻されちゃうので漕ぎ続けること1.5時間で岩尾別。
岩尾別から先は風も潮の流れも止んで穏やかになって漸くのんびり漕ぎが出来ました~。

170817-076.jpg
波がないから漕ぎにくいことはないんだけど潮の流れがあるのか重たい!
向い風ってこともあって漕ぐほどに腰が重たくなるのでした

170817-078.jpg
帰りはヒグマには遭遇しなかったけど知床五湖では観光客が遊歩道にいるのが見えていました
いつか行きたい、と思いながらも行っていない知床五湖ってどんなとこだろ?

13時、ウトロの出艇場所にゴール!
GPSデータはありませんが、3年前に同じコース漕いだ時は29kmでした。 → 
(少し前から動作が不安定だった@trip、久しぶりに開いたら以前のようにスムーズになっていたのでこちらをリンクしてみました)

170817-083.jpg
今回はこちらから

お昼ご飯は道の駅ウトロシリエトクにて。
170817-085.jpg 
私は鹿バーガー
弟子屈の900草原レストハウスのエゾ鹿バーガーのほうが数倍おいしかった
作り置きしたものをレンジで温めているのが敗因かな~ 作りたてならおいしいんじゃないかしら?

170817-084.jpg
こちらはこけももアイス(ミックス)
まぁ、普通かな

ウナベツ温泉に寄る予定で走りだしたけど久しぶりに斜里温泉に入りたかったのと、斜里の街中のコインランドリーでお洗濯もしたくて、一旦ランドリーによってから湯元館に。

170817-086.jpg
入浴料金は400円
15時少し過ぎでしたが女性は貸し切りでした
10年前に来た時は通常料金で岩風呂(家族風呂)に入ることが出来て感激したんだけどな~
今は家族風呂は別料金になるみたいです

夕飯は美幌で焼肉・田村か北見で回転寿司・トリトンか?
私は両方行ったことあるのでたけさんにお任せしたらトリトンに行くことになりました。

170817-089_20170827151004c3b.jpg
一年ぶりのトリトン
一人で入っても楽しめるのが回転寿司
今回は二人なのでたくさんの種類食べちゃえて大満足!
北見周辺にも魅力的な温泉はたくさんあるけど、今日は足寄まで行くので食べたら即南下

足寄までは真っ暗な道!
でも数年前の冬、この真っ暗な道をもっと遅い時間にTokkyは車走らせてくれたんだよな~
私は何もできずに乗っているだけでした。

そして途中で『日本一寒い りくべつ』通過。
ここもTokkyが連れてきてくれたっけ、しばれフェスティバルの夜に。

そしてその夜に入れなかった足寄温泉に今宵は(笑)

170817-105.jpg

170817-106.jpg
そこそこ寒くなっていたので気持ち良く入浴

色とかおりから硫化水素泉かな?と思ったらナトリウム-塩化物温泉でした。

今宵は松山千春さんの古里・足寄の足寄銀河ホール21で車中泊。
ここは2006年まで足寄駅があった場所で道の駅になっています。
車は少ないのですが国道脇で時々大型車が通ると音が気になりますが、快適気温なので(外は寒いくらいだけど車内は適温)比較的ぐっすりと就寝出来ました。



2017-08-16(Wed)

2017年北海道 Day4 落石岬は漕げず、、、花咲ガニと厚岸の牡蠣で食三昧

今日もおいしい朝食@万月堂から
170816-001.jpg

でも今日で2泊3日の万月堂滞在は終了です

 
170816-004_20170826113035f9a.jpg
オーナー夫妻となみとKさんと恒例の記念撮影して一路南下


170816-005.jpg
根室市の落石岬にやってきたけどうねりがおおきくて外海には出られそうにもない
湾内だけでは30分ほどで終わってしまうし見どころ無いのでまたまたカヤック出艇は断念なのでした

数年前にもいった落石灯台でかるくジョグ
170816-010.jpg
駐車場から灯台までは整備された遊歩道

170816-011.jpg
視線を感じたらそこには鹿!

170816-014.jpg
灯台までゆるジョグで15分ほど
途中、遠回りさせられた、という年配のご夫婦に駐車場までの距離を聞かれる
灯台まで1時間以上掛ったそうで小川2つ超えたりしてかなり大変だったとのこと
なので我が家は帰りはそちら方面へ

170816-020.jpg
灯台からの海は更に荒れていた
でも良さげな海岸沿いなのでいつかは漕いでみたい~

170816-034_201708261130459f6.jpg
なんとなーくの踏み跡を辿って


170816-043.jpg
斜面下ったり登ったり
小川は確かに2つありました
1時間ほどのゆるジョグでしたが久しぶりに良い汗かきました

根室といえば花咲漁港
170816-049.jpg
いつものお店だと思って入ったら違ってた
そして調べた結果、このお隣にあったはずのカネイ水産さんは廃業(なのか?)してしまっているようでした
 
170816-051.jpg
1杯で4000円ほどで身入りがよくて二人で1つで十二分に満足出来ました
以前の倍ほどしたのはお店が違うからか、今年は高いのか??
ちなみにカネイ水産さんでは一定額以上の買い物すると定食のサービスがありまして運が良いと初物のサンマが頂けることもありました

170816-052.jpg
流石にカニだけでは途中でお腹がすきそうなので花咲ガニ入りのカレーを1つ
カニがごろごろと入っていてかなりおいしい!

170816-058.jpg
折角なので少しは観光でもってことで『車石』へ
何度も看板見ていましたが今回がお初
なかなか楽しめましたよ、ここ

170816-068.jpg

観光後は西に西に

170816-069.jpg
標茶の富士温泉
川上郡標茶町富士5-26
015-485-3003
6:30-8:00、11:30-21:30(朝営業がうれしい)
350円/大人
モール泉でつるっつる

そして今度は南下して厚岸へ。
もちろんお目当ては牡蠣。
最近行っている直売所は閉店となってしまっていたので街中のお店へ

桜亭
厚岸郡厚岸真栄2-149
0153-52-3702
11-21
不定休

かきコース、1780円を頂きました
このコース、相当の牡蠣好きじゃないと耐えられないかも~ってくらいに牡蠣が出てきます(笑)
私は普通の牡蠣好きレベルなので最後は苦しかった(相当な牡蠣好きで先日の検査で牡蠣アレルギーがないことが明白となったたけさんに少し助けてもらいました)

170816-073.jpg
牡蠣のサラダ
夏以外は生牡蠣だそうですよ

170816-074.jpg
牡蠣フライはかなりハイレベル!

170816-075_20170826113645c3f.jpg
こちらはコースではなくて200円/個の焼き牡蠣
私は1つオーダーしました
こちらもぷりっとしていておいしい

170816-076.jpg
牡蠣のにぎりx2個
このあたりから苦しくなってきましたよ

170816-077.jpg
牡蠣汁
こちらにも大きな牡蠣が3つも!

170816-078.jpg
最後は牡蠣の柳川風でこちらの牡蠣は更に大きくて3つ

このお値段でこの牡蠣の量はすごすぎでした。
厚岸、やっぱりすごい。

すっかり満腹~
明日も太平洋側の海は荒れそうなので知床のウトロ側を漕ぐことにして再び北上。
またまた標茶の街中通って道の駅・摩周へ。
若干迷走気味なのです。。。
ここからウトロまで1時間半くらいなので今日はここで車中泊。
道の駅・摩周は昨年の100kmウォークでお世話になった思い出の道の駅。 → 

ここは車中泊スポットとして人気の道の駅で以前22時頃に到着したらほぼ満車でしたがこの日は21時ってこともあってまだ少し余裕ありましたが翌朝目覚めたら車は更に増えていました。
夜中に雨が降ったようで外は肌寒いほどでしたが、車中泊としては快適でした。
2017-08-15(Tue)

2017年北海道 Day3 釣り三昧

万月堂滞在2日目は釣り三昧なのです。

4時半に起きてまずは薫別漁港へ。

170815-002.jpg
第1投でかじかゲット!
この後、小魚が数匹釣れるも15分ほどで当たりなくなる。

港内を釣り場に切り替えると唐揚げサイズのカレイが釣れた。
170815-013.jpg
小さ!と思ったけど皆さんこのサイズをどんどん釣ってるので我が家も、と思ったら餌をカラスにケース毎持って行かれた(涙)
たけさん、私とカレイはそれぞれこの1匹のみで強制終了となってしまいました。
本日の宿泊者分は釣れるとふんだのだが! カラスめ~

でも朝食時間が近付いてきたので万月堂に戻って朝食を。

170815-014.jpg


少し休憩してから今度は薫別川へ。

あたりはあるけど上手く合わせられなくてなかなか釣れない(涙)
でも午前の部終了直前になかなか良いサイズをゲット!
170815-017.jpg
私にしては上出来♪
これ1匹で夕飯には十分だしね

170815-018.jpg
気温が低いので虫もいなくて快適
足元は万月堂でお借りした沢シューズのおかげで滑ることも無く川をじゃぶじゃぶと遡れたよ

170815-022.jpg
午前の部の釣果
たけさん大漁

一旦万月堂に戻ってカップラーメンランチ。
その後は朝釣った魚をさばいてから午後の部で再び薫別川へ。

170815-028.jpg
午後の部の釣果
午後は良いサイズ2匹釣れたよ♪
午前に比べたらタイミングあわせられるようになったみたいでリリースサイズもたくさん釣れた。

170815-031.jpg
こちらはたけさんが釣ってたけさんが捌いたムツ
たいへんおいしいお刺身でした

170815-035.jpg
こちらは薫別川で釣ったオショロコマとヤマベ
絶妙な焼き加減だし、自分で釣った魚だしでめちゃおいしかった~♪

170815-036.jpg
こちらも朝釣ったカレイ
小振りだけど身が厚くて、かりっと揚がっていてこちらもおいしい
さすがオリエさん~


170815-033.jpg
170815-037.jpg
170815-038.jpg
170815-039.jpg
170815-040.jpg
この日はこんなにたくさんあってカヤクご飯が少ししか食べられなかった~

そして万月堂のオーナー夫妻やKさんやこの夜の同宿だったHさん、Mさん(なんとこのお二人は2回ほど宿泊したことのある清里町の風景画さんの常連さんでした  → 2013年3月 と 2012年3月 )ともっとお話ししたかったのだけど朝が早かったこともあって21時には瞼が重たくなり・・・
早々に就寝とさせて頂きましたzzz

2017-08-14(Mon)

2017年北海道 Day2 シゲチャンランドと標津サーモン科学館

夜明けと共に目覚める。
すっかり延びた道東道で足寄まで走りR241でオンネトーへ。
オンネトーはザンネンながら曇天すぎてエメラルド色は拝めずでした。
でも今日の目的は温泉なのだ。
7時から営業している野中温泉へ。

170814-002.jpg

170814-003.jpg
やっぱり気持ち良いね!

つづいて津別のシゲチャンランド
3回目だけど十分に楽しめます!

170814-008.jpg

170814-035.jpg

170814-053.jpg

170814-075.jpg

1時間くらい満喫!

摩周駅で豚丼でも、と思ったけどどうせだったら津別でサーモンってことで頑張って走りって津別へ。

170814-095.jpg
郷土料理 武田 で鮭の漬け丼と鮭あら汁を頂きました。
安くておいしかったよ。

続いて標津サーモン科学館
標津はもう10回くらい来ていますがお初です。

170814-104.jpg
そして少し前に我が家でブームとなったフウセンウオ!
こんなところでお目に掛れるとは♪

170814-108.jpg
ここの売りはサーモンじゃなくて実はチョウザメではないかしら(笑)と勘違いしてしまうほどのインパクト。

170814-109.jpg
小さなチョウザメの水槽に指を入れるとぱくりとくいついてきます。
それをスタッフが見ていてすかさずこちらの証明書を手渡してくれるのでした。
入館前は外の大きな水槽でスタッフの方が大きなチョウザメに腕パクされるというイベントも見学したしね。

秋はガラス越しに標津川を遡上するサクラマスの様子を見られるそうなのでこの頃にいけばしっかりとサーモンの科学館っぽさを満喫出来るのかも(笑)

万月堂に入る前に久しぶりの川北温泉。
もう4回目くらいかしら?

170814-113.jpg
女性は貸し切りでのんびり出来ました。
やっぱり良い湯~♨

そして万月堂!
初夏に豊田でお会いしたKさんにも無事に再会出来ました。

170814-114.jpg
鹿肉のカツがおいしい。

170814-115.jpg
メインは海鮮丼

170814-116.jpg
昨夜、Kさんが作ったインドカレー
スパイシーで辛くておいしい! お腹一杯だけどついつい完食。

この日は珍しく5歳前後のお子さんが5名もいてなかなか賑やかでしたが9時半くらいにパタリと静かになりました(笑)

一年ぶりの万月堂は居心地が良く。
涼しかったこもあってか布団に入った途端に寝入ってしまっていたようですzzz
2017-08-13(Sun)

2017年北海道 Day1 積丹半島でシーカヤック

8月11日(金)
たけさん退社後の19時少し過ぎに岡崎の自宅出発。
まずは近所の五味八珍にて夕飯。
豊田東から高速乗るも事故通行止めで塩尻北で降ろされる。
松本から再び高速乗るも既に12時近く、姨捨PAにて力尽きてここで車中泊。
少しは涼しいかと思っていたけど蒸し暑くあまり眠れず。

8月12日(土)
4時に起床。
昨夜までは三陸海岸目指していたけどお天気悪そうなので急遽予定変更して新潟港で北海道行きのフェリーのキャンセル待ち。
もしとれなかったら当初の予定通りに東北方面へ。
三陸海岸がダメだったら日本海側とか陸奥湾あたりで漕いでから当初の予定通りに15日(火)の深夜に八戸から北海道へ。
6時に新潟港に到着するとキャンセル待ちしているのはライダー1名のみ。
出港は11時45分で確定するのは10時過ぎとのことでほぼこの時間に確定。
急いで手続きしてからガソリン入れたり買い出ししたり。

定刻の11時45分に新潟港を出港して一路小樽港へ。

180812-001.jpg 
今年の6月に就航したばかりのあざれあ
新しい船は雑魚寝の大部屋はなくてベッドのツーリストタイプのみ
格安のベッドは1つしか空いていなくて私は小さいながらも個室タイプ
そこそこ広くてのんびり出来ました

180812-005_2017082318204387e.jpg
フェリーといえばジンギスカン
今回も上陸前から北海道気分満喫♪

殆ど揺れることも無く、昨日までの寝不足を補うかのように寝てばかりであっという間に小樽到着となりました。

8月13日(日)
定刻の4時30分、小樽港到着。
曇天、そして涼しい~。
以前は早朝小樽到着の朝食は市場でしたが、今日はお昼にウニ丼なので朝食はコンビニで簡単に。

まずは積丹岬目指して幌武意漁港へ。
漁港に到着して地元の方に伺ったら漁港ではなく反対側の海岸からなら出艇しても大丈夫ってことだったのでそちらに。
50Mほど穴だらけのダート走行があるし、車へのあぶアタックが猛烈でしたが出艇はしやすかった。
170813-022.jpg 
積丹岬目指して
2回目の積丹岬です

170813-016.jpg 
女郎岩


170813-028.jpg
洞窟

170813-030.jpg
洞窟内部から

170813-045.jpg 
積丹岬でUターン
穏やかな海なので神威岬まで漕いで行っちゃう?!って話も出たけど退屈な海岸線の往復は気力がなえそうだったので一旦戻って車で移動して神威岬に行くことにしちゃいました。
片道だったら行ってもいいんだけどね~ってほど退屈そうな砂浜なのです、神威岬まで。

170813-055.jpg
島武意海岸
朝早いので殆ど人はいませんでした


170813-110.jpg
曇天だけど積丹ブルー!


170813-062.jpg
まだ時間があったので幌武意漁港を通過してマッカ岬まで行ってから戻りました。
7時に出艇して戻ってきたのが10時少し前でした。

車で神威岬近くの余別の浜に移動して出艇したのは11時少し前。
神威岬漕ぎは2回目だけど前回は雨も風もあるなかをタンデム艇だからと強行したのであまり満喫出来なかったのだ。

170813-073.jpg 
神威岬まであっという間!

170813-072.jpg
神威岬の遊歩道にはたくさんの人
昨年の7月はバイクで来たんだよなぁ~ここ

170813-085.jpg 
前回はなんとか近付いただけでしたが今回はぐるりと一周出来ました


170813-090.jpg
こちらは神威岬の西側です

 170813-096.jpg
名残惜しいけど。。。さよなら神威岬!

170813-108.jpg
神威岬の見えるこちらで少しだけ上陸休憩

170813-110.jpg
曇天だけどやっぱり海の色はきれいでした

サクサクっと漕いで12時30分頃に上陸。

170813-112.jpg 
お昼ご飯はこちらの民宿大島さんで
我が家はいつもこちらでうに丼頂いてます。

170813-113_20170823182147475.jpg
赤うには売り切れってことで白うに丼
2800円でした。
このかにの汁もおいしいのです!
今年は完食出来ました♪

まだ3時前だったのでこのまま一気に帯広まで走って、今夜は有楽町でホルモン&ジンギスカン!と張り切っていたけどまさかの余市の街中渋滞であえなく断念。
ならばと札幌のひょっとこでジンギスカンと電話するも定休日。
更に道東道の事故通行止めもあって帯広行きはあきらめて千歳東ICで降りて気になっていた松原温泉旅館さんへ


170813-115.jpg
大通りから外れた場所にありました

170813-116.jpg
2種類のお湯が楽しめます
どちらも良い!
奥が重曹泉でつるつる、なのですがここ、下が男女繋がっています。
そしてドアも開け閉め出来るので入ったらまずは鍵が掛っているか要チェック!です。

170813-118.jpg
こちらが泉質です

どちらの湯もとてもよくって何時間でも入っていたいくらいでしたよ!

松原温泉旅館
千歳市泉郷708
0123-29-2536
10-21:30
木曜休み

このあたり、小さな温泉がいくつかあってどこもそこそこ良さそうです。
今後も楽しみ♪


夕飯は松原温泉旅館から少し走った場所にあるFIRM YARDさんで。
ラストオーダーの30分程前に到着したのですがまだまだ賑わっていて、10分程待って漸くテーブルに。

IMG_20170813_183538.jpg 
すてきなアプローチ
帰る時間は真っ暗になっていて駐車場は街灯も殆どないので怖いくらいでした

170813-121.jpg
こちらがお店のうりのスープスパイス
スープカレーのようなものですがカレーよりもよりスパイスが効いていておいしかった。
辛さも選べます。
こちらにサラダ ↓ とライス(サイズが選べます)がついています。

170813-122.jpg

170813-120.jpg
たけさんがこちらのお野菜たっぷりの一皿もオーダー
少し頂きましたがどれもこれもおいしかった♪

ほんとはスパイス手打ち麺なるものを食べたかったのですがこの日は完売だったようで。
かなりおいしそうだったのでまた行きたいお店です。

温泉と夕食でゆっくりしていたら道東道の通行止めも解除になったようなので道東へ。
足寄まで行きたかったけどカヤックして長距離運転して、ついでに雨や霧で視界が悪かったりで帯広平原SAで本日の走行は断念して車中泊となりましたzzz











2017-08-10(Thu)

カフェ&バー ロマン

R248沿いのゲオさんのお隣にあるカフェ。
以前は違うお店だったのですが少し前に変わったようで、無料冊子にプチデザートのクーポンがついていたので行ってみました。
店内は広くて、その割にテーブルは少な目で少し寂しい感じですが、夜のBAR部門では良い雰囲気になるのかも?!

ランチはワンプレート(メインはパスタかカレー)とパスタ、カレー、オムリゾット(だったかな?)でした。
ワンプレートをパスタで。
ドリンクはジンジャーエール。

 
1280円、税別。
おいしいけど無難な味で特徴は無く。
クーポンのプチデザートはバイキングとかでよくみかけるカットケーキでちょっとがっかり。


愛知県岡崎市井ノ口町和田屋3
0564-77-3414
火曜日休み
営業時間 11-24(週末は深夜2時まで)

2017-08-05(Sat)

岡崎の花火大会

今週末は知り合いの船にカヤック積んで伊豆諸島クルーズ&カヤックの予定でしたが台風5号の影響で海況が悪そうなので断念。
昨年は9月に計画したけどやっぱり悪天候で断念。
なかなか行かれない伊豆諸島です。

ということでとても残念でしたが、こちらにいたので岡崎市の花火大会を観賞出来ました。
昨年は近所のアピタの屋上から、一昨年は近所の堤防からの観賞。
岡崎の花火大会は打ち上げ場所が2ヶ所あるのでどちらの場所も2ヶ所の花火をきれいに見ることは出来たのですが3~4km離れているので下の方が見えない。
ということで今年は自転車でメイン会場まで行ってきました。
4kmくらいかな?
あっという間です。

開始直後はまだ日が暮れていないので若干青空の中の花火

こんな時間からこんな贅沢にあげちゃうの?と思ったら後ろの方でも音がして、もう一つの打ち上げ場所からも上がっていました。
最初に陣取った場所では両方が見られないのでメイン会場周辺を歩いてみることに。
岡崎の花火は定住型ではないようで??動き回っている人多数でした。
我々のように岡崎花火初心者でどこで見たら良いかわからない人が多いのかも?!

乙川に掛るR248の明神橋を渡ってメイン会場の対岸 は少し狭いのでほぼ身動き出来ず。
なんとか抜け出して県道483の殿橋でメイン会場側に戻ってきた川岸がなんとか仕掛けも見えるし2ヶ所の花火も見られたので最後はこちらで。
このあたりが桟敷席のようでした。
でも桟敷は48000円/6名なうえに抽選会に直接行かないといけないようで敷居高すぎ!

来年もここにいるようなら、最初からこのあたりで鑑賞しようかな。

結局最初から最後まで見てしまった。
帰りも会場付近は混んでいたけど抜けてしまえば自転車なので楽々!
屋台が混みすぎていてビールと唐揚げ食べただけだったのでアピタによって買い物して帰宅しても22時でした。

IMG_20170805_193708.jpg
2ヶ所から打ち上げがあり、メイン会場近くでは仕掛けやら手筒花火やら。。。
2時間花火三昧でした。 


最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR