2017-10-15(Sun)

恒例の蓼科 秋の会

恒例の蓼科A別荘訪問。
6月と10月、テレマークスキー仲間が集まるのですが毎回お天気はイマイチなことが多く。
蓼科ついでに蓼科山を狙っているのですがもう数年行かれず。
今回も無理そう。
そもそもがたけさんがどた参だったので今回は晴れたら山じゃなくてバイクの予定だったんだけどね~。

おつかれたけさんが一緒なので土曜日はのんびりと。
まずは箕輪町の『ながたの湯』でリラックス。
(箕輪町の南にある南箕輪町は東西の飛び地になっていると今回マップ見て発見。 おもしろい!)

ながたの湯、洗い場多いし、脱衣所は広いし、シャンプー・コンディショナーは別だし、ナトリウム炭酸水素塩温泉の気持ちの良い湯だったしで良かったです。
お隣の辰野町の湯にいくセンターも同じような泉質のようで良さそうなので次回はこちら。

温泉のあとは近くにあった 万五郎さんでお蕎麦。

けえもちなる椀での椀がきそばがきも頂きましたがこちらもおいしかった。
お腹に余裕があったらそばがきの汁粉も食べたかったけど満腹!
蕎麦はもりしかありませんでした(大盛りはありました)。
あとはそばがきと汁粉とけえもちね。


食後は蓼科のA別荘へ。
でもその前に高度順応ってことでピラタスへ(笑)
たけさん、A別荘で体調崩して一旦諏訪に降りたことも。
私は体調は崩さないけどお酒は殆ど飲めず。
今回もスパークリングワインと日本酒x2種類を一口飲んだだけで充分でした。

今回は13名が集合。
雨だし寒いので夜は鍋。
そして鍋のあとは皆の手土産などをつまみながらTさんが持参したプロジェクターで若かりし頃の画像みたり皆で行ったバックカントリーツアーのムービー見たり。
15時ころから24時まで続いて就寝となりました。

15日(日)は6時に起きて早々に帰宅。
9時半には帰着となりましたが雨なので自宅でのんびり(たけさんはお仕事など)。

明日から暫く雨の様子。
ちょっと遅れてきた秋雨前線が停滞するようです。
スポンサーサイト
2017-10-13(Fri)

ビスコッティ

自家製酵母でビスコッティ焼いてみました。

ビスコッティはイタリアの硬い焼き菓子。
2度焼きして硬くしています。
初めて食べたのは20年くらい前かな?
職場の誰かのお土産で、こんな硬いお菓子があるのか~と思ったら『珈琲に浸して軟らかくして食べるんだよ』とイタリアに駐在していた友達が教えてくれた、ような。。。

今回は酵母液使って作りました。
ココアパウダー入れたら真っ黒になってしまった。。。
フィリングくるみ、ドライクランベリー、レーズン、チョコチップ。
かなり甘いので次回はチョコチップ少なめ、砂糖も少なめでよいかな。
そしてわざわざ酵母液使う必要もないような気がしてきた。
シンプルに強力粉、砂糖、卵で作ってみようかな、次回は。
そしてドライフルーツは事前にカットしておくべきでした。


IMG_20171013_172854.jpg

【今回のレシピ】
強力粉 260g
ココアパウダー 40g
ジンジャーパウダー 4g
砂糖 70g
卵 2個
酵母液 40g
【フィリング】
クランベリー、レーズン 100g
くるみ 100g
クーベルチュール(チョコ) 100g

これらをまぜて平らにのばして一晩おいてから翌日、180度で20分焼いてから荒熱とってカットして150度で25分焼きました(もしくは160度で20分)。
ココアパウダー入りで手が汚れそうだったのでビニール袋に入れてまぜました。
平にするのはラップ活用して麺棒で。
まだ少し暖かい時点でカットすればきれいにきれます。

2017-10-11(Wed)

自家製酵母でパンドミ

自家製酵母は作り続けています。
そしてパンもちょこちょこと焼いております。

今回はパンドミこと食パン。
作りたての元種(自家製酵母のエキスと粉をまぜて発酵させたもの)なのになんだか元気がなかったので失敗するかも!と思ったけど気温高かったからか1次発酵も2次発酵も、そして焼成も元気にふくらんでくれた。
毎回焼き立てをカットしてしまって失敗するのでカットは食べる明日の朝。

ついでにスコーンも。
こちらはフードプロセッサーで作るレシピ。
でも我が家にはないので袋活用して頑張ってみたけどさくさく感はイマイチ。
そして味もイマイチ。
とはいっても今まで数回作ったスコーンの中では満足度は高いけど。

2017-10-09(Mon)

リベンジ!甲斐駒ケ岳

昨年、登山途中で登山靴のソール崩壊で登頂出来なかった甲斐駒ケ岳へ。
三連休の最終日を狙って行ったら駐車場もバスも登山者も適度な混み具合。
山頂も適度に賑わっていたけど登山道では渋滞することもなく、無事に快晴のもと登頂となりました。

10月8日(土)
16時出発。
下道で飯田まで走るが香嵐渓あたりは大渋滞でした(反対車線だけど)。
飯田のかぶちゃん村にある水晶山温泉 満願成就の湯 へ。
PHが10近くあるのでどんなにつるつるか!と期待して行ったけどつるつる感はそれほどなく。
JAF割で700円でしたが、これだったら途中にあったひまわりの湯のほうが良かったかな?
長居するような湯でもなかったので早々であがって本日の宿泊場所、道の駅南アルプス村はせへ。
結構時間あったし下道も夜で空いていそうなのでそのまま下道で。
途中で買い物したり食事したりしても22時前には到着。
明日は早いので早々に就寝zzz

10月9日(日)
4時50分に起床して甲斐駒の登山口のある北沢峠行きのバスの発着所のある仙流荘へ。
車で10分くらいかな?
途中、きりで真っ白って箇所もあって若干びびるも仙流荘に近付くとクリアな晴れ。
まだ日がのぼっていないので薄暗いけど。
駐車場は河原へ。
ところどころ空いていて、係の人が案内してくれるのでスムーズ。
到着時にバスがもう出発していたので連休ということで随時運行しているようでした。
準備して5時50分のバスで北沢峠へ。
昨日は31台、約900人の人が朝のバスで向かったそうです。
駐車場も満車でかなり遠くに駐車したとか。
途中の路肩にも車がとまっていました。
バスは50分で北沢峠へ。
6時50分に出発。
一人なのでマイペース。
休憩少なめで途中でペース落としたりして調整。
昨年断念した直登ルートもことしは余裕で(ってほどでもないけど)クリアして10時山頂。
直登ルートに一人で行かれるか不安だったけど大変なのは最初の2、3個の大岩くらい。
そこは昨年、ソール崩壊した靴でもなんとかなった場所でした。
そこを抜けるとあとはザレた登山道で山頂です。
山頂には20名程の人がいました。
因みに登山中は駒津峰までは女性のソロ登山者4、5名と2名グループが5つくらいの方々に遭遇したくらいでした。
バスの乗客の大半は仙丈ケ岳に向かったようでした。
山頂からの下りは摩利支天経由で。
駒津峰で少し休憩してから双子山経由で北沢峠へ。
双子山からの先は気持ちの良い樹林帯で登山靴が重たかったのですが、ところどころ小走りで下ったら1時間15分ほど、13時少し過ぎに到着でした。

DSC04697.jpg
珍しくソロなので私が映っているのはこれ1枚

DSC04685.jpg 
こんな場所を登っていくと山頂
どこ登るの~?!と下から見ると驚きますが、岩の間にきちんと道があるのです
何箇所か大岩をよじのぼる場所もありましたが、ルートはほぼ鮮明で体力・気力があれば登れるような場所ばかりです

DSC04691.jpg
富士山

DSC04706.jpg
山頂付近はザレ場

DSC04658.jpg
鳳凰三山のオベリスクがくっきりと見えていました

DSC04669.jpg
紅葉はもう終盤かな~
峠付近は終わりかけでした

登山の詳細はYAMAPで → 

10分くらいでバスに乗車、14時には駐車場到着。
まずは高遠の『さくらの湯』。
ここはつるつるの湯なんだけど、露天が特にカルキ臭がするのがザンネン。

温泉あがると空腹感マックス。
今日は6時前におにぎり1個、山頂行く手前、摩利支天、駒津峰とところどころで2個のパンを食べただけ。
しかも12時前のこと。
早めの夕食もよいかな、ってことで駒ケ根の明治亭にソースかつ丼食べに行ったら人が並んでいてびっくり!
10分ほどで入れましたが。
たけさん用にお弁当もオーダー。

DSC04722.jpg 
ヒレかつ丼
さくっとしていておいしいヒレかつなのです
ごはんは少なめ(-50円)で
今日はお腹すいていたので完食出来ましたが、普通の時だったら完食はムズカシイ・・・

帰りは飯島町の越百の水を汲んで松川ICから高速道路へ。
順調で19時には帰着と思ったらまさかの渋滞は中津川から土岐JCT。
断続的ではありましたが、ここで渋滞するとは、、、30kmほどを70分なので首都圏の人には大したことはない渋滞ですがいつもは渋滞なんて無いし渋滞慣れもしていないのです(涙)
結局帰宅は20時になってしまって登山よりも疲れてしまった帰りの渋滞なのでした。



2017-10-04(Wed)

ランニングシューズ NB

私の足の親指の爪はかなり反っていて子供の頃から靴下は直ぐに穴があくし、布の靴だとつま先から穴があいていて、それは大人になっても変わらず。
爪やすりで処理しているんだけど。。。
最近は先端が布製のものが増えたので以前よりも穴があきやすくなったのか、2年で3足穴が開いた(涙)
前回のは半年もたなかったけど、もったいないから(踵などはまだまだ使える)そのまま履いていたけどどんどん穴が大きくなってきたので買い替え。
ほんとは ON のシューズに興味あったけど近くに取扱店がなく。

長島のアウトレットに行った先、NEW BALANCE がリニューアルされていたので入ってみたら良さそうなシューズがあったので数点試着してみて、つま先だけではなくどこも干渉することなく快適且つ軽かったこちらのシューズを購入。


DSC04628.jpg
早速走ってみたけど軽くて快適
とはいってもシューズでタイムが~ってほどのランナーじゃないんだけど。
違いはわからないけど、つま先があたってないから穴は開かない、かな??

HP見たらダイヤル式のこんなシューズもあるようで次回検討してみようかな。


 wsonitb.jpg  


そろそろトレランシューズも買い替えなくちゃ。


2017-09-30(Sat)

御嶽山登山とちから@木曽福島

御嶽山登山はグリーンシーズンお初。
3年前までは春スキーで何度か訪れていた御嶽山。
春スキーでは大好きな山だったんだけど。

噴火警戒レベルが1となり、徐々に登山客も増え始めているようだし二ノ池までは入れるようなので春スキーでは行くことが無いだろう小坂口から。
小坂口の濁河温泉(にごりごおんせん)にも興味があったので。

前日は結婚10周年ってことで外食していたので当日早朝出発。
3時間半くらいかかりそうなので午前3時半に起きて出発。
中津川で高速降りてからが遠い御嶽山。
小坂口は北西方向にあるのでぐるりと回るので更に遠い。
なんとか7時少し過ぎに到着。
市営駐車場の登山口近くはほぼ満車だったけど何とか脇に駐車。
一つ下の駐車場には車はなかったので今日、ここから登っているのはこの駐車場の20台ほどの車だけのようです。
そして我々は日帰りとしてはほぼ最後のグループのようでした。

登山口にあるトイレはバイオトイレでとてもきれい。
登山ポストもあって用紙が準備されているので記入しやすいです。

登山口入口には献花台もありました。
登山前に合掌。

170930-002.jpg 
登山口から橋を渡った先の神社には七福神

最初はウィットな登山道に足元ばかりがきになっていましたが、8合目を超え森林限界抜けると強風で冬のような寒さ。
五の池から先の登りは時間的、方角的に風がかなり強くて足を持って行かれながら、手がかじかみながらもなんとか乗り切りました!
下山時は全く風は無く。
ほんとに一瞬の強風だったようです。
(森林限界抜けると風はずーっとありましたが、体感温度に影響与えるほどでもなく)

170930-053.jpg
摩利支天山頂にて

170930-060.jpg
こちらも摩利支天山頂
遠くから、ここに立つ人のシルエットが見えていてとてもカッコ良かったので真似してみました

170930-077.jpg
二の池新館
今は営業していないようです

170930-078.jpg
二の池新館から先は立ち入り禁止

170930-087.jpg

170930-082.jpg
二の池
その後ろには剣ヶ峰(山頂)

いつの日か山頂まで行かれるようになるとよいですね~

登山の様子は YAMAP で → ☆

さくさくっと下山したので17時まで営業の市営露天風呂(ここは現在下呂市です)にはゆっくりと入ることが出来ました。
170930-199.jpg
露天のみ!
途中から貸し切り。
最初にご一緒した女性も後でご一緒した女性も御嶽山下山後で、五の池小屋はとてもよいですよ~とおっしゃっていました。
次回があったら泊ってみたい、もしくはお茶したい(ケーキも焼いているんだって)。

今回、3000M近くまで登ったけど高山病は大丈夫でした。
でも、、、急いで下山したので高度差に頭がついていけなかったようで、更に寝不足、車酔いも一緒になって帰りの車の中ではへろへろでした。
うとうとしていて気がついたら木曽福島の『ちから』の駐車場でした。

ちからのHPはこちら → 

170930-204.jpg
春スキーの帰りに4回ほど寄らせてもらったちから。
春以外の季節は初めてでした。
それほど秋の味覚的なものはありませんでしたが『松茸ごはん』があったので頂きました。
地元産の松茸だそうです。

そして今日は結婚10周年と話したらこんなプレートを最後にプレゼントして頂きました。

170930-201.jpg
うれしい~
赤いものは冷凍されたスイカでこれがよいアクセントになっていました。

ちからで飲めなかったのはザンネンだけど登山もよし夕食もよしで21時少し過ぎには岡崎市の自宅に無事帰着出来ました。




2017-09-29(Fri)

結婚記念10周年はレストランミヤタ@岡崎市

結婚10年を迎えました。

記念のお食事ってことで前日に岡崎市内のフレンチレストラン『レストランミヤタ』さんへ。

大変おいしく頂きました。

22046980_707393816124026_5386125630506464446_n.jpg


この日は金曜日なのに我々の貸し切り。
結構評判良いお店のようなんだけど。。。
そういえば以前も平日に評判のよいビストロに金曜日の夜に行ったら貸し切り。
すごくおいしいのに~と思ってランチに行ったら満席でした。
岡崎市の方は夜にフレンチなど、個人で行くような小さなお店にはあまり行かないのかな?
それとも全国的な傾向なのかしら?

 
2017-09-29(Fri)

初コストコ@浜松

母の誕生日で姉達とランチ@浜松。

最近浜北区に出来た『あらたま庵』にて。

あらたまとは麁玉という漢字で、まだ磨かれていない玉のことだそうです。
以前あらたま郡があったそうで、あらたまの湯や麁玉小学校などがあります。


IMG_20170929_112711.jpg 
こちらは現地15食のランチ
豪華食材はないけど少しづついろいろと~
女性好みのランチ多数でした。
12時にはほぼ席は埋まっている感じで賑わっていました。
近くにあったさぬきうどんのお店『野の花』も気になる!

実家に行ってからは姉と母と3人で先日入れなかったコストコへ。
平日なのですんなり入れたけど店内は混んでいました。
特に買いたいものはないし、姉は前日に行ったばかりだってことだったので見るだけ。
一袋あたりの個数が多いしサイズも大きいので二人の我が家には取扱が大変だし、計算するとお値段も安くはないよね、コストコ。
でも、見慣れないサイズのお肉やお菓子など、楽しかった。

姉から前日買ったというチーズケーキをもらってきました。
おいしそうだけどこれ買ったら冷凍庫が一杯になってしまいそうなので買うことはなね、きっと。
未だ冷凍庫なのでお味はわからずだけどおいしいとのことなので楽しみ。


IMG_20170929_123431.jpg


2017-09-25(Mon)

紅葉の北海道 Day4

いよいよ最終日。
今日は特に予定もないのでゆっくりと宿を後にする。

20170925 (1) 

20170925 (2)
ゆずりはさんの朝食は朝から盛りだくさん!

KあにきとM子さんは17時の飛行機、私とS木さんは20時10分の飛行機。
お二人は15時くらいに千歳空港到着希望ということなので下道でのんびりと向かうことに。
桂沢湖経由です。
ここは昨年の夏のバイクツーリングでバイクの部品が崩壊したあたり・・・

でもその前に上富良野町の土の館で農器具見学。
予想外の楽しさ。
これで無料ってすごいな~

20170925 (10)

20170925 (7)

20170925 (12)
こちらはFIATのトラクター

20170925 (11)
ずらーっと並んだ昔のトラクター

徐々に紅葉の進む一般道で。
途中で三段滝@芦別市も見学。

20170925 (17)
なかなか見事な三段の滝でした
水量が多い日のようでした

お昼ご飯は岩見沢市の希林さんでお蕎麦。
元祖もつ蕎麦ってことで看板メニューのもつ蕎麦を頂きました。
もつは鶏です。
蕎麦は田舎そば。
かなりのボリュームでお腹一杯~
20170925 (19)
ぶれぶれになってしまった・・・

15時よりも早い時間にKあにきとM子さんとお別れして私とS木さんは地球岬@室蘭までドライブ。


20170925 (25)
丸くなった地平線という感じではありませんでしたがお天気良くてすてきでした

ここ、次回はカヤックで漕いでみたいなぁ~。

18時にレンタカーを返却して千歳空港へ。
20時10分の飛行機は当初30分遅れとのことでしたが15分遅れの搭乗開始。
セントレア到着は5分遅れの22時5分。
駐車場までの送迎バスにぎりぎりで乗ることが出来たので23時30分には岡崎の自宅到着。

朝とお昼に食べすぎたのでこの日は夕飯は無しでしたが夜中になってもお腹はすかず、でした。

北海道の紅葉、見事でした。
次回は紅葉の大雪を縦走してみたい♪


2017-09-24(Sun)

紅葉の北海道 Day3 旭岳ロープウェイ

今日はのんびり起きる日。
早朝の旭岳ロープウェイで紅葉狩りという話もあったけど旭川グランドホテルの朝食ブッフェはおいしいので食べてからのんびりと。

うわさ通りおいしい朝食ブッフェでまったり。
(12年前も食べたはずなんだけど記憶にない。。。でも豪華朝食ブッフェって最近の流行りなので12年前では普通だったのか?!)
早朝6時から食べられるのもグッドです。

この日は旭川ハーフマラソンだったようでホテルにはマラソン参加っぽい宿泊者がちらほら。
まさに紅葉まっただ中の大会、しかもハーフだったら緊張感もないし終わってからも動けなくなることは無く。
来年の大会は検討してみようかなぁ~

チャックアウト後は旭岳ロープウェイへ。
でも山は雲の中。
ライブカメラで見てもすっきりしていないうえに日曜日の午前中は激混みしそうなので午前中は南富良野の勝狩峠へ。

20170924 (1) 
その前にお気に入りのパン屋さん(っていっても一回行っただけですが) フォーチュンベーグルさんへ
お昼用にベーグルサンド、お土産用にベーグルとゲンバパンとスコーンを。
ここのスコーンがおいしいのだ!
大満足。


20170924 (3)
南富良野町と新得町との境にある勝狩峠

もう少し南を走るR274号線の日勝峠は昨年の台風で未だ通行止めとなっていて秋に開通予定とか。
R274の通行止めの措置として道東道は現在占冠(しむかっぷ)から十勝清水まで無料となっているそうです。 8月に走ったけど全く知らなかった~!

20170924 (2)
紅葉はもう少し先
向こうは十勝平野
豚丼食べたい♪

帰りは金山湖経由で。

20170924 (4)
初夏はラベンダー畑になるそうです

午後一で旭岳ロープウェイへ。
やっぱり午前中は相当混んでいたような形跡が!
午後でも駐車場10分程待ちました。
一番上の駐車場だったけどね。

20170924 (5)

20170924 (6)

DSC04512.jpg
ロープウェイからの紅葉がきれいでした

山はもう終盤、というか旭岳ってロープウェイ駅周辺以外は植物殆どないんだけどね。

相変わらず噴煙もくもくでした。
我が家のペースなら13時過ぎからでもさくっと山頂往復出来そうですが(3年前の8月は6時のロープウェイであがって9時15分のロープウェイで下山してます)、今回は山頂駅周辺をゆる~く散策。
それはそれで楽しかった。
20170924 (8)

DSC04514.jpg

DSC04516.jpg
午後になっても雲はとれず

DSC04519.jpg

DSC04520.jpg
600年前の爆発で山頂部が崩落して現在の標高2291Mになったしまったそうですが、その前はどのくらい高かったんだろう?と思って調べてみたけどわからかなった~
3000Mくらいあったのかな??

おりてきてもまだ時間があるので美瑛の『青い池』へいってみました。
16時近いので人も少ないかな、って思ったら結構賑わっていてびっくり!


20170924 (14)
ザンネンながらとてもきれいな『青い池』という感じではありませんでしたが、きれいな池ではありました。

最終日の宿泊先は美瑛の『ゆずりは』さん
8年くらい前の冬季に素泊まりさせて頂きた事はあるけどお食事つきははじめて。
これでもか!というほどのお皿の数。
ビールも飲まずに18時からゆっくりと食事をとり、その後は宿のオーナーさんも交えて歓談していたらすっかり22時を過ぎていました。

20170925 (4)


20170925 (3)

20170925 (5)

ゆずりはさんのまわりには小高い丘がたくさん。
前回来た時は朝食前にスキー履いて暖斜面を登ったり滑ったり。
また厳冬期に来てみたいなぁ~。
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR