2015年夏 隠岐シーカヤックの旅 旅の軌跡

シーカヤック
08 /24 2015
スポンサーサイト

2015年夏 隠岐シーカヤックの旅 その4

シーカヤック
08 /24 2015
8月14日(金)7日目 漕行距離23km

青空!
まだ少し波は残っていそうなので船酔いが心配だけど青い海に青い空にテンションアップ♪
150814-002.jpg
初日のように青い海~


150814-099.jpg
岬を超えたら波高し
うねりがあるので船酔いが心配だったけど無事にクリア!と思ったらMさんは船酔いしていたそうです


150815-03.jpg
最後の夜は耳浦キャンプ場
1000円/テント
大きさは関係無いようです
そしてサイトはないので適当に(笑)
午前中に到着したので比較的良い場所確保
炊事等はありませんがシャワーにトイレは新しくてとてもきれいです
9時から17時までいる管理人さんがとてもきれいにしているようです

耳浦の手前でたけさんがひらまさを釣りあげたのでお刺身にしてお昼ご飯に。
午後は西ノ島の最東端の冠島目指しました。
洞窟たくさんあったけど、まだ波があるのであまり入れず。
途中でシュノーケリングしたりして17時過ぎに耳浦帰着。

最後の夜も楽しく終了。
この日も寒くて途中から長袖の雨具着て過ごしました。
寒いと言っても夏の寒さなのでテントで寝るには丁度良い気温でこの日も快眠zzz


8月15日(土)8日目 漕行距離8km
最後の日。
フェリーは16時15分なのでお昼くらいに帰着すればOKだけど片付けもあるのでいつも通りに8時頃に出発。
かなり波は落ちていたので昨日入れなかった洞窟や洞門を満喫して10時過ぎに外浜海水浴場へ。
夏らしい土曜日なので海水浴場はかなり賑わっていました。

150815-42.jpg
最後の日はこんなに良い天気♪

艇を上げて簡単に片付けてランチしに別府へ。

150815-47.jpg
はなという食堂であご味噌のせイカ飯頂きました。
あご味噌はおいしいけどまぁ、普通かな。

ランチ後は外浜に戻ってカヤックを車に積んで15時少し前に別府港へ。
めちゃくちゃ混むってことで早めに並ぶ。
取り敢えず船内は確保出来たけど横になれるほどのスペースはなくて交代でお昼寝って感じでした。


201508150246.jpg
帰りもくにがにて

201508150248.jpg
さよなら~隠岐

18時過ぎに七類港に到着。
ここでカヤックを我が家の車に積み替えて解散。
関西組は真っ直ぐ帰宅。
我が家は温泉、夕食食べて21時少し前に出発。
仮眠して帰ろうかとも思ったけど渋滞にはまってしまって仮眠どころではないので交代で運転して16日(日)の午前3時30分に帰着。
3時30分といえばキャンプ生活中は起床1時間前くらい(笑)
眠れるかな?と思ったけど直ぐに就寝。
でも早起きのくせは治っていなくて7時に目覚めてしまいました。

7泊8日のキャンプ生活&漕ぎは初めてだったけど夜はなかなか快適な気温だったし一日の漕ぐ距離が短かったこともあって最後まで元気に過ごせました。

今年も楽しい夏休みでした♪







2015年夏 隠岐シーカヤックの旅 その3

シーカヤック
08 /24 2015

8月13日(木)6日目 漕行距離12km

起きたら雨は止んでいたけど出発する頃は小雨となりました。
中之島から西ノ島に渡って船引運河を通って外浜海岸へ。

150813-10.jpg  
西ノ島に渡る頃には雨はぽつりぽつりに

150813-23.jpg
西ノ島大橋を超えれば間もなく外浜
でもこの先は真正面からの強風と雨でなかなか進めず。。。


外浜に到着することは徐々にお天気も回復傾向。
とはいっても風も波もあるので外海には出られません、ってことでこの後は西ノ島で観光。
簡単に片づけをして着替えをして車に乗ったのは午前11時。


 150813-30.jpg 
まずは昼食
にしわき鮮魚店さんでお刺身定食800円を頂きました
お魚はひらまさ


150813-32.jpg
いかよせの浜
手づかみ出来るほどに大量のいかがこの浜にあがることがあるそうです。
昔は毎年のようにあがっていたそうですが、近年はめっきりへって最近では平成18年にあがったそうです


 150813-36.jpg
漁業・海上の守護神が祭られている由良比女神社に参拝
明日以降の安全祈願です


150813-37.jpg
続いては山へ
焼火神社に参拝です
駐車場から山道15分くらいかな
この日は一番乗り?!下山時に2グループと遭遇

後鳥羽天皇が隠岐に流された時に御神火で導かれたそうで海上の守護神として信仰を集めているそうです



 150813-40.jpg
岩にめりこんだ社殿がすてきでした

最後は別府港で買い出し
まつやさんは丁度仕入れがあったのか品物豊富、お客さんも豊富でレジは大混雑。
雑貨、ビール、氷、パンなどなど殆どのものが揃います。


 150813-45.jpg 
あご天を買っておやつに
想像以上の小ささに2口で終了~


外浜に15時過ぎに戻ってきたけどやっぱり波も風も強くて漕ぎだせないのでこのまま外浜に宿泊。
夜は星空となりイカ釣りもしたけど釣果は無し。
かなり寒い夜でしたが、2日間いびきで寝られなかったのでこの日はぐっすり~zzz







2015年夏 隠岐シーカヤックの旅 その2

シーカヤック
08 /24 2015
8月10日(月)3日目 漕行距離25km
本日は知夫里島の南の島津島キャンプ場まで
そこそこの距離です。
日中は暑くて真面目に漕げないので午前中に一気に知夫里島に渡って大休憩を。
まずは西ノ島で昨日じっくりと漕いだエリアを復習漕ぎ(笑)
もちろん明暗の岩屋は入ってかな南下しました。

150810-040.jpg
赤灘の瀬戸
殆ど流れはなくて穏やかに西ノ島から知夫里島へ
左から西ノ島 その奥に中之島 右が知夫里島と三島が見えていました

知夫里島に到着後にシュノーケル&お昼休憩でのんびり。
なんだとYさんがちょっと不調なので知夫村の診療所に行きたいってことになったので13時前には出発。
お昼食べた直後なので眠たい。。。と思っていたらYさんが寝沈。
そしてその後Sさんが人がぎりぎり通過出来るか?って感じの狭い洞門に波で引き込まれて身動きできなくなり沈脱。。。
一気に目が覚めました。

150810-087.jpg
知夫里島の赤壁
なかなか素晴らしい、が一般の人は観光船でも乗らないと見られないよね~
定期船ではないようなのでなかなか見るのは大変そうです

15時に知夫漁港到着。
Yさんは診療所へ(徒歩30秒の場所にありました)。
我々は買い出しと湧水を汲みに散策

150810-112.jpg
漁港から徒歩1分の西谷商店
アルコール、氷、アイスなどがありました
そして常にお客さんがいる状態でした

150810-113.jpg

150810-114.jpg
10分ほど(のんびりと)来居港方面に向かうと駐在所の近くにあります
暑い日でしたが飲んでおいしい!と思える冷たさ(すごくつめたくはないけど)のお水が頂けます


たくさん補給して漁港に戻るもYさんはまだ診療中なのでビール飲みながらゆっくり待つ。
17時、Yさんの診療終了。
どうもたけさんと同じ病気のようで。。。

島津島のキャンプ場には30分程漕いで到着。
どこが?って感じでしたが、漁港で村役場の方に偶然お会いしてキャンプ場のことを聞いていたのでなんとなくこのあたりか?って場所に幕営。
貸切かと思いきやソロキャンパーのおじさまが。
ご迷惑おかけしました。
といってもいつも通り21時には就寝しましたが。


8月11日(火)4日目 漕行距離25km
今日は知夫里島から中之島の北にある明屋海岸目指します。
曇天だけどやっぱり今日も途中で大休止してシュノーケリングです。

まずは知夫里島の東海岸を満喫。
最後に竹島という小さな島があってぎりぎりカヤックが通れるかも?!な洞門がありました。

150811-37.jpg 
竹島

150811-39_20150823174449919.jpg 
中之島目指して穏やかな海峡横断

中之島に到着してすぐに集落『崎』で上陸してアイス(アルコールの人も)食べて更に北上。
なかなかよい上陸ポイント見つけられず知々岬まで来てしまった。
手前になかなか良さそうな場所があったので3時間程のんびりと休憩。

150811-49.jpg 


150811-57.jpg 

17時過ぎに明屋海岸キャンプ場に到着。
カヤックは少しでも波があったら上陸が難しそうです。。。
当日だったけどなんとか2サイト空いていたので宿泊出来ました。
無料ってことなので予約だけしてこない人も多いようで20サイトほどありましたが半分弱が使われていませんでしたよ。

無料の水シャワーでさっぱりして良く整備された草地のサイトに幕営して空きスペースで宴会。
といっても既に冷たいビールはないので我が家はノンアルコールで。
21時少し前に雨がぽつぽつ降ってきたので早々に就寝。
が、雨なのでフライ張ったので暑い!少し涼しくなってきたな~と思ったら隣のサイトからはいびき。。。
一晩中やむことがなく(いびきが)かなり寝不足で朝を迎えましたが、お隣のサイトの方は7時過ぎまで爆音轟かせていました。


8月12日(水)5日目 漕行距離18km
今日の夕方から天候が悪くなるので今晩はどうしよう~状態で出発。
フェリーの到着する菱浦港に上陸して作戦会議です。

150812-01.jpg 
明屋海水浴場のキャンプ場
朝は曇天でしたが、漕ぎだしたら晴れ間もありました。

10時に菱浦港に到着。
取り敢えずフェリーターミナルで情報収集。
雨は午後には降り出しそうで、その後は少しお天気が悪そうなので今日中に車のある外浜に戻ってしまおう!ということになりフェリーターミナルでお弁当を購入して食べて出発

150812-57.jpg 
西ノ島に渡って少し北上したら雨

150812-60.jpg 
行く方面は雲が厚く、寒くなってきてもいるので雷や突風の危険性が。
遭遇したら上陸出来る場所が少ないエリアに突入してしまう前に撤退開始。

菱浦の海水浴場で2時間程大雨を回避して、更に作戦会議。
外側はやはり風が強くてとても漕げる状況ではない様子。
でも内海にはキャンプ場は無く。
取り敢えず野営出来そうな場所を求めて15時頃に南下。
内海なので風も波もなく。
なんとか野営出来る場所があったのでこっそり幕営。


150812-64.jpg 
雨も強くなりちょっとテンション落ち気味でした、これ食べたらテンションアップ!
なかなか楽しい雨のキャンプでした。







2015年夏 隠岐シーカヤックの旅 その1

シーカヤック
08 /23 2015
今年の夏休みは隠岐・島前の3島をシーカヤックで旅してきました。

10年以上前に西ノ島と知夫里島の2島を回ったSさんとMさんも一緒なので心強い。
メンバーは他にYさんとたけさんと私。

3人は関西在住なので待ち合わせは島根の七類のフェリー乗り場。
金曜日の15時に岡崎を出発して殆ど渋滞無く中国道に入り途中のSAで仮眠して七類@島根へ。

8月8日(土) 漕行距離11km
ここで我が家のカヤック2艇をSさんの車に乗せてフェリー乗船。
お盆休み直前の土曜日とあって2等の自由席はほぼ満員。
横にならずに譲り合って下さいとのアナウンスが流れるほどでした。

150808-001.jpg
くにがで別府港@西ノ島へ

定刻に到着してユアーズというスーパーで買い出しして外浜海岸へ。
そこそこ品揃えはありますが、別府港にある『まつのや商店』さんは食品やお酒や雑貨などユアーズよりも少しだけ品揃えがよいかな、という印象。
確認はしていませんがユアーズの横には100円ショップがあるようです。

お昼ご飯はフェリーの中で食べたので外浜に到着したらカヤックに荷詰して直ぐに出発。
4日間は補給無しでも生活できるように2Lのペットボトルが3本とポリタンクに水10L、食糧は5日分ほどもったのですごい荷物。
でもなんとか無事にハッチ内に納まりましたが、頑張りすぎて汗だくになったのでまずは外浜の海でクールダウン。

当初、時計回りで3島回る予定でしたが、2~3日はお天気良さそうだけど中盤に崩れそうで見どころはやっぱり国賀海岸なのでこちらを先取りしようってことで反時計まわりですスタートです。

150808-003.jpg
外浜の海

150808-023.jpg
外浜を左に向かうといきなりのロケーション!
海に景色に感動しまくりです。

150808-079.jpg
初日からこの洞門、通天橋。

150808-086.jpg
通天橋を通過して。

野営出来そうな場所に上陸して宿泊。
シュノーケリング2回したので上陸は18時くらいになってしまったので摩天崖(まてんがい)散策は翌日に。
そう、この野営地に2泊する予定なのです。
良い野営場所でしたが、放牧されている牛が海岸近くまでくるので糞がたくさんあってテント張る場所に悩みました。
明日は更に見どころ満載で殆ど前進出来ない上に知夫島の南側に行くまで野営出来る場所が無いので国賀の見どころのみを満喫しちゃおうというSさんの作戦。
これは大成功でした。

150808-122.jpg
初日なので冷たいビールで乾杯。
21時頃からSさんがイカ釣り。
見事なイカをゲットして2次会も。
といってもだらだらと深飲みしないメンバーなので22時少し過ぎには就寝した初日でした。

8月9日(日) 漕行距離17km
今日は見どころ満載エリアを満喫する日。

150809-008.jpg
摩天崖にいる牛に見送られて出発

 150809-069.jpg
明暗の岩屋は250Mもの洞窟、というか洞門です。
観光船も入りますが暗くて狭いので操船者は相当なテクニックが必要とされるはず。
観光船に乗って入っても見たい場所でした。 
 

150809-071.jpg 
ここを曲がるともう真っ暗~
行きに帰りに翌日にと3回通りました。

シュノーケリングも楽しんでお昼に帰着。
午後はSさんと私はバスに乗ってユアーズ買い出し、3人はシュノーケリング。
バスは200円でどこまでも行かれます。
なかなか楽しいバス旅でしたよ。
ということで本日も冷たいビールが飲めました。

夕方は摩天崖(まてんがい)トレッキング。
かなりハード、というか夕方だけど暑くて到着した頃には汗でびっしょり。
水シャワー浴びて着替えたのに(涙)

150809-091.jpg 

150809-093.jpg 

150809-094.jpg 
40分くらい掛かって漸く到着。
海からの眺めも素晴らしかったけど上からの眺めも素晴らしい!

150809-099.jpg 
牛だけでなく馬もいました。

150809-105.jpg 
摩天崖の展望台近くから

150809-120.jpg 
野営地に戻る頃には日も傾き。
千手観音ごっこしながら夕陽を楽しみました。

残念ながらこの日はイカは釣れず。
カヤックとトレッキングの疲れもあって21時には就寝。
2年前の山口ツアー時は夜は暑くて眠れなかったけど隠岐は島だからか日が暮れると結構涼しい。
テントもメッシュテントにしたってこともあってこの日も熟睡zzz


カヤック初体験は常神で

シーカヤック
08 /22 2015
たけさんの職場の若者Y君がカヤックとシュノーケルを体験してみたい、ということで土曜日に常神へ。
台風の影響はあまりないだろう、と思って漕ぎだしたけど初心者には少し大変だったようで。
幸いにもファルト艇を使用していたので直ぐにUターンしてたけさんとタンデムで。
取り敢えず御神島に向かう。
タンデムになって安心したのかY君、急に漕ぎ方が上達。
一人漕ぎの時は心配そうなパドル操作だったのが急にスピードも出てきて見ていても安心感のある漕ぎになってました。
ので、たけさんはわざと波立つ岩場に行ってみたりと楽しんでいました。

150822-05.jpg
道中は日本海が近づくと雨で士気も落ち気味でしたが、漕ぎだしたら取り敢えずは曇天。

150822-26.jpg
御神島についてシュノーケリングはじめると青空も。

150822-22.jpg
今年最後かも、ってことで私も楽しみました。
30分も水に浸かっていると寒くなるし疲れる~
早めにあがってお湯を沸かして温かい飲み物飲んだらすっかり元気になった3人。

150822-36.jpg
洞窟、洞門にも入れました。

台風ってこともあって海水浴客も少なく、カヤックは我々3人だけ。
初心者には少し難しい海でしたが、規則的な波に風だったので慣れていればそこそこ楽しめる常神でした。

三重でお初のシュノーケリング

シーカヤック
08 /01 2015
三重の尾鷲湾で初・シュノーケリング。
昨年、たけさんが愛知出張中に東海のカヤッカーに連れて行ってもらってすっかり気に入ってしまったエリアへ。

前日のお誘いにも関わらず快く同行して下さったNさん@豊田と我が家で合流し抜け道などを教えてもらいながら尾鷲へ。
渋滞もなく3時間ほどで到着。
早く到着したのでのんびり準備しながらOさん@三重を待つ。

出艇は小山浦から。
駐車代は500円。
あまり台数置けませんがきれいなトイレとシャワーがあって快適な出艇場所でした。

150801-064.jpg
洞窟、洞門、滝、そして壮大な景色の続く尾鷲湾内。
行きは向かい風なので快適でした。

150801-074.jpg

150801-102.jpg
のんびりと2時間程漕いで目的の海岸へ。
シュノーケリングしてお昼食べてまったりして。

150801-113.jpg
帰りは追い風なので暑い~!
汗たっぷりかいて、でも最後は洞窟に流れ落ちる滝の水を浴びてゴール♪
たけさんが気に行ったのがとてもよくわかるエリアでした。



で、帰りも前回と同様のコースで帰宅。

まずは上野商店さんで干物を購入。
すてきなおばさまのいるお店です。
150801-139.jpg

150801-140.jpg
干物は翌日の夜にお庭でこっそりとBBQで頂きました。

最後は道の駅『まんぼう』で早めの夕食は海鮮丼と荒煮。
manbo1.jpg

manbo2.jpg
安くておいしい。

ゆっくりと夕食まで食べたおかげか帰りも渋滞もなく20時には岡崎のお家に到着。

丁度岡崎の花火がはじまったようなので艇だけ降ろして矢作川の堤防へ。
ちょっとだけ見学、の予定が最後まで。
全く知らなかったのだけど2ヶ所から花火が上がっていてそれはそれは豪華でした。
調べたら矢作川は大きな花火、乙川は比較的小さな花火の打ち上げ場所となっていました。

地元の方たちはござ敷いてのんびりと花火見学。
来年は我が家も♪

シュノーケリング、カヤック、ぐるめ、花火と盛りだくさんの一日でした。

Tory3

2015年、静岡県裾野市から愛知県岡崎市にお引っ越し。
これを機会にブログもリニューアル。
グルメ、カヤック、バックカントリースキーなどの至極個人的な日記です。