2016-07-24(Sun)

童心に帰る

気田川で簡単な朝食を済ませてからつちどーらんど@森町に移動。

まずは流しそうめんの準備から。
到着時、竹は既にセッティング済み。
そうめん茹でれば直ぐにでも出来そうな状態だったけど、まだお昼には時間があるから川遊びしたり残りの竹でおはしやつゆ入れ作ったり。

160724-003.jpg 

160724-004.jpg 
流しそうめんは食べるよりも流すほうが楽しかったりして(笑)

流しそうめんやかき揚げなどを頂いてお腹一杯になったら川遊び。
160724-012.jpg 
ここを遡ります。

160724-028.jpg 
はしゃぐおじさん達(笑)

160724-038.jpg 
ここがゴール。
ここまで遊びながらで50分くらい。

160724-041.jpg 
大人6人と子供1人で川遊び満喫。

童心に返った夏の一日でした
スポンサーサイト
2016-07-23(Sat)

気田川でSUPと奉納花火大会

今年も秋葉神社の奉納花火大会にあわせて気田川でカヤック&キャンプ。
今回は6名でこじんまり。
その代わりなのか(笑)久しぶりの気田川リバー友達に再開出来た土曜日でした♪

川下りは8名5艇で

160723-033.jpg
T夫妻@東京はいつものインフレータブル
 

160723-034.jpg
手前はいっちゃん@宇都宮とブラック氏@松本。
相変わらずいっちゃん寝てるだけ(笑)
奥はたけさんのリバー艇に乗る私です。
たけさんのリバーカヤック、最初は漕げるかしら?と思ったらとっても安定性があって漕いでいて楽しくなってしまった。
そしてパドルも。
私のは20年くらい前のものなのでリバーカヤック用としては若干長すぎて(その頃は適正な長さだったんだけど)扱いにくいのだ。
リバーカヤックの買い替えは無理だけどパドルだけでも買い替えようかな。。。

160723-018.jpg
15年来のお友達、Kさん@富士はご夫妻で。
(川下りのみでキャンプは別の仲間たちと)

160723-003.jpg

160723-040.jpg
我が家は今回はリバーカヤックで下る予定だったけどKさんがSUP持ってきていたのでそちらをお借りして、たけさんのリバーカヤックとSUPで交代しながら下ることにしました。
この日の気田川は若干水量足りなくて穏やかなのでSUPが丁度良い感じ。
めちゃめちゃ楽し~♪


160723-042.jpg
久しぶりの気田川ブルー。
泳いでいるあゆがくっきりみえてました。
久しぶりにコイも見た。
釣り師はそこそこいましたが皆さん竿をあげてくれて文句も言わずに通してくれました。
ありがたや~

160723-037.jpg
この日の川下りは4、5グループかな。
我々の出発前にクリークサウンドとスプリングフィールドさんのツアーが下っていきましたが、プライベートツアーは我々ともう1組くらいかな?
こんなきれいな気田川ブルーなのにもったいない!と思ったけど以前は6月から8月は釣り師がたくさんいたので川下りはしてなかったよな~

 160723-046.jpg
ぼろバスは左は倒木があって危険なので通行不可。
頼みの右側は水量不足で下れる。
なのでここはポーテージ。
足首くらいには水量あるのでカヤック持ち上げる必要はありませんが。

この手前の落差のある瀬(石がごろごろしているところ)は右は水量不足で通行出来ず、左はこの日はなんとか下れましたがやっぱり水量少なくカヤックが石と石の間に挟まってしまって抜け出すのが大変でした。 
浅いので石に挟まった時点で艇から降りても危険はないのですが。
下った先は右の流れがない分合流地点は穏やかでしたが。

この日は下社前の河原を11時20分ごろにスタートして青橋到着は14時20分頃でした。
いやぁ~楽しかった!

この後はいつものようにすみれの湯でさっぱりしてからのんびりと夕食食べて花火観賞。
花火大会は年々人が増えてきているけどまだまだ余裕で鑑賞できる♪

160723-053.jpg 
我が家はぴたぱん(既製品)と焼き豚
かなりボリュームあって1つでお腹一杯になってしまった。

160723-052.jpg 
いっちゃんはまさしの餃子。
絶妙な焼き具合で相変わらずうまうま~

160723-054.jpg 
ブラック氏は大量のお野菜とこちらの挽肉料理。
パンやお野菜にのっけて頂きました。
味付けは焼肉のたれ。
これはお家で真似してみます。

160723-055.jpg 
T夫妻は野菜とウィンナーのカレー炒め。
お酒のつまみにぴったり。

160723-056.jpg 
Kさんたちのところに餃子持っていったらスイカを頂いてしまいました。
甘くておいしい~

160723-049.jpg 
ちなみにビールはこちら♪
今回は気温が低めだったので最後まで氷も溶けず冷たいビールを頂けました。
食前は1杯でふらふら~っとなりましたが、花火のあとの2次会ではぐびぐびと。
久しぶりにビールたくさんのんじゃった。

160723-057.jpg 
奉納花火大会は19時半から1時間ほど。
今年は豊川のグループの手筒花火でした。
相変わらず迫力!
打ち上げ花火は相変わらず途中で眠たくなってしまう(笑)

23時頃まで飲んでましたが雨が降り出してきたので急いで撤収して就寝。
雨は直ぐに止んだようで起きた時にはテントも外に出していたテーブルも特に濡れてはいませんでした。
涼しい夜だったので明るくなるまではぐっすりと眠れましたzzz




2016-07-08(Fri)

ただいま

7月7日(木)
目覚めると昨夜の揺れと音はうそのように静か。
若干うねりは感じるけれど酔う程でもなく。
良く寝て元気になったので本日も仙台で下船してお散歩。
10時から12時15分までと時間もたっぷりあったので15分程あるいてアウトレットに。

夏のバーゲンやっていてお買い物気分になったけど、土岐や長島にも同じようなお店あるのでここで買う必要もないか~ってことで早めのランチ。
IMG_20160707_111400.jpg 
ぴょんぴょん舎の冷麺。
やっぱりスイカは頂けないけどおいしい♪(好みの問題です)

午後は読書したりテレビ見たりして過ごす。

7月8日(金)
朝から霧で御前崎とか伊良湖岬とか近いはずなんだけど全く見えず。
セントレア近くで飛行機の離発着見ていたらスナメリらしきものを2回。

定刻の10時30分、名古屋港到着。
下船するとムッと暑く、小雨も。
天気予報だと曇りなので雨具無しで走行。
直ぐに雨は止んだけどこの蒸し暑さは治まらず。
名古屋市内抜けるまでは信号や渋滞で進まないし(涙)
刈谷あたりから漸く快適走行になったけど信号でとまるとやっぱり暑い!
なんとか12時前に岡崎の自宅到着。
自宅もやっぱり暑かった~


今回の北海道ツーリングの走行距離は1950kmでした。

2016-07-06(Wed)

北海道Day9 積丹ブルー、そして さよなら北海道

19時の苫小牧発のフェリーで北海道をあとにする本日。
羊蹄山方面か積丹かで悩んで朝を迎えたらどんよりとした空に寒さ。
これじゃ積丹ブルーは無理かな~と思ったら『このあたりは山が近いからこんな天気だけど積丹方面は大丈夫じゃないかな』とのことだったので積丹へ。
2時間程で到着。

IMG_20160706_103735.jpg 
まずは島武意海岸
ここは2012年の夏にカヤック出来た場所

2012.jpg 
2012年夏の海上からの画像です
この日は曇っていて漕ぎやすい天気だったけど水の色はイマイチ。

IMG_20160706_110617.jpg 
続いて神威岬
だんだんと晴れてきた!

IMG_20160706_111548.jpg
駐車場から15分程歩くと神威岬
青空が広がってきた

IMG_20160706_111628.jpg
下見たら積丹ブルー♪

こちらは更に昔の2008年の夏に漕いだんだけど雨に風で取り敢えず神威岬行っただけ~みたいなカヤックでした。
そんな天気でも積丹ブルー健在でしたよ。

img1467775625556.jpg
積丹の〆は当然ウニ丼@大島
完食とお財布が心配で(笑)白うに丼(赤うには倍以上のお値段なのだ)。
希望としては赤・白・イカソーメンの三色丼。
いつかおばちゃんにお願いしてみようかな~

IMG_20160706_132850.jpg
こちらは札幌のお友達から教えてもらった『フゴッペ洞窟』。
洞窟遺跡で200にも及ぶ刻画が展示されていました。
立派な箱ものなんだけど展示方法がちょっとザンネン。
なかなかすてきな刻画なんですけどね~。

この後は一路苫小牧へ。
やっぱり風が強いので札幌近辺のみ高速入ってあとは下道で。
17時少し前に到着。
18時頃に乗船。
動きだしたら結構揺れる。。。
ので本格的に揺れる前に就寝zzz

本日の走行距離 300km

2016-07-05(Tue)

北海道Day8 札幌へ

今晩は札幌へ。
同期だった友達のお家に行くのだけど21時の約束なので時間はたっぷり。
ぬかびらから南下して道東道をちょっとだけ使いながらも下道メインで、と思っていたけど南下する程に雲行きが怪しくなり。

img1467843810231.jpg
こんな青空だったんだけど。
ちなみにここには『熊注意!』の看板がありました~

この後急激に霧が立ち込めてきたので思い切ってUターン。
三国峠通って旭川経由で札幌に行くことに。

再びぬかびら温泉通過(笑)


img1467843857943.jpg 
タウシュベツ橋梁 → 
ほんのちょっと出ている程度でした。
そして展望台までの500M程の遊歩道場には熊が出没したという看板が。
2ヶ月ほど前のことのようです、怖~

img1467843918915.jpg
三国峠は雲多いながらも展望良く。
ここでお話した首都圏から来たおじまさはフェリーが一緒のようで再会を約束してお別れ(おじさまは帯広に)。

お昼少し過ぎに旭川に着いたのでスープカレーを。


img1467802906857.jpg
奥芝商店・旭川店へ。(再訪)
実は今晩お世話になる札幌の友達のお家の近くにもあるのだけどそちらはランチ営業のみ。
ざんねん!
12時40分頃に到着したら満席で『40分くらいです』と言われたので待ったけど40分経っても一向に待ち人減らず。
その時間に他に移動するのも大変なので結局待ち続けて食べ終わったのは14時半過ぎてましたよ。
もう行かないかな、ここは。 
そこそこはおいしいんだけど、これだけ待たされるとおいしさも半減。

結局旭川を出たのが15時。
高速でぴゅーんと札幌までとも思ったけど風が強くてとても高速走れる気がせず。
国道でも時々あおられちゃってたので。

2時間程国道走って三笠から高速乗って札幌まで。
風強くて寒くて冷え切ってしまったので札幌入ってからスーパー銭湯でさっぱりしながら時間調整して友達のお家へ。

初めてだったので無事に行きつくか心配だったけど友達が道路に出ていてくれたので無事到着。
ご主人と小学5年生になった長女ちゃんに迎えてもらってまずは三人で。
でも流石に小学5年生は明日も学校、ご主人はお疲れのようで早々に就寝されたので二人で真夜中まで積もる話をしてから就寝。
久しぶりに自宅にいる感じでゆっくりと寝られましたzzz

本日の走行距離 325km

2016-07-04(Mon)

北海道Day7 初めての雨のツーリング

川湯温泉で皆さんとお別れ。
今晩はぬかびら温泉に宿泊だけどダイレクトに行ったらお昼過ぎには到着してしまうので帯広によって豚丼&コインランドリー。
帯広の豚丼といえばぱんちょうなのですが、月曜日はお休み。
営業日・時間的に未だ行ったことは無く。
(前回の帯広で豚丼の日は月曜日。 そして前々回は夜だった。)
2回ほどいったことのあるいっぴんさんへ。
マップ検索していたら近くにコインランドリーがあったので洗濯しながらランチ出来そうだったので。

川湯温泉でのんびりと荷造りして9時頃に出発。
R241を東に進み高度が上がる毎に風が強くなり寒くなる。
そして霧が出始めて寒さマックス!
我慢できずに雨具を着て走りだしたら霧が霧雨になり、阿寒湖に到着する頃は本格的な雨。
晴れていたらシゲチャンランドかオンネトーで温泉&螺湾ぶき(日本一といわれる大きなふきが群生している場所があって7月中旬が見頃なのですが、見頃には見たことがないので)と思っていたけどそれどころではなくほどの本降りの雨(涙)
冷たくて久しぶりに手がカジカンデしまった。
松山千春の出身地・足寄に着く頃に漸く雨は止み。
靴下まで濡れてしまったのでコンビニによって靴下履き換えてホットコーヒー飲んだら元気になった。
このままぬかびら温泉でもよいかな、って思いながら走っていたけどやっぱり帯広行っとこう。

ということで13時頃に漸くいっぴんさんへ。
IMG_20160704_133909.jpg 
疲れていたのでぺろりと完食(ご飯少なめだけどね)。
コインランドリーで洗濯も終了。

時間があったので柳月さんのスイートピアガーデンに寄ってプリンとコーヒーを頂いてからぬかびら温泉へ。
IMG_20160704_150157.jpg 


img1467843712255.jpg
ぬかびら温泉の中村屋さんに宿泊。
こちらはTさんお勧めのお宿なのです。
ぬかびら温泉は立ち寄りしたことはあるけど宿泊は初めて。

古い建物ですが、すてきにメンテナンスされていました。
廊下にはところどころに古い家具などがセンス良く置かれていて建物内散策だけでも楽しい。

 img1467843592501.jpg
夕食も朝食もとてもおいしくて大満足なお宿でした。

本日の走行距離 245km
2016-07-03(Sun)

北海道Day6 川湯温泉近郊ドライブ

ホテルのチェックインまで時間がるのでTさんの車をお借りしてドライブ。
免許証持ってきているのは私だけなので当然のようにドライバー。
運転は好きだけど、睡眠不足なのがちょっと心配。。。

取り敢えずは昨日歩い道を車で。
あっという間に900草原到着。

img1467529398205.jpg 
お昼にはかなり早かったけど、昨日食べられなかった鹿バーガーを頂く。
(道の駅の売店と経営が同じで道の駅でも食べられたんだけど、私はソフトクリーム食べちゃったので)
鹿といわれないと鹿とはわからない鹿バーガー。
おいしかったよ。
そして昨日は夜だし雨だしで全く見えなかった牧場と建物をしっかり見てきました。
ここ、夜間到着はもったいない!

IMG_20160703_121009.jpg
続いて行く手を遮られた(笑)摩周湖。
何度めだろうか。
5回目くらいかな?
快晴の摩周湖が多かったけど今日は雲たっぷり。
これはこれでステキな景色。

IMG_20160703_133823.jpg
続いて神の子池
こちらは2回目。
整備されていて回りやすくなっていた。
曇天なのにクリアできれい~
こちらは弟子屈町ではなくて清里町でした。

DSC02086.jpg
こちらはお初のさくらの滝
サクラマスの遡上が見られるのはこの季節だけ。
予想以上に楽しかった。
この時期にこのあたりにくるなら(6月から8月)必見です。

IMG_20160703_140435.jpg
最後は裏摩周。
ここも2回目だけど。。。3回目はないかな(笑)

ちょっと眠たくなってしまったので15時にはホテルにチェックインして温泉入ってのんびりと。
流石に3時間弱の睡眠でのドライブはきついですね。
Mちゃんが寝ずにお話してくれていたので助かりました!

そして夜は後夜祭にも参加。

IMG_20160703_180447.jpg
BBQに飲み放題。
そんなに飲まないから街の食堂でもよかったんだけど(もしくはホテル)今回はお世話になったTさんがこちらに参加するのでTさんとの飲み会ってことで。
どこも内輪な感じでまとまっていたので特に他の参加者との交流は無く。
でも久しぶりのTさんとの飲み、楽しかったです。
その後はホテルに戻って勝手に2次会(笑)
こちらは深夜まで女子トークは続きましたが睡眠不足と運転疲れで早々に布団に入って寝物語で皆さんのお話をききながらzzzzzzでした。


2016-07-02(Sat)

北海道Day5 100km歩こうよ!大会@川湯 

100km歩こうよ!大会の当日。

天気予報では徐々に下り坂だけど起きてみると『なんとかいけるんじゃない?』って感じの天気。
雲が多いけど歩くには丁度良い気温。
メッシュ系の長袖Tシャツに半そでTシャツ。
トレラン用ザックにはゴアの雨具のパンツにモンベルの薄手のウィンドブレーカー。
ゴアの雨具の上着は夜到着予定のエイドに。
こちらには着替え一式も一緒に入れておく。
靴はトレラン用のもので。

7時頃にスタートとなる体育館に入り受付と開会式。
参加者は200名程のようです(HP探したのですが正確な参加者が見当たらず)。
11回目の大会で最多の参加者のようで手間取ることも多いのか、スタートは8時だったのに15分遅れの8時15分。
下り坂の予報なので逆に早めのスタートになるのかしら?とちょっと期待していたんだけど。

P7026240.jpg 
出発前の体育館内で。
受付時にバナナとおにぎり1つが配布となりました。

コースマップです。(大会HPより)
map.gif 

8時15分スタート。
まずまずの天気の中を歩き始める。
最初に頑張っちゃうとあとで疲れがきそうなので時速5kmを超えないようにのんびりと~

P7026249.jpg 
今回はAさんとMちゃんとの三人参加。
誘ってくれたのはこちらの大会の運営をお手伝いしている川湯在住のTさん。
Aさんが年初に声掛けしたときは6名参加で私はバイクで行けるんだったら行くかも~的な曖昧な回答したのみ。
Tさんには直前でも参加可能との話をきいたしフェリーの予約は2ヶ月前だし。
ということできちんと参加を決めたのは1ヶ月前。
私が参加を決めた時は私含めて3人に減ってしまってました。

前夜祭でTさんに弟子屈の町おこし協力隊のS君を紹介されてなんとな~く4人で歩き始め、途中の川湯の街中で関西のNさんという一人参加の関西の女性と会話してそのまま仲間に引き込んで最後まで。
5名で歩いたのだけど、初めましてのおふた方のおかげで道中いろいろと話が盛り上がり楽しく歩けました。 

IMG_20160702_090736.jpg 
硫黄山の駐車場。
この後は遊歩道を。
まだまだ良いお天気。

P7026264.jpg
2CP コタン共同浴場
こちらではお昼ご飯。
豚汁がおいしかった~。
20分くらい休憩。
このあたりから急激にお天気は下り坂へ~

P7026268.jpg 
午後になると徐々に雲行きが怪しくなってきて雨がぽつぽつ。
濡れたくないので雨具のパンツを履きました。

本格的に降ってきた頃に第3CPの道の駅摩周湖到着。
こちらでは駄菓子やおまんじゅう。
そして金券150円。
寒いけど、これ使ってソフトクリームとドリップコーヒー頂く。
生き返る~。
50分近くのんびりしていたらエイドクローズの30分前。
とはいってもエイドにはたくさんの人がいるし入ってくる人たちも。

見ていると雨具がポンチョって方も多くてこの先大丈夫?!と他人事ながら心配になる。
 
P7026272.jpg 
道の駅摩周を出発。
まだ17時少し過ぎたばかりなのでまだ明るい。

この後雨が止み、濡れているものが渇いてきた頃にトイレ休憩。
トイレが少ないうえに(こちらは男女合わせて1つ)雨具来ているので一人ひとりに時間が掛っていて晴れていたら5名で10分程で終わりそうなのに(トイレ多かったら5分くらいかな)20分以上掛ってしまうのが辛いところ。

P7026277.jpg 
結局30分程のトイレ休憩となってしまった。
薄暗くなり雨も強くなり(涙)
鼓舞するためにもなんとなく楽しげなポーズで(笑)

この後は暗くなるし坂道登るし、雨も風も強くなるしで苦難の区間。

第4CPの900草原に到着したのは20時近くになっていました。
この第4CPでは荷物を預けられるので着替え一式デポ。
着替えてすっきりしてから暖かいお食事を頂きました。

P7026278.jpg 
このお蕎麦の暖かさとおいしさは忘れないよ(笑)

すっかり生き返った我々は1時間以上経過した21時少し過ぎにこちらをあとにする。
といってものんびりしていたわけではなくて、更衣室が別の建物なので案内に時間が掛ったり、濡れた衣類を脱ぐのが大変だったりで急いでいてもこんなに掛ってしまったのです。
ほんとはここでマッサージしてもらいたかったんだけどね~。

ここをあとにする時、CPクローズまで40分くらいだったけどまだまだたくさんの人たちがいました。

で、この先はあまりにもすごい風雨で写真はありませんが。

摩周駅でトイレ休憩。
そこでS君、足が痛くてリタイア。
女性4名で歩きだしたけど、摩周湖への道路に入ると更に風は強くなり。
気温は18度と出ているけど雨具の中が濡れているNさんとAさんは結構寒くなってきたようで。
そんな頃に第5CPの風曜日さんに到着。
時間は24時。
たくさんの人がいるのでなんだろ?と思ったら大会は一旦ここで中断しますとのこと。
なんでもこの先の摩周湖近辺は強風で人命が脅かされる事態になる可能性もある、とのこと。
(枝が折れて人に当たる、風が強くて体温が奪われて低体温になる、など)

バスが来るまで40分程待ってスタートした体育館へ。
ちなみに私は最初からゴアの雨具だったし途中で着替えたので雨具脱いでも濡れていなくて実は最後は暑かったのだ!
第5CP入った時には冷えた炭酸飲料欲しかったくらい。
残念ながら冷たい飲み物は水しかありませんでしたが。

P7036282.jpg 
バスでスタート地点へ。
体育館に戻ると大会中止のアナウンス。
残念だけど仕方がありませんし、かなりの英断だと思いました。

ちなみにこういったことがあるとリベンジって思う私だけど、この大会に関しては無いかな。
歩くのきらいじゃないけどやっぱり走るほうが楽しいし、大金掛けてまた来たいとは思えない。
近かったら、、、ボランティア参加かな。

P7036283.jpg 
布団がなくてあたふたしたけどなんとか寝る場所確保。
AさんとMちゃんは着替えだけして直ぐに横に。
私とNさんは温泉に入って温まってさっぱりしてから就寝zzz
でしたが、5時には明るくなってきてざわざわしてきたので3時間も眠れなかった(涙)

とはいっても二度寝は出来ず。
大会の残りの食材を頂き朝食に。

こうして100km歩こうよ、大会は58km、16時間で終了となりました。
(距離は高低差がそこそこあるので81.8kmとなっていますので3/4は歩いたことになるんだけど残りの20kmは摩周湖までの登り。 ここが一番大変な区間らしい。)

IMG_20160703_081856.jpg 
閉会式後、越えられなかったゴール前で。


2016-07-01(Fri)

北海道Day4 シャチクルーズ@羅臼、そして川湯温泉へ

今日は楽しみにしていたシャチウォッチングクルーズ。
今年の座間味と南紀の鯨カヤックを手配してくれたOさんから羅臼でのシャチクルーズの話を聞いてから今回の北海道では絶対に行こう!と狙っていたのです。
例年だと6月がトップシーズン。
7月は徐々に見られる回数が減ってくるうえに通常でも見られる確率は昨年で24%程のようですが、今年は遭遇率がかなり高いみたい、ということで期待大!なのです。

IMG_20160701_083949.jpg 
ゴジラ岩観光さんでクルーズ
ブログもあります → 

IMG_20160701_085151.jpg 
少し前に出港したクルーズ船は大人数でしたが、こちらは5名。
空いていたので移動自由でどこからでも観察出来ました。

DSC02042.jpg
最初は霧が出ていたので、ぼんやりと見えるだけのシャチ。
シャチが見えるまでは15分から20分くらいの移動かな。

徐々に明るくなると船の回りはシャチだらけ!でした。

DSC02067.jpg 
クリアなので水中のシャチの白と黒の模様が見えていました(拡大してみてくださいね)。

DSC02069.jpg 
真横を泳いだり、船の下をくぐったり!

DSC02072.jpg 
5、6頭が横並びでのんびりと移動していることが多かったかな。

DSC02079.jpg
子供が遊んでいる親子もいました。
子供が反転したりしてかわいかった~。

なかなか満足なシャチ祭!でした。
心配していた船酔いは特になく、無事クルーズ終了。
ちなみに霧が晴れたら出港した羅臼の街が見えていたので2kmくらい沖に出ただけのようでした。
意外と近いので快晴だったら陸から見える、というのもうなずけました。

そのまま知床峠走って川湯に向かう予定だったけど熊の湯の駐車場はがらがらで空いていそうだったので立ち寄り。

img1467347438699.jpg
3年ほど前に来た時は湯が出ずにお休みしていた熊の湯。
無事に復活したようです。
4回目くらいかな?
ここは女性でも安心して入れます。
以前は熱かったように思いますがこの日は適温でした。


 img1467347333310.jpg
知床峠のPAで羅臼岳と羅臼の海を。

お天気がよいので川湯温泉の回りをぐるりとツーリングしてから、明日から弟子屈で開催される 100km歩こうよ、大会 に参加の為に川湯温泉へ。
ここで一緒に歩くAさんとMちゃんと合流。
今日と翌々日は川湯観光Hさんにお世話になります。
翌日は歩いている予定なので宿は無し、なのです。

IMG_20160701_183108.jpg
前夜祭に参加。
大会のお話が聞けるかと思ったらちょっと違っていて、この大会開催することになった過程やら地元の子供たちの太鼓やら、でした。
 私的にはこちらは参加しなくてもよいかな~な内容でした。お値段もそこそこだしね。

IMG_20160701_183615.jpg
カニがメインのブッフェ。
アルコールもたくさんありましたが明日が大会なのでそれ程飲めず。

ちなみにこの大会は今回で11回目とのこと。
その割には街全体での盛り上がりがイマイチ。
前夜祭会場前の郵便局に垂れ幕があったくらいで街のどこにも大会を思わせるものはありませんでした。
(勝手に長野の小布施マラソンをイメージしておりましたので。 こちらは施設エイドがたくさんあって街全体が盛り上がっているぞ!って感じでしたので。)

20時頃にホテルに戻って明日の準備をして温泉に入って早めに就寝zzz

本日の走行距離 210km




最新記事
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR