2016-10-30(Sun)

日向山

日曜日は蓼科山に行く予定だったけど雲が掛っているし風が強いみたいなので2年前にも行った日向山へ。 

 2年前の記事はこちら → 

蓼科山、これだけ蓼科方面に来ているのに未踏の山だったりします。
来年こそは~

A別荘@蓼科を7時少し前に出て登山口の矢立石に到着したのは8時少し前。
駐車場が一杯だったので少し奥の道路脇に。
下山する頃はかなり下まで路駐の車で一杯でした。

8時10分に出発。
今回も前回と同じく林道歩いて錦滝から登山道に入って日向山へ。
下山は林間の時計回りのコース。

登山口(矢立石)1120M
日向山     1660M


161030-02.jpg 
通行止めのゲートの脇を抜けて。
危険箇所はありませんが、この日は靴が濡れない程度ですが水がそこそこ流れている場所が多々ありました。

161030-05.jpg 
20分程で錦滝の東屋到着。
ここで小休止。


161030-10.jpg 
錦滝

この先は登山道です。
距離はあまりないのですが500M程を一気に登るので一気に足が痛くなる(涙)
ちなみにこの日はトレランシューズなので靴はいつもに比べて軽いはずなんだけど。。。

161030-12.jpg 
ロープと鎖場が少々。
なくても登れますが、あるので活用。

161030-20.jpg 
この階段、段差が狭いので気を抜くとずりおちそうになります。
ので一歩一歩慎重に。

161030-23.jpg 
紅葉は終盤かな?

161030-28.jpg 
林間抜けると100M程は砂歩き。
これも足には厳しい!
そして、、、わかってはいたけど霧・霧・霧~

で、ここから更に5分程歩くと山頂です。

161030-41.jpg
山頂到着は9時30分。
20分程休憩してからお楽しみのトレランでの下山♪

 161030-46.jpg
あっという間に下山。
30分くらいで車到着。

161030-53.jpg
そして下山後は尾白の湯。
ちょっと高いけど(820円)気持ち良い湯。
朝一なので空いているかと思いきやそこそこの賑わい。

161030-56.jpg
お昼はまたまた日向山とはセットになっているといっても過言ではない(笑)卵かけごはんの尾っぽに亭こっこさん。
161030-58.jpg
左上の手羽先は別オーダーの120円也。
こちらは大盛りで700円。
普通は600円です。

食べ終わってもまだ12時。
久しぶりに八ヶ岳のアウトレットに。
でもどうせ小淵沢行くのならあれ買わねば~ってことで ↓

161030-60.jpg
小淵沢駅で駅弁の元気甲斐ゲット!
夕飯にしましたがやっぱりおいし~







スポンサーサイト
2016-10-29(Sat)

秋の蓼科

今年も恒例のA別荘@蓼科な週末。

161029-03.jpg
別荘地にある木々は紅葉しておりました 

161029-08.jpg 
お世話になったA別荘

寒いので今回はお鍋。
T夫妻が準備してくれたお鍋は3種類。
161029-09.jpg 
鶏塩と鶏味噌(石川県のもの)とキムチ。
あっという間に食べ終わってからは延々と飲みは続き。
今回は不調で22時には就寝。
夜中に目覚めればまだまだ酔っ払い達は盛り上がっておりました(笑)

2016-10-23(Sun)

鳳来寺山

たけ母の70歳のお祝いで名古屋で会食。
そのままお泊りしてきたので翌日は義母のリクエストの鳳来寺山へ。
同じ愛知県でも東部と西部、離れているので殆どいったことがないとのこと。
小学校の遠足以来だと言ってました。 
私は静岡県民でしたが近いので年に一度は行っていましたわ、子供の頃。
大人になってからはツーリングで三遠南信行くことが多かったので行くことは無いけど近くをちょくちょく通ってましたわ。

たけさん実家の岩倉市を7時に出て新城IC降りたのは8時半。
取り敢えず道の駅とJAによってお買い物。
新鮮な柿と新米ゲット、そして愛知県東部っぽくうずらとうずら専用はさみもゲットしちゃいました。

 161023-04_2016102414213789e.jpg
表参道入口の無料駐車場に車をとめて参道を1km程歩いてから1425段の石段登って鳳来寺本堂を東照宮へ。
義母、70歳ですが登りきました!

161023-16.jpg 
本堂に到着したら青空も。
風が気持ち良かった。
登る時は殆ど人に会いませんでしたが本堂はたくさんの人。
石段登らずに車で来てしまう人が多いようです。

161023-32.jpg 
下山後はおかめ茶屋さんで五平餅♪

161023-33.jpg 
みそおでんは50円

161023-34.jpg 
五平餅は250円
大きすぎず、小さすぎずで甘めのお味噌は私好み♪

さらに義母のリクエストで日帰り温泉は梅の湯。
こちらは比較的新しく(といっても20年くらい?)、施設はきれいなのですがあまり温泉感が無いとの情報だったので入ったことが無くてお初でした。
このあたりにくるとゆーゆーありーなだったので。
161023-35.jpg 
きれいで空いていました。
わずかにつるっと、、、してるかな?

うめの湯の奥には乳岩という名勝地もあるのですが義母が疲れているようなので今回はスルーしたけど楽しかったような記憶があるのでこちらはまたの機会にでも。

このあたりから岡崎だったら高速使えば1時間ちょっとなのですが義母送るのでまたまた岩倉へ行ってから帰宅。
でも新東名のおかげでそれほど時間も掛らず。

久しぶりに鳳来寺山の石段登りましたがなかなか楽しい。
更に奥にも続いているので乳岩とセットで紅葉の季節にでも行けたらいいな。
来月は 鳳来寺山もみじまつり が開催されるようなので。
2016-10-17(Mon)

登山靴

登山靴とトレッキングシューズを併用していて登山靴は結構ハード目に歩く場合のみなので年に1、2回しか使わない。
今年お初の登山靴は甲斐駒で、と使ったら1時間もしないで異変が。
ソールの崩壊(涙)

161016-038.jpg 
テーピングで応急処置すると剥がれ始めたらスリッパはいているようなフワフワ感。
これはいかん!と登頂断念(涙)
ま、お天気良くて360度の景色堪能出来たから良しとしよう。
そしてリベンジを~!

shoes.jpg 
ソールの無い登山靴。
これで下山してきたのだ。
油断するとつるりと滑る。
雨じゃなくて良かった。

shoes2.jpg
購入したのは7、8年前。
今はなき(3年ほど前にお店行ったけどなくなっていて電話も通じないので)静岡市のカジワラさんで購入した登山靴はHANGWAG(ハンワグ)のもの。

比較的近くの刈谷市に修理に出してみます。

2016-10-16(Sun)

敗退!甲斐駒ケ岳

日曜日は甲斐駒ケ岳へ。

数年前に甲斐駒と仙丈ケ岳を土日で登ってしまおうと登山計画を建てたはいいが雨で中止。
その後も日帰りで何度か狙っては断念だったので確認するのは登山道の安全とバスの時間だけなので計画的には楽でした。

土曜日の夜に出発して道の駅『南アルプスむら長谷』で車中泊。
バスの始発は6時5分なので5時くらいに出発。
10分程で到着すると既にチケット販売所には多くの人が並んでいる。
が、バスは次々と出るはずなのでのんびりと準備してチケット購入の列に並ぶ。
バスのチケットの販売が開始され、人数がまとまるとバスが発車している。
定刻よりも20分以上前なのに、、、ということでここは早く来るのが正解のようでした。
とはいっても我々乗せたバスも定刻前の6時には出てましたが。

バスは一般車両通行止めの林道(舗装路です)を50分程走って北沢峠へ。
途中、バスの運転手さんの観光案内なんかもあってなかなか快適。

紅葉はちょっと早いかな~林道は。
時々全てが黄色となって木もありましたが。

北沢峠では登山届を出してトイレに行ってから直ぐに出発。
仙丈ケ岳に登る人の方が少し多いようでした。

登山の様子はこちらで → 

161016-001.jpg
仙流荘前のバス停。
建物はバスチケット売り場です。
購入して右の列に並んでバスに乗ります。
かなりスムーズ。

161016-003.jpg 
最初は林間。
結構急な登りなので息は切れるし暑いし。
そして登山靴のソールは崩壊するし(涙)

161016-012.jpg 
目指す山頂、甲斐駒ケ岳が見えてきた!

161016-030-1.jpg 161016-034.jpg 
8合目からは直登(黒)と巻き道(赤)に別れます。
もちろん我が家は直登へ。

161016-037.jpg 
こんな感じ(ちょっと大げさなだけど最初は結構な斜度でしたよ)。
少し登ってソール崩壊がかなり深刻になってしまったので私は下山。
たけさんは一人山頂へ~

161016-038.jpg 
崩壊した登山靴を取り敢えずはテーピングで。
その後下山途中のおじさまに結束バンド頂き巻き道進むも結束バンドでも誤魔化し切れず敗退です。

161016-084.jpg 
途中でソールは全て剥がして底なし状態で下山。
特に石や岩は滑るので慎重に。

161016-092.jpg 
岩場で一回転倒したけど怪我も無くなんとか北沢峠に到着しての笑顔です(笑)

バスは13時5分の後は16時。
ただ、臨時で15時には出るとのことだったけど待ち人多しで14時少し前にバスが出発。
予定よりも2時間も早く車に戻れました。
なかなか融通の効くバス会社のようです。
帰りもバスの運転手さんの軽快な観光案内があったりして寝ることも無く駐車場到着。

161016-097.jpg 
高遠のさくらの湯へ。
15年以上前に入った時はただの単純泉なイメージでしたが今回入ったらつるっつる。
なかなか良いお湯でしたが混雑するようなシーズンは洗い場少ないので大変かも。

161016-098.jpg  161016-099.jpg
そして伊那(もしくは駒ケ根)といえばソースかつ丼。
時間が早かったので青い塔で開店17時に並びました。
イベントあったようですごい人でオーダーしてから30分ほど待ちましたが大満足なソースかつ丼。
伊那といえばローメンのイメージだったけどすっかりソースかつ丼ですね~

バスで早く戻ることが出来たので夕飯食べても20時には岡崎到着。
山頂行かれず残念でしたが、お天気に恵まれ今年も楽しい秋山登山が出来ました♪
でもいつかリベンジ!甲斐駒ケ岳。


 
2016-10-14(Fri)

みそおでんの素

みそおでんの素発見。
中部地方での販売らしいけど静岡県にもあるのかしら?
今度ホルモン鍋する時に使ってみよう♪

2016-10-10(Mon)

宝永山トレッキング

姪っ子x2名と夏に富士登山を計画したけど悪天候で実施出来ず。
折角登山道具買ったのでどこか行きたいってことだったので富士登山気分も味わえる宝永山へ。

6時に浜松SAで合流して8時半には到着したけど上段は車が一杯。
富士山人気なのか三連休だからなのか?

9時に五合目登山口からスタート。
少しだけ富士登山っぽさを味わったら六合目からはそのまま東に向かって宝永山へ。
車の半分はこちらのトレッキングなのかな?結構な人出でした。

IMG_20161010_090251.jpg
登山口にあった看板でルート確認。

DSC02330.jpg
雲が晴れると富士山頂も。
来年は登れるとよいね~

DSC02346.jpg
宝永山はトレッキングの人達で賑わっていました。

DSC02356.jpg
山頂に続く稜線に出るとすごい風。
丁度富士山頂方面の雲が切れたので写真撮影だけして逃げるように下山。

DSC02358_2016101114185088d.jpg
来年はあの頂きへ!

トータル三時間程のトレッキングですが姪っ子達も満足したようで。

次回はトレランで。

登山の様子はYAMAPにて → 
2016-10-02(Sun)

八海山に登る

1日目に魚野川を下って魚沼の夜を楽しんだら2日目はのんびり、が恒例だったけど折角はるばる新潟までやって来たので違う遊びでも、ってことで八海山に。

6時前に起きて移動。
ロープウェイ乗り場には7時に到着。
少し仮眠してから朝一の8時の便で山頂駅へ。

登山の詳細はこちらで → ☆(YMAP)


161002-003.jpg 
ロープウェイで行かれるから楽勝なのかと思っていたらくさり場たくさんのエキサイティングな山でした。

161002-020.jpg 
最初は楽勝なくさり場から。

161002-028.jpg 
千本檜小屋が見えてきた。
標高差はそれほどないので千本檜小屋までならばそれほど大変ではなく。

161002-034.jpg 
昨日下った魚野川!

161002-066.jpg 
どこを進むんだろう?って感じです。

161002-134.jpg 
くさり場を登りきって一安心。

161002-093.jpg 
たまには二人で。

161002-101.jpg 
登りがあれば下りもあるのだ、ここは結構長いくさり場だったけど足場しっかりしているので問題無くクリア。
161002-111.jpg 
紅葉はあと少し、かな。

161002-152.jpg 
最後の大日岳の後、う回路直前の下り。
ここは足場がよくわからず、崩れやすく滑りやすく一番びびりました。
でも後戻りは出来ないので頑張りましたよ!

161002-155.jpg 
う回路とはいえども侮れない場所ばかり。
どきどきしながらの下山でした。
13時のロープウェイで下山してまずは温泉。

161002-176.jpg 161002-177.jpg 
六日町にある公衆浴場『湯らりあ』
南魚沼市六日町392-3
400円
新しい施設、そして昼間なので空いていました。
源泉掛け流しの単純泉。
やわらかくてなかなか良い湯でした。


161002-178.jpg
ちょっと戻って雷電様でお水を頂く。 → 
なかなか豪快に出ているので直ぐにタンク一杯に。
魚野川近くの浦佐駅にも湧水あるようなので次回はそこで → 

 161002-179.jpg
更に通り道にあり気になったお肉屋さんで生ホルモン購入。
それと揚げたてのメンチカツ。
今まで食べたメンチカツの中の一番かもってくらいおいしかった(年に1、2回しか食べないけど)。

161002-175.jpg 
お昼ご飯は行動食のドライフルーツケーキとメンチカツだけだったので少し早目に夕食を。
津南でソースかつ丼。
ソースって感じの味ではないけど肉にしっかり味がついていておいしい。
が流石にメンチカツでお腹一杯になっていたので半分はお持ち帰り。
翌朝、グリルで温めただけなのにカリっとしていてまだまだおいしい。

信州豊田で高速に乗ったのは18時。
頑張って21時少し過ぎに岡崎帰着。
遠かったけど楽しかった。
2016-10-01(Sat)

魚野川下り~遡上は見られず~

恒例の魚野川下りはことしも鮭の遡上狙いでこの季節に。
以前よりも少し遠くなったけど、年に一度は必ず行きたい 桜田 魚野川(笑) 

金曜日の22時に岡崎出発。
中央道は雨が降っていたのでそれほどスピード出せず。 
頑張って深夜1時に安曇野SA。
ここで仮眠。 
5時に起きて魚沼市へ。 
今年も野沢温泉で朝風呂は余裕がなくて出来ず、でした。 
7時に到着したので朝食食べてから少し仮眠してから集合場所の河原へ。
今日はお昼はラーメン食べたいので急いで準備してスタート地点の八海橋へ移動。


 


161001-02.jpg 
鮭見たいのでインフレータブルで参戦 
メンバーは特使・Wさん、T夫妻、我が家と6名3艇
Iさんは毎度ながらのお留守番

我が家もWさんもポンプ忘れると言う失態!
特使が同じアタッチメントだったので助かりました~
艇は外、ポンプは室内保管なのですぐに忘れちゃう。。。 

 

161001-06.jpg 
例年通り八海橋からスタート
連日の雨で濁っているかな?と思ったけど水はきれいでした

161001-15.jpg
水が多くて流れているのでインフレータブルでも楽しめる



DSCN4357.jpg
こんな穏やかな場所でも流れがあるのでそれほど頑張らなくて進む進む



161001-19.jpg
八色大橋下流はやっぱりポーテージ
下からの指示があればなんとか通過出来るかも(艇が傷つく可能性高そうだけど)



161001-23.jpg
やな
この下流に昨年は鮭がうようよだったけど今年は皆無(涙) 残念!



161001-27.jpg
で、お昼は地元のKさんお勧めのラーメン『土佐屋』さんで背油ラーメン
食べても食べても出てくるチャーシュー
おいしかったけど背油はちょっとくどいので次回はノーマルで。



161001-28.jpg
地域現地とのことで購入したルマンドアイス
値段も見ずにレジに持っていったので価格聞いてびっくり!
225円(税抜き)
おいしいけど次はないかな。。。



161001-46.jpg
そして夜は地元の方と一緒に桜田で宴会!



161001-49.jpg
本日のメインはおでん!
これがテーブルにでーんと置かれていて取り放題、食べ放題(残りはお土産に♪)

毎回違うメニューで楽しめる桜田!
日本酒は地元の酒屋さんからの差し入れで選び抜かれたおいしいものばかり。



161001-57.jpg

2次会は浦しまでカラオケ~
2時間ほど楽しんで解散となりました

相変わらずの濃い夜でした♪
最新記事
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR