紀伊長島の海をご案内?!

シーカヤック
07 /30 2017
H女史の依頼により紀伊長島の海をご案内。
カヌー雑誌の記事になるんですって!
こちらに引っ越してきて2年半、そんなに詳しくないんだけど。。。
でも日帰り圏内なのでこちらに来て一番漕ぎに行っているエリアです。
独身の頃は三重といっても贄湾あたりしかいったことなかったけど、こちらのほうが断然楽しい。

紀伊長島駅前の万両寿司さんでさんま寿司とかき寿司購入してから待ち合わせ場所の浜へ。

170729-28.jpg

台風五号の影響で波高し・・・
他に良い場所ないかな~と探したけどイマイチ。
でも午前中は雨は降りそうにも無くなんとなく明るいので写真だけでも、ってことで小山浦へ。
出艇準備して海へ!と思ったら波が高くなりNG。

H女史とカヌー雑誌社のHさんとカメラマンMさんが前夜キャンプした古里海岸は穏やかで出艇しやすそう、ってことでそちらに移動。

海水浴シーズンなので出艇大丈夫かな?と思ったけど、海水浴客も少ないからかな?快くOKして頂きました(海水浴場の施設の方に確認)。

170729-15.jpg
赤野島
穏やかな海でした

穏やかなので天満洞行っちゃう!と南下することに。
そしたら!持ってるH女史のおかげで野生のイルカに遭遇♪
野生のイルカがいるらしい、とのうわさはあったけどまさかほんとにいるなんて~ 170729-20.jpg
拡大図なので画像あらくてスイマセン~
この後このイルカは進路は180度転換して我々の後方へ
子イルカ数匹が軽快にジャンプを見せてくれました
 170729-22.jpg
イルカ遭遇後、鈴島あたりの海はこんな感じに
どんぶらこどんぶらこでカヌー雑誌社の方は漕ぐのが大変そう。。。
(インフレータブルなうえに喫水高くて波に翻弄されておりました)
天満堂まではまだ1時間以上掛るし、お昼過ぎてお腹すいたので 天満洞は明日に持ち越してお昼休憩の為に鈴島へ

170729-27.jpg
鈴島手前、見事な波が立っていてサーファーがたむろっておりました
波がたっているということは上陸はそこそこ大変で。。。

1時間ほどゆっくりしてから出艇した古里海水浴場へ。
海水浴場エリアの外で少しだけ海遊びしてから16時に終了となりました。
台風の影響で海には出られないかも?!なんて思っていただけに漕いだ距離はわずかだったけど楽しかったし野生のイルカとの遭遇は感動でした♪

この日は初めての古里温泉宿泊。
  170729-41.jpg
民宿さざなみさん
建物は少し古いけど中はとてもきれいだし従業員のおばさまたちはおちゃめ
お風呂が温泉じゃないのだけがザンネンでした~!

この日は近くで花火大会(小規模だと宿のおばさまたちは言ってましたが)あったけど夕飯食べていたら雨が降り出したのでそのまま宿でのんびりすごして22時には就寝zzz



170729-42.jpg
紀伊の松島の案内図

日曜日は朝から降り出しそうだったけど、海は土曜日よりは穏やかってことなので(朝一で波乗りに言ったたけさん談)昨日出艇を予定していた船越海岸へ。
公衆トイレとシャワーがあって海へのアクセスは容易ですが、まだ少しだけ波があったので出艇と上陸が難しかった。
でも天満洞までは直線で2kmほどなのですよね。
(ずーっとてんまんどうだと思っていたらてんまどうでした!)
10年くらい前に初めて天満洞に行った時はもっと近い和具の浜海水浴場から出艇しているようでした。
そしてマンボウに遭遇したのもここでした。

170730-05.jpg
穏やかな海だったのでのんびりとおしゃべりしながら漕いでいたらあっという間に天満洞
 170730-06.jpg
時々大きな波がざぶーん、と

まずはたけさんが偵察で往復。
その後にH女史、続いて私、、、なんだけどタイミングが悪くて洞門内で左の壁に激突しそうになってヒヤヒヤでした。
ラダ―だしていれば問題無く通過出来たんだけど、前日の上陸時に油断していたらカヤックが真横になってしまってラダ―を上げ下げするロープが制御不能になってしまったのでした(涙)
最近は殆どラダ―無しで漕いでいるけどこんな時は必須なアイテムなのです、やっぱり。
 170730-10.jpg
反対側は穏やかでした
そして角度によってはハート型♪
たけさんとH女史なんだけど仲良く手を繋いでいるみたい(笑)
 170730-12.jpg
もう一度洞門通過する気にはなれず大回りして戻ることにしたのは良いんだけど『結構大きなうねりはいってるな~』と波を見ながら漕いでいたらすっかり酔ってしまったようで。
(そもそも、ラダ―の調子が悪くて何度も後ろを見たりしていたのも酔いの原因なのですが)
そしてこんな日に限って毎回飲んでいる酔い止めも飲み忘れ。。。
酔い止め、ただの気休めに飲んでいたんだけど、実はきいていたのかも?!

もう必死で船越海岸目指して漕ぎましたよ~
久しぶりの船酔い、、、やっぱり辛い(涙)
でも上陸直後にウミガメらしき残像を見ました。
あの波形はウミガメに違いない、と思ってます。

上陸後は銚子川で塩抜きカヤック。
 170730-16.jpg
そこそこ水量もあって冷たくて気持ちよくて1時間ほど遊んでしまった
身も心も?カヤックもきれいになって上陸したらもう1時近かったのでお腹ぺこぺこ

今年3回目の『海鮮や』さんで海鮮丼。
最近のお気に入りの海鮮丼なのです。

取材の〆で熊野古道も少しだけ(ほぼ撮影だけ)。
 170730-31.jpg
国道沿いの駐車場に車をとめたら直ぐに石畳
そして雨にぬれてしっとりした木々が雰囲気良かったです

もう少し涼しくなったら馬越峠まで行ってみます♪

いちお、ここで取材は終了~
取材ってことだったけど我が家は十二分に楽しませていただきました。
雑誌は秋に販売のようで楽しみです。

この日は鈴鹿八耐レースなのでなるべく早く鈴鹿を通過しようってことで頑張って運転して、いつも通りの亀山渋滞にはひっかかりながらもなんとか18時には四日市。
19時には岡崎到着となりました。

お隣の豊田市のおいでん祭の花火大会があるってことだったのでどこかで見られないかな?と探し回ったら水源公園近くの橋から少しだけ見えてました。
 IMG_20170730_195456.jpg
気田川の花火と違って鮮やかで形もいろいろで大きかったよ(笑)

10分ほど観賞してから帰宅しました。


スポンサーサイト

シュノーケリングシーズン到来!

シーカヤック
07 /02 2017
シュノーケリングしに三重は尾鷲湾に。

4時に起きて岡崎を出発。
この時間はまだ渋滞がないので7時には小山浦の海岸に到着。
500円の駐車代を支払って出艇したのは7時40分。

DSCN4897.jpg
いつもはいかない南側にある2つの無人島、佐波溜(さばる)島と桃頭(とか)島経由でシュノーケルポイントへ。
尾鷲湾を横断中、初めて海保の船によびとめられました。
うねりがあってカヤックは見られにくくなっているから注意してね、とのことでした。
 DSCN4924.jpg
2017年お初のシュノーケリング。
まだ水が冷たいので20分くらいでギブアップです。
上陸後は太陽が出てきたのでのんびりとお昼休憩。
 DSCN4947.jpg
こちらがいつものシュノーケリングポイント。
外は少しうねっていたけど、このあたりはべた凪なのです。

カヤック旅はYAMAPで → 

15時少し前に上陸。
ささっと片付けをしてから温泉へ。
でもその前におやつの時間♪
 DSCN4975.jpg
最近の定番の卵卵ファームでシュークリーム。
今日はロールケーキ食べる気マンマンだったけどなかったよ(涙)
 DSCN4976.jpg
少し戻って古里温泉。
海水浴シーズンがはじまりつつあるので15時くらいはそこそこ賑わっていました。

今日は5時に朝食、11時に昼食。
そして昼食はおにぎり1個半だけだったのでシュークリーム食べたとはいえお腹が空く。。。
早めの夕飯は紀伊長島のこちらで。
DSCN4977.jpg DSCN4978.jpg
海鮮丼頂きました。
う~ん、、、私の理想の海鮮丼じゃななかった。
 DSCN4979.jpg
たけさんはかきの握りも。
1つ頂きましたが、あんまり得意じゃないのだ、これ。
 DSCN4980.jpg
メニュー。
お土産に頂いた焼きサンマ寿司は美味しく頂きました。
朝から営業しているようなので次回はお昼用にテイクアウト。

17時少し前に紀伊長島を出て、鈴鹿あたりの渋滞回避で一旦下道降り、四日市から再び高速で岡崎へ。
19時半くらいに帰着。
鈴鹿あたりの渋滞さえなければ更に快適なんだけどね。

三重 紀北町でリベンジ!天満洞と島渡りカヤック

シーカヤック
05 /28 2017
土曜日はたけさんも私も20時過ぎの帰宅だったけど、日曜日もお天気良さそうなので海へGo!

朝4時に起きて三重県へ紀北町へ。
カヤック仲間に教えてもらった三野瀬駅近くの海岸から出艇。
きれいなトイレもあって駐車場から海も近くて良い出艇場所でした。
が、戻ってきた頃にはこの季節なのに海水浴したりBBQしたりしている人が多かったのでこれからの季節は賑わっていて出艇はムズカシイかな。

170528-034.jpg
12年ぶりの天満洞

170528-106.jpg
お初の大島(右側の大きな島)
上陸禁止とのことなので眺めただけ
左側の岩場には釣り人がたくさんいたのでこちらは上陸自由なのかな?  

カヤックの様子はYAMAPにて → 

お昼ごはんの前にきいながしまの古里温泉でさっぱり。

170528-202.jpg
ここのお湯はつるっつるで気持ち良い
お昼時だったので空いていてゆっくりできました 

170528-204.jpg
紀伊長島の道の駅の前にある まるます さんでお昼ご飯

170528-206.jpg
紀伊長島に行った時の定番となりつつある 卵卵ファームでシュークリーム
クリームは注文後に注入なので出来たてぱりぱりです

170528-208.jpg  170528-207.jpg
駅前の万両寿しさんで焼きさんま寿司と牡蠣寿司
夕ご飯にしましたが、どちらもおいしい

昨日のダウンリバー、今日の久しぶりのシーカヤックでかなり疲れてしまったようで帰りは車中で熟睡してしまったのでした。

くじらカヤック@南紀

シーカヤック
05 /14 2017
本日はくじらカヤック。

お天気も海況も良さそうです。
本日の南紀マリンレジャーサービスさんのくじらウォッチング船はカヤッカー貸し切り1艇と観光船1艇の2艇。
ほぼ同時刻の6時30分頃、宇久井から出発。

湾内は穏やかだったけど湾外に出たら意外とうねり大きい(涙)
3年前の辛い過去がよみがえる。。。 →
なんで今回も来ちゃったんだろう、と後悔してみたり。

でもそれもじくらやイルカが登場するまでのこと(笑)

まっこうくじら、スジイルカ、ハナゴンドウに出会えました。
イルカは70~80くらいの群れでしたが、少し前は1000頭ほどの群れだったようで、壮観だったと船長さんが言っていました。
それも見てみたいけど、そんなにたくさんいたら怖そう~

この日カヤックに乗るのは9名なので順番を決めて交代で。
最初の2グループはまだうねりが残っていたので乗り降りが大変そうだったけど、最終グループの私はほぼ静かな海となっていたので乗り降りも漕ぐのも問題無しでした。
全員2回、カヤックのってくじらカヤック。
そして私、2回とも大接近出来たし1回目のくじらさんはかなり長く遊んでくれたので一番満喫出来ちゃったかも♪



P5140282.jpg
船に積み込んだカヤックは不知火ばかり(私のカヤックも不知火)
同じ不知火でも素材やシートが違うので乗り心地が違っていました

ho1.jpg
こちらが初回に大接近した時のもの
かなり長らく遊んで頂きました♪
 IMG_9393.jpg
すごく近そうだけどそれなりに距離ありますよ
 IMG_9396.jpg

 IMG_9402.jpg
くじら漁しているわけじゃないからね~
でも昔は人力でくじらに近付いて銛で漁していたのですよね
すごいな
  IMG_9408.jpg
ああ、潜ってしまう~

2回目の時はトップで漕ぎだしたOg3が近付き過ぎてくじらが急旋回。
私の真正面に浮上しそうだったのでバックしたその瞬間、私がいた場所に浮上してきました。
くじらはおりこうさんなのでカヤックよけるのはわかっていたけど、進路邪魔してどこかにいってしまうと困るので。
そのくじらはちょっと怒っていたのか?驚いていたのか?少し乱暴に泳ぎだしてから海の中に潜っていってしまいました。
ごめんね。
 P5140267.jpg
いるかの群れ
いなくなった、と思うと船の回りで波と遊び始めたり
かなり長い時間楽しませてくれました

午後になり母子のくじらにも会ったりしたけど浮上している時間がどんどん短くなってきたしカヤックも2順したし、関東に帰る人もいるので帰港。

15時頃に戻ると港ではお魚が準備されていて、もう一人の船長さんやスタッフの方が捌いたり焼いたりしてくれていました。
 DSCN3999.jpg
ぶり、あじ、いかのおさしみ
どれもこれもおいし~
お酒飲みたいけどここで飲んだら帰れない、移動出来ない(笑)
 DSCN3998.jpg
焼き魚はやっぱりおいしいね
 DSCN4000.jpg
つぶ貝の煮物
白米食べたい~ってお味でした

さざえの壺焼きなども頂き、お腹一杯。
でも今日は帰らなくちゃいけないのでほどほどのところで片付けて帰路に。
その前に少しUターンして ゆりのやま温泉 に。
ここは南紀来るたびに入っているお気に入りに温泉です♨

17時過ぎに那智勝浦を出てOg3とひくんと大府で博多ラーメン食べてJRの駅にお送りして22時に岡崎に到着。
今日は渋滞もなかったので早く帰宅出来ました。 

天満洞@紀北町、至らずbyシーカヤック

シーカヤック
03 /19 2017

2017年、元旦以来のカヤックは三重県は紀北町で。


三連休の中日とはいえ四日市から亀山あたりが朝から渋滞しそうなので5時に起きてそっこーで出発。

渋滞もなく8時には小山浦@紀北町に到着。

小山ハウスさんが管理する駐車場に車をとめて出艇したのは9時少し前。

道中はそこそこ風があったけど海上は穏やか。

外海に出ると波と風が少しあったけど漕ぐのに支障があることはなく。

お天気も良くてなかなかのカヤック日和ですがカヤッカーは皆無でした。

磯釣りしている人がたくさんいましたが。


170319-001.jpg

準備していたら地元のおじちゃんに話かけられました

昨日は風も波もあったそうで、今日は良いんじゃない?ってことでした


170319-016.jpg

湾内は穏やか


170319-071.jpg

外海にでて少し漕いだあたりでウミガメに遭遇

頭を海上にだしてきょろきょろしていてかわいかったよ


170319-176.jpg

夏は絶好のシュノーケリングポイントのこちらでお昼休憩&お昼寝zzz


15時少し過ぎに上陸。


ツーリングはYAMAPにて → 



上陸後、トラブルありで1時間ほどおたおたしてしまったけどなんとか無事に切り抜けて帰宅。


高速は渋滞しているようなので少し早いけど高速乗る前に夕食を、ってことで食べたかった海鮮丼を。


170319-273.jpg

今回で3回目となるかい鮮やさんで海鮮丼

海山ICから車で5分ほどの場所にある喫茶店風な外観のお店

地元の方が多いのかしら? 18時前から賑わっていました


この日の気分は海鮮丼だったのでメニューきちんと見ていなかったけど、牡蠣フライ定食もあったのね~。

実は近々に再び来る予定があるので絶対によって牡蠣フライ食べちゃお♪


食べ終わって温泉も入らずに真っ直ぐに帰宅。

亀山から四日市までの渋滞を避けるために下道走ったりもしたけど(この区間で100分となっていたので)やっぱりそれほど短縮にはならずに岡崎に到着したのは22時でした。


今日はそこそこ漕いだし、漕いだ後のトラブルやら渋滞避けての下道走行などで疲れたけど、明日からまたお出掛けなので急いで片付けと準備。

就寝は25時になってしまいました。

でも疲れていたので結構ぐっすりzzz

年末年始は徳島で その5 漕ぎ収め

シーカヤック
12 /31 2016
大晦日な本日は快晴のなかでの漕ぎ収め。
このエリアは自力回送は難しく、またエリア情報もあまりないので クーランマランさん にお願いしてワンウェイでツアーを組んで頂きました。

ゴールとなる田井ノ浜に我が家の車を置いてからスタートとなる椿泊へ。
クーランマラさんの車には奥さまが同乗されていて回送してくれるので後々スタートに来る必要は無く。  

ささっと準備して出発したのは9時少し前。
湾内なので穏やか。
そして快晴の漕ぎ日和♪

161231-02.jpg
まずは弁天様に旅の安全を祈願

161231-03.jpg
正面には橘湾火力発電所が白煙を上げていました
真っすぐな煙にちょっと安心(風は無さそう)

0022_original.jpg
野々島の北側
このあたりは波に乗ってすーいすーいと
後ろに見えているのは飛島かな? 小さな島がいくつかあるようです

161231-16.jpg
舞子島
砂州があってその南側に入るといきなり穏やかに

161231-19.jpg
舞子島では古墳がいくつも見つかっているそうです → 

161231-22.jpg
夏に行きそびれた(悪天候で)伊島
いつかカヤックで渡ってみたい

161231-25.jpg
蒲生田岬(かもだみさき)が見えてきた

161231-30.jpg
岬越えの前に上陸して休憩
休校となった蒲生田小学校の隣にきれいなお手洗い有り
また浜はお天気良ければ出艇しやすい

161231-40.jpg
念願の蒲生田岬越え
結構呆気なく(笑)
先端は荒れていると思ったんだけど

161231-33.jpg
灯台は夏に登ったよ

161231-46.jpg
岬から南側は雄大な岸壁が続きます

161231-69.jpg
伊座利でランチ
イザリカフェさんでランチしたかったのですが大晦日でお休みでした → 
伊座利のアンテナ店の弘伸丸さんは阿南市のR55沿いにあります
こちらでは徳島入りした日の夕飯で焼き魚を頂きました

161231-76.jpg
潮吹き岩の手前で最後の休憩上陸してから田井の浜へ

16時少し前にゴール。
34KMと長旅でしたが追い風だったこともあってそれほど疲れは無く。
2016年を締めくくる楽しいツーリングでした。

31-4.jpg

31-1.jpg

年末年始は徳島で その4 海陽町と日和佐でカヤック

シーカヤック
12 /30 2016
車中泊の朝は早いのです(笑)
おかげでけあらし見られました♪

161230-06.jpg

161230-08.jpg
宍喰温泉前の浜にて

この日は午前中は海陽町で、午後は日和佐でカヤックです。

161230-10.jpg
まずは海陽町

161230-28.jpg

161230-49.jpg
穏やかな海をのんびりお散歩漕ぎ
夏はシュノーケリングメインで漕いだ場所です

お昼は宍喰温泉近くにある『ひこうせん』で。
こちらもクーランマランさんのお勧め店。

15726868_585383201658422_1913242140345511445_n.jpg

15697887_585383234991752_1570613081214342704_n (2)

15697779_585383221658420_8182732616600640187_n.jpg
ランチはパンとサラダとコーヒー付
私は日替わのクリームパスタ、たけさんはナポリタン(ミートソースみたいでした)
他の方のオーダーも見ましたがどれも大盛り!
ケーキがおいしそうだったけど流石に食べられず

そして日和佐に移動。

161230-52.jpg 
大浜海岸から出艇

161230-74.jpg
えびす洞から先は風が強くて四苦八苦
そしてここで海釣り帰りのT君に遭遇!
びっくりな再会でした

岬の先は更に風が強くて荒れているようなのでここでUターン。

161230-79.jpg

161230-82.jpg
えびす洞

30日と31日は夏も泊った お宿日和佐 に連泊です。
今回はオーナーのフランス人お父様に日本人お母様にハーフの妹さんとお会い出来ました。
フランス人お父様の日本語は関西弁で会話が楽しかった♪

15747616_585488738314535_4469255464918242454_n.jpg
古い住宅を改造したお宿

夕食は近所のさくら亭さんで。
流石に30日ともなると開いているお店は殆どありませんでした。

年末年始は徳島で その3 千羽海岸カヤック

シーカヤック
12 /29 2016
本日はカヤック。
昨日のトレランで疲れ気味なので午前中さくっさくっと。

DSCN1897.jpg
明丸の海岸を9時に出艇
曇っているので寒い!と思ってフリースまで来てしまったら途中で暑くなってしまった
海況は穏やかで風も無く漕ぎ日和 

DSCN1927.jpg
少しだけうねりがのこっているせいか入れない洞窟もありました

DSCN1986.jpg
通り岩の洞門くぐってUターン

DSC02750.jpg
帰りは青空
もっとゆっくり出艇していれば・・・

DSCN2043.jpg
11時半にゴールして急いで片付けをして

DSCN2045.jpg
牟岐大島にも渡れそう?!

IMG_20161229_125858.jpg
早めに出艇したのはこのラーメンを食べたかったからだったりします
クーランマランさんから教えてもらった『麺屋 藤
昨日宿泊したもみじ川温泉近くでそこそこ山の中なのにとても混み合っていました。
とてもおいしいラーメンでした♪


DSCN2046.jpg
帰りは日和佐で薬王寺さんへ
3回目の日和佐で初訪問
とても空いていましたが元旦は道路まで並ぶほどの人
道路も3KM以上渋滞していたし

DSCN2049.jpg
お守りも購入

この後は海陽町の道の駅『宍喰温泉』に移動。
こちらにあるホテルリビエラで温泉に入り、夕食も頂きそのまま道の駅で車中泊zzz

熊野灘を漕ぐ 九鬼から新鹿へ

シーカヤック
11 /26 2016

久しぶりに熊野灘でカヤック。

九鬼(くき)から新鹿(あたしか)へのワンウェイ。

スタートの九鬼に車を置いて、回送はJRで。

九鬼も新鹿も海岸から駅までは徒歩5分ほど。

でも電車の本数が少ないので事前チェックが必要です。

お昼時は11時45分か14時9分。

この日は14時9分の電車を狙ったのだけど追い波に押されて予定よりも早くゴール。

ただ、海岸到着したと同時に電車が通過していきました~。


161126-GPS01.jpg

漕いだ距離は24km。


詳細な漕ぎは → YAMAPで


161126-001.jpg

九鬼の海岸。

前日夜に出発して奥伊勢PAで車中泊。

7時30分にはスタート出来ました。

九鬼の湾内は風も波もなくて漕ぎ日和。


161126-167.jpg

湾の外に出ると少し波あり。

漕ぐのに支障はないけど岸に近寄り過ぎると返し波でちょっと危険な場所も。

釣り師もたくさんだし、ってことであまり岸には近づかず。


楯ヶ崎からは更に追い波が強くなり、追い風もあってかどんどん進む。


161126-219.jpg

休憩無しの4時間24kmでした。

電車が行ってしまったのでお昼ご飯食べてあたしか温泉に行こうとしたら『閉館』と看板に札が掛かってました。

閉館とは営業していないのか?冬季休業か?土曜日休業か? ネットで調べてもわかりませんでした。

残念!

ということ海岸でまったりと日向ぼっこしながら電車待ち。

暖かい日でよかった~


161126-223.jpg

新鹿も九鬼も無人駅。

ホームから海が見えるっていいですね♪


九鬼で車をピックアップしてから新鹿海岸に戻って艇を積み込んで尾鷲へ。

五月湯という銭湯が駅近くにあるようなのでそちらへ。

16時からで300円でした。


まだ17時だけどお腹がすいたのでこれまた駅近くにある『鬼瓦』さんで夕食。



161126-226.jpg

海鮮丼が食べたかったけど残念ながらメニューになかった。

ので、焼き魚定食とお刺身。

おいしかった~


17時30分に尾鷲を出て、渋滞回避で津から四日市まで下道。

これがなかなかスムーズで(この区間はたけさん運転で私はzzzでしたが)。

21時には岡崎到着していました。



久しぶりの三河湾カヤック

シーカヤック
11 /05 2016
三重の海を漕ぎに行く予定だったけど諸事情により1時間ほどで行かれる三河湾へ。
ちょうどBさんも漕ぐ予定だというのご一緒させて頂くことに。

東幡豆の海岸を出て大島を回って戻ってくるというルート。
昨年引っ越してきて初めて三河湾を漕いだ時のルート。
ちょっとたいくつなルートなんだけどスナメリに会えるかも、って楽しみもあるのです。
今回は会えるかしら・・・

東幡豆から出艇
海岸は風があったけど海上は穏やかでした

161105-08.jpg
西浦温泉通過
この先は何もないのでちょっとたいくつ~
取り敢えずはスナメリ探し!
おしゃべりしながらも目はあちらこちらに。
暫く探すといました、スナメリ
残念ながらこの日はこの2頭(親子かな?)

161105-11.jpg 
緑と赤のブイが見えてきた
あれが見えると大島も近い、、、ような気がします
161105-18.jpg 
大島の手前は仏島と小島
仏島でソロのカヤッカーと会いました
友達の友達でした

161105-34.jpg 
大島の東側の海岸に上陸
海の家がありましたが当然ながらこの季節は閉鎖されていました
ここで50分ほどお昼休憩

161105-40.jpg 
帰りは向い風が少し強くなっていて波もそこそこ
危険な風と波ではないけど大きな波に乗ってしまうと水しぶきがすごくて上陸後は顔が塩味になってました。。。

161105-45.jpg 
ブイの手前で大型船をやりすごす
風で戻されてしまうのでずっと漕ぎ続けながらの通過待ち

西浦温泉までは頑張ったけどその後は左肩が痛くなってしまって最短ルートで東幡豆へ。
久しぶりに左肩に違和感。。。

161105-58.jpg 
ゴール手前、干潮で潮が引いていてぎりぎり通過出来るか?!という水位になっていました
ここはトンボロ現象時は島まで歩いて渡ることが出来るそうです



161105-00GPS02.jpg 
こんなルートで漕ぎました

161105-00GPS03.jpg 
時間と距離

161105-00GPS04.jpg 
午前中と午後の差は歴然と

片付けたあとは西浦温泉の『レインボー』さんへ。
オリジナルパドルを見せて頂きました。
次に買う時はこのオリジナルパドル買います(今のパドルはジョイント部分がかなり怪しいのでそろそろ買い替えを検討中なのです)。

IMG_20161105_183000.jpg 
西尾市に来ているのでたまゆらさんでラーメン。
カレーラーメン頂きました。

 


Tory3

2015年、静岡県裾野市から愛知県岡崎市にお引っ越し。
これを機会にブログもリニューアル。
グルメ、カヤック、バックカントリースキーなどの至極個人的な日記です。