2017-05-21(Sun)

シーズンラストは立山で

今シーズンのBCスキーのラストは立山。

東海のシーカヤック仲間に誘われて行ってきました。
前回は2014年の11月なので2年半ぶりです →  
宿泊は『みくりが池温泉』。
ここは温泉はとてもよいので楽しみ楽しみ♪
総勢10名、殆どがカヤッカーです。
でもBCでご一緒するのは初めての方々ばかり。

金曜日の夜に岡崎の自宅出発してSAで車中泊。
このところ金曜夜は車中泊ばかりです(笑)

週末は暑くなるとの予報だったけど5時でも暑い。。。

7時40分のケーブルカーで室堂へ。
立山駅(富山)から室堂はケーブルカーと高原バスで。
運賃は2430円。
長野県側の扇沢駅からはトロリーバス、ケーブルカー、ロープウェイ、トロリーバスで運転は5860円。
岡崎市からだと立山駅のほうが少しだけ遠いのだけど、立山駅のほうが断然お得!


170520-004.jpg
標高500Mを7分で
かなりの急こう配!

 170520-060.jpg
こんなところを滑りました
縦溝たくさんの急斜面にびびりまくりの私
中盤までは、左はキックターンで右はテレマークターン
そしてまたまた横滑りして左はキックターンで右テレマークターンで
あまりにも悔しいので少しだけ登り返してみました(笑)
 

170520-073.jpg
久しぶりの大パーティ
 170520-088.jpg
あんなところから滑ってきました!

ツアーの様子はYAMAPで → 
 170520-091.jpg
ロープウェイの駅でハッピータイム
我が家はお酒弱いので炭酸ジュースとソフトクリームで(笑)
 170520-092.jpg
まずはロープウェイ
 170520-094.jpg
つづいてトロリーバスで室堂に戻ります
 170520-103.jpg
ステップ板の我が家は室堂ターミナルからは板履いてみくりが池温泉へ
みくりが池、とてもきれいなブルーでした
 
170520-113.jpg
まずは温泉!

170520-114.jpg
このあと2回入ったので合計3回入りました

170520-131.jpg
夕飯食べてもまだまだ明るい
そして暖かい

170520-120.jpg

夜はお部屋飲み。
私は炭酸ジュース。
暫くするとふらふらしてきてしまって20時にはベッドへ。
高山病だ~(涙)
結局起きてもふらふらは続き、頑張って準備して室堂ターミナルまで歩いたけど途中何度か躓いたりして、最後には気持ち悪くなってしまったので本日、日曜日のツアーは断念して室堂から乗り物で早々に下山となりました。
ターミナルでは縞枯友達のAちゃんとNちゃんに会えたし、下山後も暫くふらふらしていたので正しい判断だってことで後悔はなく、2016-2017のシーズンは終了となりました。

皆さんは天狗平まで滑ってからの下山で13時少し過ぎに駐車場に戻ってきました。

吉峰温泉に入ってさっぱりしたころに漸く復活!
そして最後のお楽しみ、富山のお寿司は満喫することが出来ました♪

170521-064.jpg
富山市内のすし玉さんへ
どれもおいしい!
き○き○よりも好きかも~とこの店を案内してくれたTさんに言ったら『氷見本店はまた違うからそちらも行ってみて』ですって。


170521-065.jpg
Tさんお勧めのかわはぎ
もう一皿食べちゃった♪

170521-066.jpg
さすが本場!
ほたるいかもおいしい

170521-067.jpg
この日のお勧め五種は白エビ、ぶり、のどぐろ、ずわいがに、かさご
しろえびぷりぷり

170521-070.jpg   
白エビは唐揚げも食べちゃいました

15時なのに店内はほぼ満席。
納得なお味でした。

16時少し前に富山から高速道路に乗って渋滞も無いので19時少し過ぎに岡崎市到着。
立山、意外と行きやすかった。








スポンサーサイト
2017-05-07(Sun)

2017年GW、バックカントリースキー旅(概要)

今年のGWはバックカントリースキーの旅でした。

18362008_642759145920827_317328347_o.jpg 

4月29日(土) 至仏山(お初) ハイクアップは950Mくらい
当初は岩木山まで一気に走って南下の予定でしたが縞枯仲間が至仏山に行くというのでまぜて頂きました。
日帰り組4名(我が家含む)と前泊・後泊組4名の8名で鳩待峠から出発。
この日は午後から天候が悪い方向へ急変するってことなので日帰り組はがしがしと。

170429-013.jpg
出発時、7時頃は青空ものぞいていたのですが。
  170429-182.jpg
山頂から滑走して2本目滑る為に登り返している途中で雪がちらつき。
山頂に戻るのはやめてトラバース気味に滑走斜面に向かっていたらホワイトアウト気味に。
この先まで滑ったところで青空が戻ってきたのでランチ休憩してから鳩待峠へ。
バスに乗って駐車場に戻って片付けが終わった所で雨&雷でした。
ぎりぎりセーフ!
取り敢えず1本目は快適ザラメでした♪
沼田でソーツかつ丼食べてから我が家は桧枝岐へ移動。

4月30日(日) 会津駒ケ岳(お初) ハイクアップは1220Mくらい
燧ヶ岳リベンジ!の予定だったけど登山口までの道路開通が2日とのことなのでこの日は会津駒へ。

IMG_20170430_110738.jpg
登山口から板履いたままでハイクアップ出来ましたがかなりの急斜面。
急斜面すぎて少しだけ板背負ってのハイクアップ。
森林限界まではそこそこ急な斜面な上に登山者多いので登山者の穴だらけでスキー板でのハイクアップ、滑走は大変でした。
森林限界から山頂へは穏やかなの斜面。
ただ、この日は滑走向けな雪ではなくてかなり苦戦。
スキーというよりも登山な感じな本日でした。

5月1日(月) 観光
雨予報だったのでこの日は南会津観光。
IMG_20170501_075924.jpg湯ノ花温泉で共同浴場巡り。
初めてだと思っていたけど12年前にも来てました(笑)
会津田島でトマトラーメン食べてドライブして桧枝岐へ。
本日は唯一のお宿泊り。
尾瀬野さんにチェックインして洗濯機もお借りして身も心もすっきり♪

5月2日(火) 三ッ岩岳(お初) ハイクアップは1300Mくらい
燧ヶ岳登山口の御池までの開通は何と午後2時(涙)
もう一つの候補地だった三ッ岩岳へ。

 DSCN3371.jpg下部は雪無しで1時間半くらいは板背負ってハイクアップ。
しかも最初に登山道が見当たらず藪漕ぎ(涙)

IMG_20170502_111533.jpg
雪が出てきてからは登りやすく滑りやすい斜面でした

下山後は木賊温泉。
お初と思っていたら前回も来てました(笑)

5月3日(水) 燧ヶ岳(リベンジ!) ハイクアップは850Mくらい
12年前も御池までの道路が開通していなくてかなり下からのハイクアップ。
6時スタートで14時近くまで登り続けても山頂至らずでした。

DSCN3509.jpg
御池登山口からだとゆっくり出ても午前中には山頂!
山頂直下は急斜面ってことでしたが登りやすい雪だったので直登でがしがしと。
左後ろは至仏山! すごい人なんだろな~

下山後は桧枝岐で たち蕎麦 頂いて、今回2度目となる 古町温泉でさっぱりしてから米沢牛食べて月山へ。

5月4日(木) 月山(お初) ハイクアップは900Mくらい
前回は湯殿山だったので月山はお初。

DSC03641.jpg月山から湯殿山に行きたかったけど時間もないしルートもあやふやだったので月山の山頂から東斜面を滑走。
こちらは殆どシュプールは無く。
少し斜度の緩い斜面をステップカットで(シール無しで)登り返して2本目も楽しんで姥ケ岳経由で下山して鳥海山へ移動。

5月5日(金) 鳥海山 ハイクアップは900Mくらい、内650Mはステップカット(シール無し)で

DSCN3673.jpg
鳥海ブルーラインは8時開通。
登り始めが9時近くになってしまったので新山には行かれずに文殊岳からドロップイン。
念願の海見ながらの滑走を満喫して今回の旅は終了となりました。

詳細はおいおいと~

 



 
2017-05-05(Fri)

2017年GW、バックカントリースキー旅 Day7 最後は鳥海山でBC

明日は雨予報なので今日が最後のBC。
場所は鳥海山。
久しぶりに鉾立からです。
日本海を見ながら滑るんです!

鳥海ブルーラインは8時から17時までしか開通しないので少し早目の7時過ぎに行ったら既に10台以上の車が開通待ちしていた。
びっくり!
皆さん、鉾立の手前の雪上にアクセスしやすい場所の駐車狙いだったようです。
私も、と思ったけどやっぱりトイレ完備の鉾立から。

17005-008.jpg
今日も山頂は遠い!

17005-062.jpg
文殊山で時間切れ
山頂(新山)はまたのお楽しみ

17005-117.jpg
日本海見ながら滑走~
 
ツアーの様子はYAMAPで → 


ツアー終わったらあとは帰るだけ。
最後の温泉はどこにしようか悩んだけど、比較的近くで比較的良さそうなこちら アイアイひらた

17005-121.jpg
昨日と同じく ナトリウム塩化物強塩温泉
でも昨日よりも髪の心配は不要なのはシャワーは温泉じゃないからかな(笑)
こちらもとてもきれいでゆっくりできる施設でした 

 17005-122.jpg
こちらは庄内平野が見渡せました

今日の夕日は 笹川流れ から
また漕ぎに来たいな。 17005-124.jpg

そして旅の〆メシは 『悠流里(ゆるり)』さん
2年半ぶりの訪問です。
毎回悩むのが海鮮丼か村上牛の炙丼か。

今回は海鮮丼にして村上牛を少しだけ。
 17005-125.jpg
おいしい!
次回は村上牛の炙丼だね(笑)
 17005-128.jpg
のどぐろの干物
毎回お刺身をお願いするのだけど、売り切れで干物ばかり
 17005-129.jpg
海鮮丼
サーモンってあまり好きじゃないんだけど、これはサーモンじゃなくて鮭なのでおいしく頂けます
お腹一杯になりすぎて少したけさんに助けてもらいました

夕食食べて少し眠らせてもらって妙高から私の運転で岡崎へ。
この時点で23時。
岐阜に入ったあたりで運転交代してもらおうかと思ったらたけさん、目が痛くて視界がぼやけるとのこと(目が焼けたようです!)。
自宅まであと1時間ちょっと。
ここで車中泊するのもなんだかな~、なので頑張って運転して26時30分、なんとか無事に帰着となりました。 
2017-05-04(Thu)

2017年GW、バックカントリースキー旅 Day6 やっと!月山BC

本日は月山。
13年前に来た時はお隣の湯殿山に行ってしまったし、東北に来ても何故か毎回素通り。
リフトトップからのアクセスなのでのんびりめの出発です。

 170504-001.jpg
7時20分に到着
駐車場は500円(美化協力金だったかな?)
こちらでは特に情報は無く
ほんとに車とめるだけ
リフト乗り場はここから10分程
我が家はステップカットの板なので履いたままいかれたので楽でした

リフトは580円。
たくさんの人で賑わっていますがゲレンデスキー、ゲレンデボードのついで、という感じの方が多いようでスキー板(シール)で月山山頂目指す人は少なめでした。
大半は登山で大半は板担いで。

リフトトップは1500Mで月山山頂は1979M。
トラバース気味に徐々に標高あげて、最後に急坂少々。
あっという間に到着ですが、山頂は風強く。。。
少し標高落とした小屋の陰でシールとってから東斜面滑走。

170504-027.jpg
鳥海が呼んでいる(笑)
 170504-037.jpg
山頂直下から東斜面へ
急斜面~って思ったけどナイスなザラメであっという間に滑り終わってしまった
たったの200Mだからね
もう少し行けそうだけどステップカットな我々はシール無しでの登り返し滑走を選択
これもまた楽しく
2度目の滑走の後は貸し切り状態の東斜面でランチ休憩

登り返し後は姥ケ岳経由で駐車場へ。
ゲレンデ内はずたずたで難行でした(笑)

ツアーの様子はYAMAPで → 

早く下山出来たのに鶴岡に向かう逃げ道なき国道で事故渋滞(涙)
ただ、月山から入った我々はまだましで鶴岡方面からは10km近く渋滞しておりました。

明日は鳥海山。
今日は酒田あたりで海鮮丼だね~ってことで手前の鶴岡市の長沼温泉『ぽっぽの湯』でのんびりと。
 170504-097.jpg
このあたり、ナトリウム塩化物泉が多いようで、ここは更に強烈な ナトリウム塩化物強塩温泉 
湯量も豊富のようでシャワーもトイレも温泉使っているのでトイレなんて一瞬『汚い!』って思えるほど
トイレには『掃除はしていますが、温泉なのでxxx』のような貼り紙がありました
またシャワーも温泉水、それも塩、、、当然ですが髪はばりばり
とても濃くて良い湯ですが髪対策は必要です(笑)
        170504-098.jpg 170504-100.jpg
露天からは鳥海山と月山が見えたそうです、男性側
多分、女性側も立ち上がれば見えただろうけどそれはせず
露天はとても気持ちが良くてうとうとしてしまった~

温泉を出て酒田に向かう途中で日が暮れて。
 170504-111.jpg
水田に映る鳥海山

酒田市内で海鮮丼食べようと思ったら終わるの早かったり、予約で一杯だったり。
そもそもお店が少ないようで。
駅近くにいったら全国展開のチェーン店が賑わっていて駅前には無料駐車場もあったので20分ほど並んで入店。
 170504-116.jpg
岡崎駅近くにもあるようで、今度行ってみよ!
 170504-117.jpg
海鮮丼
確かこれで780円
 170504-118.jpg
このあら汁が安いうえに具がたくさん、そして大量
二人で1杯で充分でした
 170504-119.jpg
たけさんはこぼれ盛り(寿司)1200円

サラダとか焼き物をいくつか頂いて、全部で3000円ちょっと。
お店も活気があって思わず飲んじゃいたくなったけど、飲んじゃうと海鮮丼が食べられないのでぐっと我慢(我慢するほどのんべーじゃないけどね)

この日は 道の駅鳥海ふらっとで車中泊。
21時頃に到着したら駐車場は8割がた埋まってました。
2017-05-03(Wed)

2017年GW、バックカントリースキー旅 Day5 リベンジ!燧ヶ岳

漸くの燧ヶ岳!
12年越しのリベンジ成功となりました。

本日も比較的のんびりのスタート。
6時30分過ぎに登山口となる御池駐車場(1000円)に到着。
のんびり準備して7時過ぎの出発。
会津駒、三岩岳は1000M超えのハイクアップだったけどここ燧ヶ岳は800Mちょっと。
急斜面もいくつかあるようだけど雪が良さそうなので直登で行かれそうだし。
ただ、登り始めて直ぐに雪が緩くなってきたのでもう1時間早くてもよかったかも。

170503-003.jpg
前日の午後2時に開放されたばかりの御池駐車場
まだ高い雪の壁に覆われていました 
レストハウスがあるのでトイレなどの施設はとてもきれい
ここで車中泊してもよかったかもね

 170503-064.jpg
本日はのんびりスタートののんびりハイクアップ
それでも3時間ちょっとで山頂到着
標高差は800Mほどです

170503-080.jpg
山頂で休憩してから滑走開始
最後の急登、滑れるのか?!と危惧したけど上からみたら大丈夫でした
雪もよくって気持ち良く滑走~
駐車場まで1時間ほど
あっという間でした
時間あれば山頂直下の斜面は登り返したかったな~

ツアーの様子はYAMAPにて →  

下山後は桧枝岐で裁ちそばを頂きました170503-099.jpg
駐車場がひろそうなまる家さんで
 170503-100.jpg
たち蕎麦
燧ヶ岳での休憩でパンを1つ食べてしまったので最後は苦しくなってしまった~
 170503-101.jpg
こちらは二人で一つ注文したイワナのから揚げ
からっと揚がっていてすごくすごくおいしかった
 170503-103.jpg
まる家さんで教えてもらった水場でおいしいお水を頂きました
 170503-107.jpg
福島の〆は古町温泉『赤岩荘』で
やっぱり良いな~♨
ここで16時頃までのんびりしてから一路月山へ

ずっと下道で。
夕食は米沢市で米沢牛を頂きました。

18301760_641122042751204_4834157592924838908_n.jpg

18198337_641122032751205_6201013314973418030_n.jpg
比較的遅くまでやっていた『ぐっど』さんでランプステーキ
ちょっと贅沢しちゃいました♪

米沢といえば『アタゴオル』。
もっと早い時間だったらヒデヨシくん探ししたかったな。

お腹も一杯になってそろそろ眠たくなってしまったので寒河江市の道の駅『チェリーランド』で車中泊zzz

2017-05-02(Tue)

2017年GW、バックカントリースキー旅 Day4 三岩岳BC

本日はお初となる三岩岳へ。
標高差は1200Mくらいです。

この季節にスキーで入る人は少ないようで記録は少なめ。
そして最初は雪がないうえに急斜面で大変!みたいな記載が多いのでちょっと躊躇していたけど、燧ヶ岳への登山口には今日の午後2時以降じゃないと入れないから仕方がない!てな消極的な気分でした。
そして雪が出てくるまでずーっとこんな感じ。
でも行ってみたらGW、いや今季一番だったかも!

前日はお宿泊。
そしておいしい夕食だったので朝食もおいしいに違いない!ということでしっかり頂いての出発。
山に登る宿泊者が多いのか、早めの朝食でも大丈夫とのことだったので6時30分でお願いしました。
予想通りのおいしい朝食を頂いて7時少し過ぎに宿を出発。
あ、もちろん朝風呂も頂きました♨

30日(日)は休日で天気もよかったので車が8台くらいとまってましたが、今日は平日、我らで4台目でした。
駐車場ではなくて小豆スノーシェッドの先(桧枝岐からみて)の路肩で10台くらいは停められそうです。
もちろん登山ポストはありませんし、トイレもありません。
車で5分くらい桧枝岐側にトイレがあります。

登山道探したけどみあたらずで登りやすそうな場所をブーツで登り始めるも直ぐに藪漕ぎに。
何度も『やめたい』と呟きながら(笑)
50分ほどで漸く登山道。
帰りは登山道で戻りましたが、それでも登山道入り口はわかりにくく(赤でマーキングしてあったけど、これ?!って感じです。)。

更にブーツで急斜な登山道を50分程歩いて漸く雪上!
この先は急斜面も危ない箇所もなくなんとも登りやすく、山頂方面もばっちり見えていて楽しくハイクアップ。

170502-013.jpg
ここはデジカメ構える余裕があった最初の斜面
ここに至るまでは這いつくばって登りましたよ~ 
170502-037.jpg
快晴なので山頂方面がずーっと見えていた
最初は遠い、って思ったけどそれほどでもなく
 170502-092.jpg
山頂には先行する山スキーヤー3名と縦走してきた男性2名
先日の会津駒に比べてとても静かな山頂でした
暖かいので1時間弱滞在

170502-123.jpg
楽しい♪
  170502-145.jpg
すてきな雪でした

ツアーの様子はYAMAPで → 

この日もさくさくっと下山出来てしまったので(帰りはきちんとした登山道で下れたので)、当初の予定通りに木賊温泉へ。

至仏山の帰りに友達に『木賊温泉なんてなかなか行けないから今回絶対に行く』なんて話したけど、徐々に記憶がよみがえり、、、
12年前の今頃、木賊温泉の広瀬の湯に入ってました。

 170502-172.jpg 170502-174.jpg
こちらが男女別の広瀬の湯
300円です
単純硫黄泉のやさしい湯
平日の夕方ってこともあってか地元の方々が数名入っていただけでした
 170502-182.jpg
こちらはたけさんが入った岩風呂
混浴です
入るだけなら行きたいけど、この日は髪も体も洗いたかったので断念
 170502-183.jpg
湯は足元から沸いているとか
うらやまし~

今日も車中泊はきらら289。
 170502-197.jpg
やっぱり温泉には入らずに食堂のみの利用でてんぷら蕎麦を頂きました
蕎麦もてんぷらもおいしかった

170502-198.jpgたけさんは更に追加でソースかつ丼のハーフ
こちらは半分以上が翌日の朝食となりました(朝食にしたくて頼んだようなものらしい)

飲兵衛ではない我が家はここではアルコールは頂かず(飲んじゃうと食べられないから)。
車に戻ってからビールを頂いて21時過ぎに就寝。
明日こそは燧ヶ岳!


2017-04-30(Sun)

2017年GW、バックカントリースキー旅 Day2

本日は会津駒ケ岳。
975Mの登山口から2133Mの山頂まで。
標高差は1150M近くあり、樹林帯はなかなかの急斜面で核心部は序盤といっても差し支えないかな。
 DSCN3220.jpg
スキーヤーも多かったけど登山者はもっと多く
百名山だけあって人気の山のようです
靴跡だらけで滑るのに苦労しました

DSCN3249.jpg
登りと下りで板脱いでブーツで
それでも例年よりも多いようです

DSCN3255.jpg
最後の急斜面
上部よりも雪は良くなっていたのですが靴跡が多すぎて難しかった。

樹林帯で時間掛りそうだったので12時30分には山頂をあとにしたのですが、1時間30分ほどで車に戻ってくることが出来たので駐車場でブーツや板、衣類を乾かしてから温泉へ。 

ツアーの様子はYAMAPで → 

小豆温泉の花木の宿へ。
日帰り温泉の窓明の湯に行ったら営業していませんでした。
今年の秋に移転開業するみたいです。 → 

DSCN3264.jpg DSCN3265.jpg
15時台という中途半端な時間だから?空いていたのでのんびりできました。
単純泉なのでまり浴感はありませんでしたが。

すっかりお腹が空いてしまったので取り敢えずは夕食!ってことで道の駅『きらら289』の食堂へ。
こちら温泉併設でよさそうでしたが、先ほどもっとよさげな温泉を見つけてしまったので夕食食べてから再び温泉行く予定なので夕食だけ。DSCN3268.jpg
たけさん、なんとまたまたソースかつ丼。
わらじかつどんってことで薄くて大きなかつが2つ。
流石にお腹一杯になったようで半分はお持ち帰りして朝食にしてました。
  IMG_20170430_174016.jpg  私はトマトラーメン
南会津町はトマトの産地らしいので
めちゃめちゃ美味しかった♪

そして食後に向かったのは古町温泉『赤岩荘』

DSCN3272.jpg
  DSCN3273.jpg
内湯と露天があって男性は着替えてからいかなくちゃいけないのでたけさん、その存在に気がつかずで後であわててはいってました(笑)
私は内湯で一緒になった地元の方に教えてもらって露天へ(女性は着替える必要無し。 更衣室から行かれるけど、特に案内があるわけではなく。 教えてもらえてよかった~って感じでした)。

露天は更に赤茶けてました。
2つの浴槽があって1つは適温だったのでゆっくり入浴。
気持ち良かった。

閉店の20時まで広間でゆっくりしてからふたたび きらら289へ。
本日はこちらで車中泊。
ここで温泉入って食堂で夕食食べれば生ビールも飲めたんだけど古町温泉はもっと魅力的で(笑) 

比較的静かで(明日、明後日は平日だからかな?)ゆっくりと眠ることが出来ました。
でも明日の雨予報はかわりそうにもなく。
明日のツアーは早々に諦めて気分はすっかり観光モードです。
2017-04-29(Sat)

2017年GW、バックカントリースキー旅 Day1

お初となる至仏山@群馬県でのバックカントリースキー。
連休初日、今日は縞枯山荘@北八の仲間と8名で賑やかに♪

*******

28日の夜に岡崎市@愛知県を出発して途中のSAで車中泊して朝5時に戸倉の駐車場到着。

鳩待峠までの林道は雪が多くて開通は28日。
そして夜間通行止めで戸倉上部のゲートオープンが朝6時。
ゲート前での車中泊も大変なので今回は最初から戸倉からの乗り合いタクシー計画。
この日が雷雨の予報も出ていたので比較的空いていたようで翌日は朝からすごい人だったようです。
5時到着で戸倉の第1駐車場の車は半分弱かな?
でも続々とやってきていましたけどね。

乗り合いタクシーは6時くらいから運行とのことで我々も乗車して満車になるのを待っていたら丁度宿泊組4名が歩いてきたので一緒に乗車して鳩待峠に。
片道980円で、バスも同じ料金です。
ちなみにバスの始発は7時50分でした。

鳩待峠直前で渋滞。
どうも駐車台数以上に自家用車が入ってきているようで駐車場渋滞のようです。
最初はタクシーもその列に並んでいたのですが、駐車場入り口が見えた場所からは反対車線を走ってバス・タクシーの乗降場所に向かってくれたので比較的早く到着。
峠では警察官が安全指導的なことをしながら見送って下さっていました。
ありがたや~
登山ポストはわかりやすい場所にありましたし、お手洗いもきれいだし数もたくさんありました。

170429-013.jpg最初は日帰り、宿泊組8名で行動していましたが日帰り組は2本は滑っておきたいので途中でお別れしてがしがしと山頂に。

170429-083.jpg
1時間前まではすっきりした青空だったのに、山頂到着時は雲が増えてきて怪しげな雰囲気に。
ただ、滑走時は時々青空も見えたりして気持ち良く滑れました。

登り返し途中から、風が強くなり小雪舞いホワイトアウト、な感じになって少しあせったけど、トレースやなんとなく見えた人達を頼りに無事に2本滑走して鳩待峠に戻ることが出来ました。
途中で宿泊組にも遭遇出来たしね。

至仏山BCはYAMAPにて → ☆ 

戸倉の駐車場に戻って片付け終わってこの後の予定を4人で話し合っている途中でいきなり真っ暗になって雷雨! ぎりぎりセーフでした。

取り敢えずは温泉、ってことで 寄居山温泉ほっこりの湯 へ。

170429-224.jpg 
アルカリ性単純泉でこれといった特徴はなかったけどきれいだったし空いてたし、夕食情報も頂けたしで満足満足。

で、夕食はこの温泉の受付のおねーさんに教えてもらった金重さんへ、ソースかつ丼食べに。
ソースかつ丼といえば 伊那谷@長野県、福井県、群馬県が昔から有名なはずですが(タブン)群馬ではまだ食べたことがなかったので食べてみたかったのです。
そして沼田はとんかつ街道があるしね。

18337403_642595729270502_253324191_n.jpg 
頂いたのはヒレのソースかつ丼。
肉厚は福井よりは厚いけど、伊那谷よりは薄い。
かりっと揚がっていておいしかった。
カツって(どんぶりでも)おいしい! ま、大抵食べる時は下山後の空腹時だったりもするんだけどね~(笑)

ここでR君、Tokkyとお別れして我が家は桧枝岐へ。
沼田ICから西那須野塩原ICまで高速使ってあとは下道で。
桧枝岐まで入ってしまうと道の駅がないし、もう22時だったので少し手前の 道の駅番屋@南会津町 さんで車中泊。
燧ヶ岳の予定だったけど登山口の御池までの道路開通は2日とのことだったので明日は会津駒ケ岳。
お初の山、しかも二人なので不安と期待でどきどきしながらもあっという間に夢の中へzzz


2017-04-25(Tue)

これで最後?! 最強グローブゲット!

BD.jpg

ブラックダイアモンドの

ガイド フィンガーを購入。


対応温度が最強っぽいのでこれ欲しい、って思っていたけど高額なので躊躇していたら、友達がこの一つ下のソロイストを2月の乗鞍で貸してくれてツアーしたけどいつもよりも冷えなかった。
その乗鞍は人生初の凍傷を経験したほどの寒さ。

でもお値段が~って悩んでいたら白馬のラッピーさんでセール品になっていたので即購入。
ソロイストもセール品になっていたのでたけさんが購入してました。

いろいろと試してきたグローブ。
なんだかんだで毎年購入してきましたがこれが最後になるかな?!

来年の厳冬期が楽しみだ♪

ちなみにバッテリー内蔵のカイエンというブラックダイアモンドのグローブも健在です。

68317803.jpg 

2017-04-23(Sun)

白馬・クラシックコース 2日目 蓮華温泉~木地屋  バックカントリースキー

蓮華温泉ロッジの朝食は6時。
少し早目に起きて内湯でさっぱり。
たけさんは5時前に起きて一人露天を満喫していたそうです。
 170422-Take171.jpg
内湯へは食堂通って階段降りて。
普通の旅館の浴室のようでシャンプー、ボディーソープはありますがシャワーは使えませんでした。
そしてドライヤーもありません。
湯は掛けながしでとても良い湯です。


170422Miya063.jpg
朝食はシンプルに。

食後は持ってきた珈琲をドリップして飲んだりしていたらすっかり最後の出発グループ。
それでもまだ7時半で雪は緩んでいないので青空となり景観の良くなったロッジ前で写真撮影タイム!

170422-Ryu13.jpg


170422-Take178.jpg
来年は雪倉岳だね! 

ツアーの様子はYAMAPで → 

170422Miya133.jpg
無事にゴール
2日間の旅はこんな板で   

170422Miya132.jpg
そしてゆかいな旅の友達

朝風呂入ったとはいえやっぱり汗をかいたので温泉へ。
 170422-Tokky107.jpg
来馬温泉風吹荘は500円
道の駅の手前を西に入って500Mくらいの場所にありました
 170422-Take358.jpg
ここも良い湯でした。

白馬に戻ってらっぴーでお買い物。
4月だけでも4回目です、行くの。
今回はグローブ購入。
毎回何か買っているなぁ~
今月だけで友達2名がここでスキーブーツ購入しているという(笑)

 
DSCN3110.jpg
ツアーの後はお肉!ってことで ちとせ さんへ。
開店の少し前に到着したら丁度お店の方がいたので5名で予約して好日山荘に行ってから再びお店にいったらほぼ満車。
そして『本日は予約のみ』との貼り紙。
あの時お店の方に出会えていてよかった~。
私はヒレかつ。
こちらはたけさんの白馬岳盛りご飯のヒレかつ定食です。
地元のポークだそうで、さくっとしていておいしかった。
そしてこの日は全メニュー100円引き。
ドリップコーヒーまで頂いても1200円でした。
ここでもまたまた話しこんでしまって白馬を出たのは19時少し前になってしまったので帰着は22時。
疲れたけど楽しい2日間でした。   
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR