2017-09-11(Mon)

一年ぶりの伊豆漕ぎ その3 神子元島へ

伊豆漕ぎ最終日の今日は静岡県の最南端の神子元島へ。
直線距離で弓が浜から8km。
上陸出来るような島はないから(岩場はいくつかあるけど)もしもカヤック酔いしたら、、、って考えると躊躇してしまって漕ぎだせなかった島。
 #昨年はクルーザーで行って島の回り漕いだけどね。

今回は上級者カヤッカー3名と一緒なのでなんとかなるかな~と、酔った頭でそう判断。
 #カヤック酔いしたら誰と一緒にいてもどうしようもないんだけどね。

比較的穏やかな海だったし前日、前々日とぐっすりと就寝出来たってのもあってカヤック酔いの気配もなく無事に往復出来ました♪ 

カヤックの様子はYAMAPで → 

170911-018.jpg
往路は穏やかであっという間に到着!

P9111977.jpg
上陸後はシュノーケリング
お魚たくさん!

170911-059.jpg
島の回りは複雑な波が立っていたけど西側のこの入江は穏やか

170911-068.jpg
昨年は島の回りを漕いだだけだったので今回は上陸して灯台まで行ってきました。

170911-090.jpg
復路ではたけさんがトローリングでシイラゲット!

P9112012.jpg
後ろから、東から、西からと波の方向がくるくる変わる~
弓が浜は穏やかだったので空身で来てしまったのでカヤックが波に翻弄されてしまったよ(涙)
やっぱり10KGくらいが水積まないと、追い波は厳しい

P9112019.jpg
東に流されるので復路のほうがたくさん漕いだ

170911-101.jpg
帰りは弓が浜の西にある田牛(とうじ)へ
こちらはサンドスキー場!

170911-102.jpg
龍宮窟に寄り道

170911-121.jpg
今回一番のブルーでした

弓が浜でSさんとレイブンさんとお別れ。
我が家は伊豆半島を真っすぐに北上して帰宅です。

でもその前にたけさんの心の恋人(犬?)はなちゃんのいる湊カフェへ。

170911-154.jpg
人懐っこいはなちゃん
人見知りもしないし無駄に吠えないしとってもかわいいのです

170911-160.jpg
自家焙煎のアイスコーヒーとアイスも頂きました
生き帰る苦さと甘さ~♪

名残惜しいけどまだまだ先は長いのではなちゃんにさよならして北上。

170911-164.jpg 
温泉は修善寺の筥湯
こちらは比較的新しい共同浴場で今回がお初でした
平日の夕方ってこともあってか空いていてのんびり出来ました

丁度お腹も空いてきたので以前住んでいた裾野市で夕食。
7月の富士登山の帰りに寄ろうとしたら遅すぎて閉まっていたのでリベンジ!
今日は無事に開いてました。
 
IMG_20170911_184001.jpg

IMG_20170911_184816.jpg
たけさんはトマト麺

IMG_20170911_184857.jpg
私はカレー麺(カルボナーラ麺にカレーをプラスしたものです)

今日はいつもよりも麺が硬い。。。あれ?と思ったら店長さんがいなくて別の人が作ってました。
だからかな? 
もう少し軟らかい方が(というかいつものほうが)私好み。
とはいっても久しぶりのおいしいラーメンに大満足して久しぶりに新東名ではなくて東名高速で岡崎へ。 
雨には降られたけど渋滞は無く順調で22時には帰着。
来年はもう少したくさん行きたいな、伊豆♪



スポンサーサイト
2017-09-10(Sun)

一年ぶりの伊豆漕ぎ その2 石廊崎越えとレイブンランド宿泊

本日も海況は穏やかそうなので南に移動して石廊崎越え。
A親子とSさんとHちゃんに車は3台なので子浦から本瀬までのワンウェイ漕ぎ。
もちろん途中でシュノーケリング♪

6時に起床したけど土肥CCの艇庫は居心地よいのでついついのんびりしてしまって出発したのは8時近く。
途中で代表から電話があり、なんと昨日から日本海は小浜方面に行っているらしく!我が家も今週末は日本海って話もあったけど伊豆を選択。
日本海行っていたらお会い出来たいたかも?!です。

子浦に到着して艇を降ろしてからA車と我が家の車でゴールの本瀬へ。
途中、人と車で賑わっている場所があって何だ?!と思ったら今話題の ヒリゾ浜 への渡しのある中木でした。 
ハイシーズンの7月8月はどうなっていたんだろう?!

170910-77.jpg 
カヤックで通過した午後のヒリゾ浜
いやぁ~すごい人でしたよ
海はきれいだったけどね!

10時40分に子浦出艇して16時少し前に本瀬ゴール。
穏やかな海で石廊崎は何頃もなく通過。
シュノーケリングも2回楽しめちゃいました!
カヤックの様子はYAMAPにて → 

170910-18.jpg
子浦もきれいな海でしたが先が長いのでカヤックで楽しむだけ
ここでシュノーケリングもしたかった♪

170910-87.jpg
穏やかな石廊崎越え


今夜、我が家とSさんとHちゃんは南伊豆に移住したカヤック仲間のレイブンさんとハイジカップルが管理している古民家、レイブンランドに宿泊なのでA親子とは本瀬でお別れ。
車を回収してからまずは温泉へ。

170910-96.jpg
なんとも怪しい雰囲気のポリネシア風呂『福屋』さん
300円です

170910-97.jpg
温室の中の温泉
湯はナトリウム塩化物泉かな? でもほんのりと塩味なやわらかくて良い湯でした
難点はこんな状態なので蚊が多いってこと!
温泉上がりにいきなり3か所くらい刺されちゃいました

夕飯はレイブンさんとハイジも一緒に。
ほんとは何か作れたらよかったんだけどすっかり遅くなってしまったので近くのスーパーで出来あいのものを。

170910-98.jpg
キンメダイのお刺身なんて流石南伊豆!
軽く炙って食べたら更においしかった

結構疲れていたし、翌日も早いので23時前に就寝となりましたzzz





2017-09-09(Sat)

一年ぶりの伊豆漕ぎ その1 波勝崎と田子島でシュノーケリング

松崎町で開催される伊豆半島太鼓フェスティバルにあわせて西伊豆へ。
今年は毎年ご一緒しているTさんが行かれないとのことなので我が家だけ。
土肥CCの仲間に声掛けて、折角なので2泊3日で伊豆の海を満喫してきました。

8日(金)の夜に岡崎出発。
途中のSAで仮眠して9日(土)の朝一で土肥CCの艇庫へ。
艇庫にはゲスト漕ぎするMさんしかいませんでした。
この週末、漕ぎ漕ぎメンバーはシーカヤックマラソン参加で伊勢方面に行っているようで。
暫くしてから本日ご一緒するAさん到着。
さくっと準備して出発。
本日の主目的は田子島でのシュノーケリング!
南下始めると突然の雨。
雨雲レーダー見ると松崎町より北は午前中雲が多そう。。。ってことで石部@松崎町から出艇してまずは南の波勝崎方面に向かって午後に田子島に行くことに。
石部の海岸、海水浴シーズンが終わって駐車場が閉鎖されていましたがなんとか車は通路にとめることが出来たので9時少し前に出艇。

170909-028.jpg
まずは波勝崎。
きれいだったのでたけさんと私はちょっとだけシュノーケリング。 

170909-066.jpg
千貫門、久しぶり~

170909-090.jpg
お昼ご飯は大浜海岸のIRIYAさんで
次回は寒い季節におでん食べに行きたいなぁ~♪

170909-125.jpg
午後も遅くなって漸く田子島!
1時間ほどシュノーケリング
ぐるりと島を一周したけど今日は北側のほうが水がきれいだった

170909-GPS00b.jpg

170909-GPS00a.jpg

詳細はYAMAPで → 

上陸後はAさんの息子さんのS君を松崎町でピックアップ。
久しぶりに大沢温泉!と思って行ったけど駐車場が一杯。
こんなに車あったら小さな温泉なのでのんびりできそうにもないので少し戻って道の駅・花の三聖苑に戻って『かじかの湯』へ。

170909-131.jpg
こちらはびっくりするくらい空いていたよ!
ここもいちお『大沢温泉』なのです。

170909-133.jpg
夕飯はお初の松翠さんで頂きました。

そして今夜のメイン、太鼓フェスティバル。
170909-136.jpg
天城連峰太鼓の演奏はそれはそれは感動的でしたよ!
やっぱり来年も行かなくちゃ♪

終了後は浮島によってカヤックを積み込んでから土肥CCの艇庫へ。
Hちゃんとお初のHさんとSさんがいて夜はそれなりに賑やかに。
日曜日は南伊豆に移動するので日付が変わる前に就寝となりました。




 
2017-08-19(Sat)

2017年北海道 Day7 襟裳岬でアザラシ遭遇! そしてさよなら北海道

最終日は襟裳岬漕ぎ。
大樹町から海沿いに襟裳岬目指すが東海岸は荒れ気味。
結構大きなうねりが入って来ていて漕ぐのは難しそうなんだけどうねりの方向から考えると西側は大丈夫らしいので取り敢えず岬目指す。
途中の川で鮭の遡上も見られたし幸先良いかも♪
また、道路がきれいになっていました。

170819-007.jpg 
襟裳岬は晴れていました
東からのうねりは西側では殆ど影響ない様子
海を見るとアザラシぷかぷか浮いていました♪

170819-009.jpg
ちょっと幻想的

170819-010.jpg
たくさんいるかな?

西側の漁港脇の海岸から出艇しました。

170819-014.jpg
こちら側は静かなのでこんぶとりの船が頻繁に行きかっていました
邪魔にならないように気をつけて出発です

170819-017.jpg
なかなか雄大な景色です

170819-028.jpg
襟裳岬までは3kmほど

170819-049.jpg
あっという間に到着

170819-051.jpg
先端の岩場目指して!

170819-056.jpg
先端の手前で熱視線~
ゼニガタアザラシ発見

170819-115.jpg
もうちょっと先端に進むと岩の上でひなたぼっこしているあざらしたたくさん!

170819-118.jpg
近付くと海に逃げ込んでしまうので近付かないように気をつけながら見学

170819-135.jpg
時々うっかりと近付いてくるアザラシ、カヤックに気がつくと慌てて海中に
その驚いた様子がとてもかわいかった

170819-155.jpg 
先端到着
結界があるかのように岩場の東と西では海の様子が違っている
でもこちら、西側にいれば全く問題無しでした

170819-163.jpg
結界の岩場近くにアザラシがたくさんいるので帰りはぎりぎりをアザラシ見学しながら戻る

170819-201.jpg
襟岬を超えて出艇した浜へ戻るも途中には時々ハグレアザラシがぷかぷかと
中央の黒い物体もアザラシです

8時20分に出艇して11時にゴール。
天気が良かったのでのんびりと乾かしながらお片付け。

170819-GPS02.jpg

170819-206.jpg

170819-207.jpg
昼食は襟岬にある食堂で
私は海鮮丼、たけさんはぶりのかまの塩焼きを頂きました

23時30分、苫小牧発のフェリーまでまだまだ時間があるので最後の温泉楽しみに登別まで!

道東とは違って道路は西に行くほどに混み始めたので日高門別ICから日高自動車道。
苫小牧中央ICまでだったかな?無料区間でした。

頑張って走ったご褒美で白老ICで降りてソフトクリーム。

170819-212.jpg
天野ファミリーファーム → HP
ソフトクリーム、めちゃおいしい!
焼肉もおいしそうだったので次回は焼肉~

そして北海道最後の食事はかなり早い時間だけど虎杖浜のたらこ家で。

170819-214_2017082814111172a.jpg

170819-216.jpg
まだ時間早いし、ソフトクリーム食べたばかりだったので殆ど食べられず(涙)
すご~くおいしいだけど。。。
(営業時間が17時までなので頑張ってみたんだけど)

以前入れなかったアヨロ温泉。
170819-217.jpg

170819-222.jpg
地元で大人気の温泉のようでした

そして最後に登別温泉のさぎり湯。

170819-223_2017082814110565f.jpg
さぎり湯 → HP

170819-224.jpg
今回はモール泉が多かったので白い温泉は久しぶり!
堪能しました♪

22時に苫小牧港に到着していればよいので苫小牧でラーメンでも、と思っていたけどお腹が空く気配は無く。
苫小牧のイオンモールで買い出ししてから港へ。
小樽の『なると』さんが入っていて鶏の半身揚げもあったけど流石に食べられる自信は無くて断念。

フェリーは積み下ろし作業が遅れているようで23時30分出港が1時間近くも遅れて0時30分に。
乗船も遅れたので眠たくなってしまったけど最後のビールってことでサッポロクラシックを飲んでからベッドに入ったのは1時頃でした。

8月20日(日)
終日フェリー。
朝風呂したりスポーツルームで自転車漕ぎしたり読書したり。
出港は1時間遅れたけど到着は15分早くて20時15分、敦賀港。
高速乗った時点では愛知県の一宮あたりが渋滞していたけど直ぐに解消されたのでスムーズに帰宅出来て22時30分くらいに岡崎到着となりました。

帰ってきた愛知県は蒸し暑かった~





2017-08-18(Fri)

2017年北海道 Day6 タウシュベツ陸橋見学カヤック@糠平湖

太平洋側はやっぱり海況良くないようなので、本日は糠平湖でカヤック。
目的は タウシュベツ陸橋。
崩壊が進んでいて見納めになるかも?!という記事を目にしたので。

足寄から1時間ちょっとで糠平湖到着。
キャンプ場の隣にある公園から出艇したのですが、今年は水が少ないので湖面が遠く・・・荷物は最小限にしてのカヤック運搬でした。

170818-002.jpg 
中央に公園と駐車場
トイレはありましたが使用不可でしたので近くのひがし大雪自然館さんでお借りしました。
ちなみに糠平湖でのカヤックの可否もこちらの大雪自然館さんに確認(上士幌町の観光案内所に問い合わせたら、こちらにお願いしますとのことでした)。
動力船はダメだけどその他の船はOKとのことでした。

170818-001.jpg
寒かったので厚着したら途中で暑くなってしまった

170818-008.jpg
気持ち良く漕ぎ進む

170818-011.jpg
このあたりで遠くにタウシュベツ陸橋が見えていました

170818-016.jpg
東側の湖面沿いに漕ぐ。
この向こうには林道が通っているのですが一般車両は通行禁止だそうです
また、電線もこちら側にあるので点検・整備の方は大変そう(熊とか鹿とか)

170818-021.jpg 
木の切り株がダム湖らしい

170818-027.jpg
1時間ちょっとで到着!
ツアーでも来られるようで常時数名の人がいました
ツアーは林道からなので短時間で行かれるようです(林道のかぎを借りて林道通って橋の近くまで行くそうです)

因みに昨年の7月、対岸から見た時はこんな状態でした。

IMG_20160705_092527.jpg 
半分くらい水没している状態も見てみたい

170818-031.jpg
我々も上陸!

170818-041.jpg
橋の上は危険なので立ち入り禁止です

170818-062.jpg
反対側から

170818-076.jpg 

170818-087.jpg
40分くらい見学してたら風があがってきてしまった~

170818-088.jpg
風波もぽちゃぽちゃと・・・
正面の風だし波もないので危険は無いんだけど頑張らないと押し戻されちゃうほどの風!
東の湖岸よりを進むも(いざとなったら上陸出来そうなので)中央付近では一向に進まない。。。
全速力で漕いで漸く風裏到着

170818-091.jpg
ここまでくれば後はのんびり漕ぎ戻るだけ、、、といっても行程の1/5もないんだけどね、ゴールまで(笑)

170818-095.jpg
風で疲弊したので少しでもカヤックの運搬を楽にしたくて川を遡る(笑)
カヤックも真水で洗われてすっかりきれいになってました♪

170818-GPS03.jpg
本日の行程
8時出発、11時ゴール、見学50分
やっぱり湖は強風が吹きやすいのでムズカシイなぁ~
シーカヤックなので多少の風は大丈夫なのですが、これがリバーだったりインフレータブルだと戻ってこられなかったと思います(風待ちすればよいんだけど)。

海じゃないので殆ど洗う必要は無く。
さくっと片付けて、糠平温泉でお昼ご飯と温泉。


170818-097.jpg 
湯元館のすご横にある『ふうか』さん
湯元館のおじさんが教えてくれました

170818-098.jpg
おいしそうなメニューたくさんありましたが、お腹空いていたのでハンバーグカレードリア(サラダ付)を註文

混んでいたし、ハンバーグは作っている音したしで結構時間掛るとかなと思ったけど20分程で供されました。
カレーもハンバーグもめちゃめちゃおいしかった!
糠平温泉、以前はひなびた感じだったけどちょっと賑やかになっているような。
昨年夏に泊った『中村屋』さんもとてもよかったし。


温泉は湯元館(斜里温泉も湯元館)。
15年くらい前のツーリングの時にもよったけど、あまり特徴の無い湯で、昨年の中村屋さん宿泊時も同じような印象。。。
170818-099.jpg 

170818-100.jpg
こちらは男性用
女性用はもう少し狭いのだけど露天もあるし、お昼時間で貸し切りだったのでのんびり入浴出来ました
やっぱり湯は特徴ないのですが、古いけど清潔だしおじちゃん親切だしで良かったです。

まだ時間あるので3年前の冬Tokkyに連れて行ってもらった新得町のごりらのしっぽへ
とてもおいしいクロワッサンだったのです。
然別湖経由ならそこそこ近かったのですが通行止めで上士幌経由だったので結構時間掛ってしまってお目当てのクロワッサンがあるか心配だったけど1つだけ残っていました!
翌日の朝食分とフェリー内での食事分ってことで食パンとライ麦パンも。
こんなに重たい食パンは初めて~(笑)
どれもこれもおいしかった!
癖になるおいしさです。

170818-102_20170827184359ada.jpg
ごりらのしっぽ → HP

まだお腹空かないので帯広市内でお買い物したりしてちょっとのんびり。
で、この日の夕飯は帯広駅近くのぱんちょうでぶた丼!の予定だったけど『臨時休業』の看板(涙)
このお店、ツーリングマップルにはずーっと前から載っているので知っていたのだけどなかなか帯広駅前にお昼もしくは夜に行くことは無く。
(駅前のホテルに泊ったことあるけど、目的は屋台村だったので・・・)
一体いつになったらぱんちょうで豚丼食べられるんだろう?
もうずーっと食べられないかも、なんて(笑)

直ぐに気分を切り替えて西帯広駅近くの有楽町さんへ。

5時15分頃に入店したら既に半分くらいは席が埋まっていて、帰る頃には満席でした。


170818-105.jpg
ジンギスカンにホルモン

170818-106.jpg
最後の〆はホルモンにうどんを投入~
これが忘れられないおいしさなのです
二人で2000円もしないという値段にもびっくりです♪

明日は襟裳岬漕ぎを狙っているけど海況悪いようなら大樹町の歴船川の予定なので取り敢えず大樹町に向かって南下。

19時くらいに到着しそうなので『ヨード泉』という言葉につられて 晩成温泉 へ
170818-113.jpg

170818-108.jpg
これがヨード泉!
良い湯だしサウナが気持ち良かったのでついつい長湯♨

170818-110.jpg

170818-111.jpg
大樹町の晩成温泉で大器晩成を狙っているのか?!(笑)

そうそう、大樹町って最近聞いたぞ、と思ったら7月に打ち上げられたホリエモンの出資したロケット会社のある街でしたね。

大樹町の街中に戻って道の駅コスモール大樹で車中泊。
ここは街中にあってショッピングモールになっているようでした。
 


2017-08-17(Thu)

2017年北海道 Day5 知床、熊ウォッチングカヤック

昨日は太平洋側でグルメ三昧してましたが、青空求めた結果、本日はオホーツク側でカヤックとなりました。
昨日もウトロ側は晴れていたようなので素直に昨日漕ぐべきだったか?知床(笑)

道の駅摩周で目覚めると夜半に小雨が降った様子。
曇天だけどきっとウトロは青空のはず。
そして風も午前中なら持つはず!ってことで一路ウトロへ。
昨年までTokkyが住んでいた川湯通過。
川湯共同浴場で朝風呂したかったけど流石に早朝過ぎて営業時間外(涙)
 
7時少し前にウトロ到着。
今回はいつもの出艇場所(こちらはいくばくかの使用料を支払って使用させてもらってました)の手前の浜から。
こちらは個人の所有地ではないようで、小規模な商業ツアーの方も使用していて、上陸時に少しお話しましたが使用しても問題無いような感じでした。

170817-006.jpg 
心地よい風に青空
カヌー日和の知床ですが午後からは風があがってくるようなので午前中勝負です

170817-009.jpg
フレペの滝(乙女の涙)

170817-016.jpg
男の涙(湯の華の滝)
こちらは手前の滝が朝日をあびてきらきら、そして風で水が途中で吹き飛ばされていて幻想的でした

170817-029.jpg
岩尾別
ここから出艇出来れば日帰りでもカムイワッカよりも更に先に行かれるのですが。。。
道路から海までが遠いうえにとてもカヤック運べる道ではないうえにヒグマもいます

170817-033.jpg
8時くらいからは観光船も往来して賑やかに
ただ、岸に近い場所には定置網が多々あるので少しの区間気をつければ接近することは殆どありません

170817-037.jpg
ここを超えるとイダシュベツ川

170817-038.jpg
出た~!
今回もヒグマ登場

170817-039.jpg
3年前のヒグマよりも一回り小さいような。。。
代替わりしたのか、やせ細っているだけか??
暫く観察していましたが、時々魚も口にしているようだったので食料不足ってことはないようなのでやっぱり代替わりしたのかな。

170817-049.jpg
川の左右を行ったり来たりしてました
我々の存在、気が付いているようではありました

170817-053.jpg
結局20分以上もヒグマ観賞してしまいました
そろそろUターンしないと、な時間だけど3時間近く乗りっぱなしで疲れたのでカムイワッカの滝のある浜で上陸してしばし休憩
これがまだお湯だったら最高なのにね♪

10時40分、スタート地点に向かってGo。
帰りは潮の流れと風でなかなか進まず。
腰痛い~と主ながらも休むと戻されちゃうので漕ぎ続けること1.5時間で岩尾別。
岩尾別から先は風も潮の流れも止んで穏やかになって漸くのんびり漕ぎが出来ました~。

170817-076.jpg
波がないから漕ぎにくいことはないんだけど潮の流れがあるのか重たい!
向い風ってこともあって漕ぐほどに腰が重たくなるのでした

170817-078.jpg
帰りはヒグマには遭遇しなかったけど知床五湖では観光客が遊歩道にいるのが見えていました
いつか行きたい、と思いながらも行っていない知床五湖ってどんなとこだろ?

13時、ウトロの出艇場所にゴール!
GPSデータはありませんが、3年前に同じコース漕いだ時は29kmでした。 → 
(少し前から動作が不安定だった@trip、久しぶりに開いたら以前のようにスムーズになっていたのでこちらをリンクしてみました)

170817-083.jpg
今回はこちらから

お昼ご飯は道の駅ウトロシリエトクにて。
170817-085.jpg 
私は鹿バーガー
弟子屈の900草原レストハウスのエゾ鹿バーガーのほうが数倍おいしかった
作り置きしたものをレンジで温めているのが敗因かな~ 作りたてならおいしいんじゃないかしら?

170817-084.jpg
こちらはこけももアイス(ミックス)
まぁ、普通かな

ウナベツ温泉に寄る予定で走りだしたけど久しぶりに斜里温泉に入りたかったのと、斜里の街中のコインランドリーでお洗濯もしたくて、一旦ランドリーによってから湯元館に。

170817-086.jpg
入浴料金は400円
15時少し過ぎでしたが女性は貸し切りでした
10年前に来た時は通常料金で岩風呂(家族風呂)に入ることが出来て感激したんだけどな~
今は家族風呂は別料金になるみたいです

夕飯は美幌で焼肉・田村か北見で回転寿司・トリトンか?
私は両方行ったことあるのでたけさんにお任せしたらトリトンに行くことになりました。

170817-089_20170827151004c3b.jpg
一年ぶりのトリトン
一人で入っても楽しめるのが回転寿司
今回は二人なのでたくさんの種類食べちゃえて大満足!
北見周辺にも魅力的な温泉はたくさんあるけど、今日は足寄まで行くので食べたら即南下

足寄までは真っ暗な道!
でも数年前の冬、この真っ暗な道をもっと遅い時間にTokkyは車走らせてくれたんだよな~
私は何もできずに乗っているだけでした。

そして途中で『日本一寒い りくべつ』通過。
ここもTokkyが連れてきてくれたっけ、しばれフェスティバルの夜に。

そしてその夜に入れなかった足寄温泉に今宵は(笑)

170817-105.jpg

170817-106.jpg
そこそこ寒くなっていたので気持ち良く入浴

色とかおりから硫化水素泉かな?と思ったらナトリウム-塩化物温泉でした。

今宵は松山千春さんの古里・足寄の足寄銀河ホール21で車中泊。
ここは2006年まで足寄駅があった場所で道の駅になっています。
車は少ないのですが国道脇で時々大型車が通ると音が気になりますが、快適気温なので(外は寒いくらいだけど車内は適温)比較的ぐっすりと就寝出来ました。



2017-08-13(Sun)

2017年北海道 Day1 積丹半島でシーカヤック

8月11日(金)
たけさん退社後の19時少し過ぎに岡崎の自宅出発。
まずは近所の五味八珍にて夕飯。
豊田東から高速乗るも事故通行止めで塩尻北で降ろされる。
松本から再び高速乗るも既に12時近く、姨捨PAにて力尽きてここで車中泊。
少しは涼しいかと思っていたけど蒸し暑くあまり眠れず。

8月12日(土)
4時に起床。
昨夜までは三陸海岸目指していたけどお天気悪そうなので急遽予定変更して新潟港で北海道行きのフェリーのキャンセル待ち。
もしとれなかったら当初の予定通りに東北方面へ。
三陸海岸がダメだったら日本海側とか陸奥湾あたりで漕いでから当初の予定通りに15日(火)の深夜に八戸から北海道へ。
6時に新潟港に到着するとキャンセル待ちしているのはライダー1名のみ。
出港は11時45分で確定するのは10時過ぎとのことでほぼこの時間に確定。
急いで手続きしてからガソリン入れたり買い出ししたり。

定刻の11時45分に新潟港を出港して一路小樽港へ。

180812-001.jpg 
今年の6月に就航したばかりのあざれあ
新しい船は雑魚寝の大部屋はなくてベッドのツーリストタイプのみ
格安のベッドは1つしか空いていなくて私は小さいながらも個室タイプ
そこそこ広くてのんびり出来ました

180812-005_2017082318204387e.jpg
フェリーといえばジンギスカン
今回も上陸前から北海道気分満喫♪

殆ど揺れることも無く、昨日までの寝不足を補うかのように寝てばかりであっという間に小樽到着となりました。

8月13日(日)
定刻の4時30分、小樽港到着。
曇天、そして涼しい~。
以前は早朝小樽到着の朝食は市場でしたが、今日はお昼にウニ丼なので朝食はコンビニで簡単に。

まずは積丹岬目指して幌武意漁港へ。
漁港に到着して地元の方に伺ったら漁港ではなく反対側の海岸からなら出艇しても大丈夫ってことだったのでそちらに。
50Mほど穴だらけのダート走行があるし、車へのあぶアタックが猛烈でしたが出艇はしやすかった。
170813-022.jpg 
積丹岬目指して
2回目の積丹岬です

170813-016.jpg 
女郎岩


170813-028.jpg
洞窟

170813-030.jpg
洞窟内部から

170813-045.jpg 
積丹岬でUターン
穏やかな海なので神威岬まで漕いで行っちゃう?!って話も出たけど退屈な海岸線の往復は気力がなえそうだったので一旦戻って車で移動して神威岬に行くことにしちゃいました。
片道だったら行ってもいいんだけどね~ってほど退屈そうな砂浜なのです、神威岬まで。

170813-055.jpg
島武意海岸
朝早いので殆ど人はいませんでした


170813-110.jpg
曇天だけど積丹ブルー!


170813-062.jpg
まだ時間があったので幌武意漁港を通過してマッカ岬まで行ってから戻りました。
7時に出艇して戻ってきたのが10時少し前でした。

車で神威岬近くの余別の浜に移動して出艇したのは11時少し前。
神威岬漕ぎは2回目だけど前回は雨も風もあるなかをタンデム艇だからと強行したのであまり満喫出来なかったのだ。

170813-073.jpg 
神威岬まであっという間!

170813-072.jpg
神威岬の遊歩道にはたくさんの人
昨年の7月はバイクで来たんだよなぁ~ここ

170813-085.jpg 
前回はなんとか近付いただけでしたが今回はぐるりと一周出来ました


170813-090.jpg
こちらは神威岬の西側です

 170813-096.jpg
名残惜しいけど。。。さよなら神威岬!

170813-108.jpg
神威岬の見えるこちらで少しだけ上陸休憩

170813-110.jpg
曇天だけどやっぱり海の色はきれいでした

サクサクっと漕いで12時30分頃に上陸。

170813-112.jpg 
お昼ご飯はこちらの民宿大島さんで
我が家はいつもこちらでうに丼頂いてます。

170813-113_20170823182147475.jpg
赤うには売り切れってことで白うに丼
2800円でした。
このかにの汁もおいしいのです!
今年は完食出来ました♪

まだ3時前だったのでこのまま一気に帯広まで走って、今夜は有楽町でホルモン&ジンギスカン!と張り切っていたけどまさかの余市の街中渋滞であえなく断念。
ならばと札幌のひょっとこでジンギスカンと電話するも定休日。
更に道東道の事故通行止めもあって帯広行きはあきらめて千歳東ICで降りて気になっていた松原温泉旅館さんへ


170813-115.jpg
大通りから外れた場所にありました

170813-116.jpg
2種類のお湯が楽しめます
どちらも良い!
奥が重曹泉でつるつる、なのですがここ、下が男女繋がっています。
そしてドアも開け閉め出来るので入ったらまずは鍵が掛っているか要チェック!です。

170813-118.jpg
こちらが泉質です

どちらの湯もとてもよくって何時間でも入っていたいくらいでしたよ!

松原温泉旅館
千歳市泉郷708
0123-29-2536
10-21:30
木曜休み

このあたり、小さな温泉がいくつかあってどこもそこそこ良さそうです。
今後も楽しみ♪


夕飯は松原温泉旅館から少し走った場所にあるFIRM YARDさんで。
ラストオーダーの30分程前に到着したのですがまだまだ賑わっていて、10分程待って漸くテーブルに。

IMG_20170813_183538.jpg 
すてきなアプローチ
帰る時間は真っ暗になっていて駐車場は街灯も殆どないので怖いくらいでした

170813-121.jpg
こちらがお店のうりのスープスパイス
スープカレーのようなものですがカレーよりもよりスパイスが効いていておいしかった。
辛さも選べます。
こちらにサラダ ↓ とライス(サイズが選べます)がついています。

170813-122.jpg

170813-120.jpg
たけさんがこちらのお野菜たっぷりの一皿もオーダー
少し頂きましたがどれもこれもおいしかった♪

ほんとはスパイス手打ち麺なるものを食べたかったのですがこの日は完売だったようで。
かなりおいしそうだったのでまた行きたいお店です。

温泉と夕食でゆっくりしていたら道東道の通行止めも解除になったようなので道東へ。
足寄まで行きたかったけどカヤックして長距離運転して、ついでに雨や霧で視界が悪かったりで帯広平原SAで本日の走行は断念して車中泊となりましたzzz











2017-07-30(Sun)

紀伊長島の海をご案内?!

H女史の依頼により紀伊長島の海をご案内。
カヌー雑誌の記事になるんですって!
こちらに引っ越してきて2年半、そんなに詳しくないんだけど。。。
でも日帰り圏内なのでこちらに来て一番漕ぎに行っているエリアです。
独身の頃は三重といっても贄湾あたりしかいったことなかったけど、こちらのほうが断然楽しい。

紀伊長島駅前の万両寿司さんでさんま寿司とかき寿司購入してから待ち合わせ場所の浜へ。

170729-28.jpg

台風五号の影響で波高し・・・
他に良い場所ないかな~と探したけどイマイチ。
でも午前中は雨は降りそうにも無くなんとなく明るいので写真だけでも、ってことで小山浦へ。
出艇準備して海へ!と思ったら波が高くなりNG。

H女史とカヌー雑誌社のHさんとカメラマンMさんが前夜キャンプした古里海岸は穏やかで出艇しやすそう、ってことでそちらに移動。

海水浴シーズンなので出艇大丈夫かな?と思ったけど、海水浴客も少ないからかな?快くOKして頂きました(海水浴場の施設の方に確認)。

170729-15.jpg
赤野島
穏やかな海でした

穏やかなので天満洞行っちゃう!と南下することに。
そしたら!持ってるH女史のおかげで野生のイルカに遭遇♪
野生のイルカがいるらしい、とのうわさはあったけどまさかほんとにいるなんて~ 170729-20.jpg
拡大図なので画像あらくてスイマセン~
この後このイルカは進路は180度転換して我々の後方へ
子イルカ数匹が軽快にジャンプを見せてくれました
 170729-22.jpg
イルカ遭遇後、鈴島あたりの海はこんな感じに
どんぶらこどんぶらこでカヌー雑誌社の方は漕ぐのが大変そう。。。
(インフレータブルなうえに喫水高くて波に翻弄されておりました)
天満堂まではまだ1時間以上掛るし、お昼過ぎてお腹すいたので 天満洞は明日に持ち越してお昼休憩の為に鈴島へ

170729-27.jpg
鈴島手前、見事な波が立っていてサーファーがたむろっておりました
波がたっているということは上陸はそこそこ大変で。。。

1時間ほどゆっくりしてから出艇した古里海水浴場へ。
海水浴場エリアの外で少しだけ海遊びしてから16時に終了となりました。
台風の影響で海には出られないかも?!なんて思っていただけに漕いだ距離はわずかだったけど楽しかったし野生のイルカとの遭遇は感動でした♪

この日は初めての古里温泉宿泊。
  170729-41.jpg
民宿さざなみさん
建物は少し古いけど中はとてもきれいだし従業員のおばさまたちはおちゃめ
お風呂が温泉じゃないのだけがザンネンでした~!

この日は近くで花火大会(小規模だと宿のおばさまたちは言ってましたが)あったけど夕飯食べていたら雨が降り出したのでそのまま宿でのんびりすごして22時には就寝zzz



170729-42.jpg
紀伊の松島の案内図

日曜日は朝から降り出しそうだったけど、海は土曜日よりは穏やかってことなので(朝一で波乗りに言ったたけさん談)昨日出艇を予定していた船越海岸へ。
公衆トイレとシャワーがあって海へのアクセスは容易ですが、まだ少しだけ波があったので出艇と上陸が難しかった。
でも天満洞までは直線で2kmほどなのですよね。
(ずーっとてんまんどうだと思っていたらてんまどうでした!)
10年くらい前に初めて天満洞に行った時はもっと近い和具の浜海水浴場から出艇しているようでした。
そしてマンボウに遭遇したのもここでした。

170730-05.jpg
穏やかな海だったのでのんびりとおしゃべりしながら漕いでいたらあっという間に天満洞
 170730-06.jpg
時々大きな波がざぶーん、と

まずはたけさんが偵察で往復。
その後にH女史、続いて私、、、なんだけどタイミングが悪くて洞門内で左の壁に激突しそうになってヒヤヒヤでした。
ラダ―だしていれば問題無く通過出来たんだけど、前日の上陸時に油断していたらカヤックが真横になってしまってラダ―を上げ下げするロープが制御不能になってしまったのでした(涙)
最近は殆どラダ―無しで漕いでいるけどこんな時は必須なアイテムなのです、やっぱり。
 170730-10.jpg
反対側は穏やかでした
そして角度によってはハート型♪
たけさんとH女史なんだけど仲良く手を繋いでいるみたい(笑)
 170730-12.jpg
もう一度洞門通過する気にはなれず大回りして戻ることにしたのは良いんだけど『結構大きなうねりはいってるな~』と波を見ながら漕いでいたらすっかり酔ってしまったようで。
(そもそも、ラダ―の調子が悪くて何度も後ろを見たりしていたのも酔いの原因なのですが)
そしてこんな日に限って毎回飲んでいる酔い止めも飲み忘れ。。。
酔い止め、ただの気休めに飲んでいたんだけど、実はきいていたのかも?!

もう必死で船越海岸目指して漕ぎましたよ~
久しぶりの船酔い、、、やっぱり辛い(涙)
でも上陸直後にウミガメらしき残像を見ました。
あの波形はウミガメに違いない、と思ってます。

上陸後は銚子川で塩抜きカヤック。
 170730-16.jpg
そこそこ水量もあって冷たくて気持ちよくて1時間ほど遊んでしまった
身も心も?カヤックもきれいになって上陸したらもう1時近かったのでお腹ぺこぺこ

今年3回目の『海鮮や』さんで海鮮丼。
最近のお気に入りの海鮮丼なのです。

取材の〆で熊野古道も少しだけ(ほぼ撮影だけ)。
 170730-31.jpg
国道沿いの駐車場に車をとめたら直ぐに石畳
そして雨にぬれてしっとりした木々が雰囲気良かったです

もう少し涼しくなったら馬越峠まで行ってみます♪

いちお、ここで取材は終了~
取材ってことだったけど我が家は十二分に楽しませていただきました。
雑誌は秋に販売のようで楽しみです。

この日は鈴鹿八耐レースなのでなるべく早く鈴鹿を通過しようってことで頑張って運転して、いつも通りの亀山渋滞にはひっかかりながらもなんとか18時には四日市。
19時には岡崎到着となりました。

お隣の豊田市のおいでん祭の花火大会があるってことだったのでどこかで見られないかな?と探し回ったら水源公園近くの橋から少しだけ見えてました。
 IMG_20170730_195456.jpg
気田川の花火と違って鮮やかで形もいろいろで大きかったよ(笑)

10分ほど観賞してから帰宅しました。


2017-07-02(Sun)

シュノーケリングシーズン到来!

シュノーケリングしに三重は尾鷲湾に。

4時に起きて岡崎を出発。
この時間はまだ渋滞がないので7時には小山浦の海岸に到着。
500円の駐車代を支払って出艇したのは7時40分。

DSCN4897.jpg
いつもはいかない南側にある2つの無人島、佐波溜(さばる)島と桃頭(とか)島経由でシュノーケルポイントへ。
尾鷲湾を横断中、初めて海保の船によびとめられました。
うねりがあってカヤックは見られにくくなっているから注意してね、とのことでした。
 DSCN4924.jpg
2017年お初のシュノーケリング。
まだ水が冷たいので20分くらいでギブアップです。
上陸後は太陽が出てきたのでのんびりとお昼休憩。
 DSCN4947.jpg
こちらがいつものシュノーケリングポイント。
外は少しうねっていたけど、このあたりはべた凪なのです。

カヤック旅はYAMAPで → 

15時少し前に上陸。
ささっと片付けをしてから温泉へ。
でもその前におやつの時間♪
 DSCN4975.jpg
最近の定番の卵卵ファームでシュークリーム。
今日はロールケーキ食べる気マンマンだったけどなかったよ(涙)
 DSCN4976.jpg
少し戻って古里温泉。
海水浴シーズンがはじまりつつあるので15時くらいはそこそこ賑わっていました。

今日は5時に朝食、11時に昼食。
そして昼食はおにぎり1個半だけだったのでシュークリーム食べたとはいえお腹が空く。。。
早めの夕飯は紀伊長島のこちらで。
DSCN4977.jpg DSCN4978.jpg
海鮮丼頂きました。
う~ん、、、私の理想の海鮮丼じゃななかった。
 DSCN4979.jpg
たけさんはかきの握りも。
1つ頂きましたが、あんまり得意じゃないのだ、これ。
 DSCN4980.jpg
メニュー。
お土産に頂いた焼きサンマ寿司は美味しく頂きました。
朝から営業しているようなので次回はお昼用にテイクアウト。

17時少し前に紀伊長島を出て、鈴鹿あたりの渋滞回避で一旦下道降り、四日市から再び高速で岡崎へ。
19時半くらいに帰着。
鈴鹿あたりの渋滞さえなければ更に快適なんだけどね。

2017-05-28(Sun)

三重 紀北町でリベンジ!天満洞と島渡りカヤック

土曜日はたけさんも私も20時過ぎの帰宅だったけど、日曜日もお天気良さそうなので海へGo!

朝4時に起きて三重県へ紀北町へ。
カヤック仲間に教えてもらった三野瀬駅近くの海岸から出艇。
きれいなトイレもあって駐車場から海も近くて良い出艇場所でした。
が、戻ってきた頃にはこの季節なのに海水浴したりBBQしたりしている人が多かったのでこれからの季節は賑わっていて出艇はムズカシイかな。

170528-034.jpg
12年ぶりの天満洞

170528-106.jpg
お初の大島(右側の大きな島)
上陸禁止とのことなので眺めただけ
左側の岩場には釣り人がたくさんいたのでこちらは上陸自由なのかな?  

カヤックの様子はYAMAPにて → 

お昼ごはんの前にきいながしまの古里温泉でさっぱり。

170528-202.jpg
ここのお湯はつるっつるで気持ち良い
お昼時だったので空いていてゆっくりできました 

170528-204.jpg
紀伊長島の道の駅の前にある まるます さんでお昼ご飯

170528-206.jpg
紀伊長島に行った時の定番となりつつある 卵卵ファームでシュークリーム
クリームは注文後に注入なので出来たてぱりぱりです

170528-208.jpg  170528-207.jpg
駅前の万両寿しさんで焼きさんま寿司と牡蠣寿司
夕ご飯にしましたが、どちらもおいしい

昨日のダウンリバー、今日の久しぶりのシーカヤックでかなり疲れてしまったようで帰りは車中で熟睡してしまったのでした。
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR